• 関連の記事

「『攻めのIT』時代のストレージの基礎知識」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「『攻めのIT』時代のストレージの基礎知識」に関する情報が集まったページです。

「攻めのIT」時代のストレージの基礎知識:
第5回 なぜ、まず「ストレージ仮想化」を検討すべきなのか
「ストレージ仮想化」は、目新しいトピックではありませんが、まず取り組むべき有益な技術群だといえます。その理由を解説します(2014/12/22)

「攻めのIT」時代のストレージの基礎知識:
第4回 ビッグデータ時代のデータ管理とは
今回は、ビッグデータに関連して、「データレイク」という考え方、データの「重力」というもの、データの配置・運用ポリシーのあり方などにつき、解説します。(2014/12/16)

「攻めのIT」時代のストレージの基礎知識:
第3回 今、フラッシュストレージを選択したい人へのヒント
前回の、「フラッシュメモリは企業向けストレージでなぜ注目されるのか」に続き、今回は多様なフラッシュストレージ関連製品からどう選択するかについて、ヒントとなりそうなポイントをご紹介します。(2014/11/19)

「攻めのIT」時代のストレージの基礎知識:
第2回 フラッシュメモリは企業向けストレージでなぜ注目されるのか
フラッシュメモリは、一般消費者向け製品においては当たり前の存在になりました。一方で企業向けストレージ製品における活用も進みつつあります。この技術は、一部の用途で使われるにとどまるものなのでしょうか? それともHDDを駆逐することになるのでしょうか?(2014/10/6)

「攻めのIT」時代のストレージの基礎知識:
第1回 Software Defined Storageとは何か
ストレージの世界における重要な動きについて、その文脈を解説する新連載、「『攻めのIT』時代のストレージの基礎知識」。その第1回として、「Software Defined Storageとは何か」をお送りする。(2014/9/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。