• 関連の記事

「SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術」に関する情報が集まったページです。

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(最終回):
「PG→SE→PM」という出世魚的キャリアパスを捨てよ
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/30)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(5):
営業vs.開発の対立をなくす、「SE=営業=PM」という理想形
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/9)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(4):
カスタム対応外の特殊なシステムは、業務知識の宝庫
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/6/13)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(3):
フルスクラッチ開発は、エンジニアのストレスを軽減する
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/5/24)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(2):
人類がプログラミングをやめるまで、フルスクラッチの仕事は残る
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/4/27)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(1):
システムを持たぬ時代に、あえてフルスクラッチに特化する:前編
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。