“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる

「“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる」の連載記事一覧です。

AIモデルの精度を上げるには:

「製造業の現場では『現場で現物を見て現状を判断する』といわれている。だが、『ワークライフバランス』『働き方改革』『労働人口の減少』がささやかれる今、いかに省力化しつつ生産性を上げるかが求められている」――川崎重工業では現場の省力化を実現するためエッジAIを用いた研究開発に取り組んでいる。その内容とは?

【石川俊明 , @IT】()
“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(3):

「AIに広告を自動生成させる」――サイバーエージェントでインターネット広告事業本部の毛利真崇氏が、現在取り組んでいるAIモデル研究開発について語った。

【石川俊明 , @IT】()
“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(2):

ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」を開発するFiNC Technologiesで代表取締役CTOを務める南野充則氏は、AI研究開発プロジェクトを通じて得た「5つの教訓」を紹介した。その教訓とは。

【石川俊明 , @IT】()
“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(1):

AIモデル開発を目的とするなら、著作権者に許諾を得ずとも、データのダウンロード、整形、加工がより広い範囲で行えるようになった。弁護士法人STORIAの柿沼太一弁護士が、2019年1月1日に施行された「改正著作権法」のポイントとAIモデル開発時の注意点について解説した。

【石川俊明 , @IT】()

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。