• 関連の記事

「ブロックチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックチェーン」に関する情報が集まったページです。

国内初の個人向け不動産STO実施 再生古民家の持ち分を譲渡可能なトークンで
有休不動産を再生するクラウドファンディングサービス「ハロー!RENOVATION」を営むエンジョイワークスは10月20日、一般個人投資家向けの不動産STOを行うと発表した。LIFULLがSecuritizeと構築したプラットフォームを使って実現する。(2020/10/20)

偽造チップへの懸念は残るも:
コロナは長期投資の機会、半導体は要に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界各国の経済のストレスレベルは、これまでの歴史全体の中でほんの一握りしか見られなかったような状態にまで高まっている。今から約90年前に起こった、世界大恐慌以来のことになるだろう。(2020/10/16)

頭脳放談:
第245回 世界一の半導体企業、NVIDIAはどこに向かう?
オンラインイベント「GTC 2020」の基調講演からNVIDIAの今後の方向性を探ってみる。以前のPCゲーム向けのグラフィックスカードベンダーではない、データセンター向けのソリューションや自動運転などのさまざまな方向性が示されている。(2020/10/16)

IBCによる相互接続
開発者が知っておくべきブロックチェーン間通信
特定のタスクに専門化した異なるブロックチェーンを相互運用することによるメリットは計り知れない。それを実現するIBCは開発者の必須知識となるだろう。(2020/10/16)

オンライン服薬指導の情報確認、ブロックチェーンで円滑化 サイバーエージェントと富士通などが実証実験
サイバーエージェントと富士通などは、オンラインで服薬指導した医薬品を配送するためのプラットフォーム構築に向けた実証実験を開始したと発表した。21年度中の実用化を目指す。(2020/10/15)

ID情報の流通可否を個人が明示的に設定可能に:
JCBとみずほ銀が顧客ID情報の相互運用を検証へ 自己主権型/分散型アイデンティティー流通技術とは
パーソナルデータ流通はサービスの利便性を高める一方で、安全性や情報のコントロールが問題とされる。利用者によるID情報のコントロールと事業者によるID情報の相互運用は安全に実装できるか。JCBとみずほ銀がサービス化を目指した相互運用の検証を始める。(2020/10/15)

SBIがSTOビジネス開始 第三者割当増資、デジタル社債など実施
SBIホールディングスは、セキュリティートークンオファリング(STO)を事業化する。10月に子会社の第三者割当増資をSTOを用いて行うほか、他社のデジタル社債を引き受けて投資家に販売する。また、不動産や美術品、ゲーム、映画の版権などに投資するファンド型STOも検討する。(2020/10/13)

唯一無二のアイテムをデジタル化 NFTとは何か?
ビットコインのように数えられるものではなく、唯一無二ものものをブロックチェーン上で取り扱うNFTが、盛り上がりつつある。NFTとはどのようなものでどんな例があり、どんな可能性があるのだろうか?(2020/10/8)

「あなたのセキュリティインテリジェンス売ってくれませんか」:
セキュリティインテリジェンスの売買プラットフォーム NTTコミュニケーションズが実証実験の参加者を募集
NTTコミュニケーションズは、同社が開発を進めている「ブロックチェーン型セキュリティ情報流通フレームワーク」の実証実験を2020年11月30日に開始する。狭い範囲で活用されていたセキュリティインテリジェンスを売買できるようにする。(2020/10/8)

買収価額は約2360億円:
NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業を買収 金融機関のデジタル化事業に本格進出
NECは10月5日、スイスの大手金融ソフトウェア企業アバロックを買収すると発表した。これにより同社は国内外の金融機関のデジタル化に本腰を入れる。(2020/10/5)

業界団体が続々と平井デジタル担当大臣詣で――Fintech、ブロックチェーンも
平井卓也デジタル担当大臣への期待が盛り上がっている。10月1日、日本ブロックチェーン協会(JBA)とFintech協会は、それぞれ大臣を表敬訪問し、30分ほどのディスカッションを行った。(2020/10/1)

バーチャル株主総会はブロックチェーンより“サポート” コインチェックが株主総会で「Sharely」を利用
コインチェックは10月1日、自社の臨時株主総会を、新サービス「Sharely」を使い開催した。Sharelyは、同社が開発したバーチャル株主総会サービス。質問の受け付けやリアルタイム議決権行使機能なども持ち、オンラインでの株主総会に慣れていない企業に向けて、運営のシナリオも用意する。(2020/10/1)

製造マネジメントニュース:
日本における未来志向型インフラテクノロジーのハイプサイクル最新版を発表
ガートナージャパンは、ビジネスに重要なインパクトをもたらすテクノロジーをITインフラ視点で紹介する「日本における未来志向型インフラ・テクノロジーのハイプサイクル:2020年」を発表した。(2020/10/1)

Epic、Spotifyら、Apple税などアプリストアのルール“改善”のための連合結成
Appleを独禁法でそれぞれ提訴しているEpic GamesとSpotifyを含む複数のアプリメーカーが、App Storeのルール改善を求める連合「Coalition for App Fairness」を結成した。(2020/9/25)

光のDeFi、闇のDeFi 1週間で14億円を手にした”寿司”スワップの芸術的手法
暗号資産において2020年のトピックは分散型金融(DeFi)だ。夏以降、DeFi関連のトークンが急速な盛り上がりを見せ、DeFiに費やされる資金も急速に増加している。一方で、この盛り上がりで思い出すのは、17年に大ブームを巻き起こしたICO(イニシャル・コイン・オファリング)だ。1週間で、コピーしてトークンを売り出し、売り抜けるという、芸術的な手法を取ったスシ(寿司)スワップを例に、DeFiのブームの光と闇を探る。(2020/9/19)

保険業界の「ペーパーレス化」へ一歩 日本損害保険協会とNECがブロックチェーンで実証
日本損害保険協会とNECは、契約情報交換に関する共同検証を実施する。これまで書面で交換していた契約情報をペーパーレス化し、手続きの迅速性や正確性、効率性を検証する。(2020/9/18)

tsumug.edge:
動揺か実装か、コロナに直面した電子国家エストニアと市民のメンタリティー
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2020/9/18)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
中国がスクラッチをブロック インターネット分断が子どもの領域にも
中国が、子どものプログラミング教育用ツールであるスクラッチ(Scratch)のWebサイトをブロックした。2020年8月13日に中国からスクラッチのWebサイトが使えなくなり、その後も一部の中国ユーザーによる書き込みが続いていたが、9月中旬にはそれも途絶えてしまった。(2020/9/16)

今後5年でデータの価値は飛躍的に向上 データ活用の「準備ができている」企業はわずか14%――Splunk調査
Splunkは、来たる「データの時代」に向け、企業のデータ活用状況に関する調査レポートを発表した。大多数(81%)が今後データは極めて価値があるものになると考える一方、過半数超(57%)はデータ管理能力がデータ増加のペースに追い付けないと懸念していることが分かった。(2020/9/15)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

IoTセキュリティ:
ブロックチェーンによるデータ通信のIoT機器認証基盤で有効性を確認
トッパン・フォームズとKeychainは、IoTデバイスのデータ通信において、ブロックチェーンを活用した認証基盤を構築する実証実験を実施し、セキュリティ確保に関する有効性を確認した。(2020/9/11)

「RPA」と「デジタルヘルス」が普及期に ガートナーが「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表
ガートナー ジャパンは、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。2019年版において「幻滅期」だった「RPA」と「デジタルヘルス」を、COVID-19の影響を受け、本格的な普及期に位置付けた。(2020/9/11)

5Gは「過度な期待」のピークに ガートナーハイプ・サイクル
ガートナー ジャパンは9月10日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル2020年」を発表した。それによると、現在「過度な期待」の頂点に位置しているのが新しい携帯電話通信規格の「5G」だった。(2020/9/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国は空前の猫ブーム。中国ネコノミクスが生んだ、利回り10%の「エア猫投資詐欺」
猫による経済効果は、日本では2016年に2兆円超との試算があったが、中国は空前の猫ブームで、日本よりはるかに大きな中国版ネコノミクスが形成されている。猫SNSや猫ゲーム、デジタルコンテンツ市場に加え、今年8月には大規模な「エア猫投資詐欺」が発生。今回は、この投資詐欺の全貌と背景をお伝えしたい。(2020/9/10)

マインクラフトで利用できるNFT、コインチェックが自社マーケットプレイスで取り扱い目指す
コインチェックは9月9日、2020年度内のサービス開始を予定している「NFTマーケットプレイス」にて、人気ゲーム「マインクラフト」で利用できるNFTの取り扱いを目指すと発表した。シンガポールのEnjin Pteと連携し、同社の「Enjin Platform」を通じて発行されたマインクラフト向けNFTを扱う。(2020/9/9)

既存の銀行を破壊する? 最近話題のDeFiとは
この数カ月、暗号資産業界で話題なのがDeFiだ。DeFiは「ディーファイ」と読み、Decentralized Finance、分散型金融の略。銀行など、従来の金融分野のサービスを、ブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現するものとされている。(2020/9/8)

現状は「トゥーマッチ」? オートバックスが描く新事業プラットフォームの衝撃
オートバックスセブンは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、中古車売買市場におけるC2Cプラットフォームの提供を発表した。同社が見据えるエコシステムの未来とは。(2020/9/7)

製造マネジメントニュース:
ブロックチェーンやIoTを活用したサプライチェーンDXの共同実験を推進
NTTコミュニケーションズと三井物産流通ホールディングスは、ブロックチェーンやIoT技術などを活用したサプライチェーンデジタルトランスフォーメーションの実証実験を推進することに合意した。(2020/9/3)

PR:AI開発をブーストする「DEEP∞」が世界一を目指すエッジAIとタッグを組む理由
パソコン工房やグッドウィルを運営するユニットコムが手がけるAI開発/ディープラーニング専用PC/ワークステーションシリーズの「DEEP∞」に、新たな相棒としてアクセルおよびaxが提供する「ailia」が加わった。本取り組みにかける思いや狙い、そこに至った経緯などを伺った。(2020/9/2)

サプライチェーン改革:
35兆円に成長する再生医療市場に向け、日立が「国内初」の統合管理基盤を構築
日立製作所は、医薬品卸のアルフレッサや製薬企業、医療機関との協創を通じて、細胞治療や遺伝子治療、再生医療に用いられる「再生医療等製品」に関する細胞の採取から生産、輸送、投与までのバリューチェーン全体の細胞・トレース情報を統合管理するプラットフォームを構築したと発表した。(2020/9/1)

「かゆいところに手が届くだけ」のSIモデルを大転換:
PR:新時代に向けて旧来型SIからの脱却を図る富士通が新サービスに込めた思いと覚悟
今までの“富士通らしさ”といえば、顧客に寄り添い、共に汗をかきながら二人三脚で歩む姿にあった。しかし、それだけでは新時代のビジネスのスピードには追い付けないと感じ、今までのSIモデルの大転換を図った。その真意とは。(2020/8/24)

新連載「ウィズコロナ時代のテクノロジー」:
ハイプサイクルに新登場した「ヘルスパスポート」はウィズコロナ時代に何をもたらすか
小林啓倫さんによる、コロナ禍におけるテクノロジー解説連載、スタートです。(2020/8/31)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(12):
誰も分からない未来は「想像」ではなく「創造」せよ、世界観を示すことの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。最終回となる第12回は、サプライウェブ時代という「誰も分からない未来」に「歩」を進めるに当たっての「世界観を示すことの重要性」について解説する。(2020/8/31)

日本企業が取り組むべきAI活用3つの課題とは PwCがAI予測調査を発表
PwCが実施したAI活用に関する調査によると、日本企業の38%が「AIによる既存ビジネスの創造的破壊」に対して「準備ができていない」と回答したという。同社が提唱するAIのビジネス活用において、企業が取り組むべき3つの課題とは。(2020/8/28)

製造マネジメントニュース:
安全、安心なデータ流通の実現に向けてウフルとLayerXが協業
ウフルは、安全、安心なデータ流通の実現に向けて、LayerXと協業する。両社は今後、安全、安心なデータの条件を5段階で定義した「5-Star Trusted Data」を実現するためのデータ流通基盤作りを進める。(2020/8/28)

太陽光:
太陽光の電力をマッチング販売、みんな電力が有機農業支援型のソーラシェアリング事業
みんな電力が太陽光発電事業などに取り組むグリーンシステムコーポレーション(以下、GSC)と業務提携契約を結び、有機農業支援型ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)事業を開始すると発表した。(2020/8/27)

2024年には世界で約2600億円規模の市場に:
統合型のカスタマーサクセスプラットフォームを発表 サークレイス
サークレイスは社名と同名の統合型カスタマーサクセスプラットフォーム「Circlace(サークレイス)」を発表。顧客とのやりとりを統合することで、工数の削減やデータ利活用が見込めるという。(2020/8/27)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
TikTokがトランプ政権を訴えた理由
トランプ政権がTikTokを追い詰めるのに用いたツール、TikTok側の反撃、そして過去にTikTokの「悪さ」とされてきた出来事などを検討していく。しかしトランプ政権のやり方は「ずさん」であり、TikTok側に反論、反撃の余地を与えている。さらに、トランプ政権が出した命令には合衆国憲法違反の疑惑も出てきた。TikTokが米国資本に買収されることが、既定路線となっているように報じている記事も見かけるが、それはどうだろう。現時点で先はまだ読めないと筆者は考えている。(2020/8/25)

NECとパーソル、海外エンジニアの採用支援サービス ブロックチェーンで情報改ざん防止
NECとパーソルキャリアが、インドのITエンジニアを対象としたダイレクトリクルーティングサービスを提供。独自に開発したブロックチェーン技術などを使ったスマホアプリの活用で、転職希望者の個人情報をセキュアに管理しつつ、情報の改ざんも防ぐ。(2020/8/19)

リップルの挑戦で送金手数料ゼロは実現するか? 世界でも国際送金手数料の高い国、日本
海外への送金、いわゆる国際送金については日本は世界でも特にコストが高い国といわれている。徐々に送金コストは下がってきたものの、それでも銀行経由の場合、平均で11%ものコストがかかっている。主要国で日本よりもコストが高いのは南アフリカだけだ。こうした高コスト、非効率な国際送金の仕組みを変えようとしているのが、米国のテクノロジー企業リップルだ。(2020/8/19)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
イーサリアム2.0の足音 あなたが知らないブロックチェーン最前線
2020年8月4日、イーサリアム(Ethereum)の次世代版であるイーサリアム2.0の公開テストが始まった。イーサリアムは有力な暗号通貨であり、同時に有力なブロックチェーン技術のひとつだ。その技術の世代交代が始まろうとしている。(2020/8/19)

三井物産流通HDとNTT Com、ブロックチェーンやIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実証で合意
三井物産流通ホールディングスとNTTコミュニケーションズは、NTTのブロックチェーン技術とRFIDなどのIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実験を実施する。商品やモノの流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」を構築し、サプライチェーンの全体最適化や課題解決を目指す。(2020/8/18)

外国籍ITエンジニアの人材採用にブロックチェーンを活用 NECらが実証実験
パーソルキャリアとNECは、外国籍ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NEC独自のブロックチェーン技術を用いたスマートフォンアプリで、転職希望者の情報を安全に管理する。(2020/8/14)

「転職希望者の選択肢の幅を広げることにつながる」:
ブロックチェーンとAONTを活用した外国人ITエンジニアの人材採用 パーソルキャリアとNECが実証実験
パーソルキャリアとNECは、外国人ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NECが独自に開発したブロックチェーン技術などを用いたスマートフォンアプリによって、エンジニアのスキル情報を安全に管理する。(2020/8/14)

年度内に50以上のサービスをデジタル化へ:
マイナンバーカードをスマホで読み取り 加賀市が行政手続きのデジタル化に踏み切れた理由
石川県加賀市は、トラストバンクとxIDが手掛ける「LoGoフォーム電子申請」を導入。スマートフォンでマイナンバーカードを読み取ることで、登録情報を申請フォームに連携させる。新型コロナウイルス対策や自治体の業務効率化に向けたデジタル化のニーズが高まる中、同市はなぜいち早く実現に踏み切れたのか。(2020/8/13)

法規制変更で仮想通貨ビジネスはどう変わる? GMOコイン社長に聞く
改正資金決済法と改正金融商品取引法(金商法)が5月1日から施行された。法律上、仮想通貨から暗号資産に呼び名が変わるほか、レバレッジをかけた差金決済取引(CFD)などのデリバティブ取引が規制され、第一種金融商品取引業者としての登録が必要になる。こうした法規制は仮想通貨取引所のビジネスにどう影響するのか。いち早く第一種金融商品取引業者として登録を済ませたGMOコインの石村富隆社長に聞いた。(2020/8/13)

石川県加賀市が行政手続きをオンライン化 “脱・対面、書面、押印”へ
石川県加賀市が、スマートフォンアプリとマイナンバーカードを使った個人認証サービスを活用し、行政手続きをオンラインで完結させるツールを導入。人間ドックの助成金申請を皮切りに、受け付け範囲を拡大していく。(2020/8/12)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)

被害額は1000万円超 前澤氏の現金配布企画に便乗した「ギブアウェイ詐欺」とは
ZOZO創業者の前澤友作氏の現金配布企画に詐欺師が便乗する事件が6月末に発生。被害額は1000万円を超えるとみられる。犯人の手口をホワイトハッカーが解説する。(2020/8/11)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(2):
【第2回】不動産業界のDXは、不動産業務支援の分野へ
前回は、戦後から消費者向け不動産ポータルサイトが誕生するまで、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の歴史を振り返りました。不動産業界のデジタル変革は、不動産の情報流通から不動産業務の支援へと広がっていったことが、お分かりいただけたことかと思います。第2回は、近年注目を集めている不動産テック市場の初期から現在までを振り返ります。(2020/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。