• 関連の記事

「実用 Apache 2.0運用・管理術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実用 Apache 2.0運用・管理術」に関する情報が集まったページです。

実用 Apache 2.0運用・管理術(最終回):
接続数/帯域制限で無法なダウンローダを撃退
画像の直リンクやコンテンツの一括ダウンロードなど、サーバに負荷を掛ける迷惑行為は後を絶たない。今回は、これらへの対処法を紹介する。(編集部)(2006/2/14)

実用 Apache 2.0運用・管理術(7):
Apacheで作るファイルサーバ(LDAP認証編)
WebDAV+SSLで、ファイルサーバとして最低限の運用は可能になった。この環境にLDAPを導入して、各種の権限をディレクトリベースで管理できるようにしよう。(編集部)(2006/1/17)

実用 Apache 2.0運用・管理術(6):
Apacheで作るファイルサーバ(WebDAV over SSL編)
WebDAVとSSL、LDAPを組み合わせて、セキュアで柔軟なファイルサーバを構築しよう。今回は、WebDAV over SSLの実現までを解説する。(編集部)(2005/12/13)

実用 Apache 2.0運用・管理術(5):
Poundで作るロードバランサとSSLラッパ
Webサーバの負荷を軽減する方法として、リバースプロキシによる代行とロードバランサによる分散が考えられる。今回は、これらによる負荷の低減方法について解説する。(編集部)(2005/11/8)

実用 Apache 2.0運用・管理術(4):
mod_deflateによるコンテンツの圧縮転送
サーバのマシン性能は十分でも、コンテンツの転送時間がボトルネックとなってパフォーマンスが出ない場合がある。このようなときの対処法として、コンテンツの圧縮転送がある。(編集部)(2005/10/7)

実用 Apache 2.0運用・管理術(3):
httpd.confによるWebサーバの最適化
Webサーバのチューニングには、いくつかの段階がある。今回は、httpd.confの修正によるApacheの最適化について説明する。(編集部)(2005/9/16)

実用 Apache 2.0運用・管理術(2):
JMeterによるWebサーバ性能評価の勘所
サーバのボトルネックを見極めるには、適切な性能評価が必要。ApacheBenchとJMeterによる、効果的な性能評価のポイントを紹介する。(編集部)(2005/9/6)

実用 Apache 2.0運用・管理術(1):
Apache 2.0の必須設定と基本セキュリティ対策
本連載では、Apache 2.0の運用や管理方法を解説する。第1回では、その下準備として必須の設定と基本的なセキュリティ対策を行い、今後の運用に備える。(編集部)(2005/8/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。