• 関連の記事

「SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術」に関する情報が集まったページです。

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(最終回):
「PG→SE→PM」という出世魚的キャリアパスを捨てよ
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/30)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(5):
営業vs.開発の対立をなくす、「SE=営業=PM」という理想形
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/7/9)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(4):
カスタム対応外の特殊なシステムは、業務知識の宝庫
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/6/13)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(3):
フルスクラッチ開発は、エンジニアのストレスを軽減する
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/5/24)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(2):
人類がプログラミングをやめるまで、フルスクラッチの仕事は残る
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/4/27)

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(1):
システムを持たぬ時代に、あえてフルスクラッチに特化する:前編
プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?(2012/4/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。