頭脳放談

プロセッサやメモリなど半導体の設計・製造現場の舞台裏を解き明かします。

頭脳放談:

東京大学などが有機トランジスタの実用性を向上させる印刷技術を開発したという。有機トランジスタは、既存のシリコントランジスタを置き換えることができるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Armが同社の技術開発を披露する「Arm TechCon 2019」を開催した。このプレスリリースからArmの方向性を考察してみる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが10nmプロセスによる量産製造を開始した。一方、AMDはすでにTSMCによる7nmプロセスで製造を行っている。「Intelは遅れているのではないか?」とも言われているが、実際のところはどうなのだろうか? プロセスの数字の秘密を解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが、10nmプロセスで製造する第10世代のCoreプロセッサ群を発表した。第9世代に対して、幾つかの機能拡張が行われている。新しいCoreプロセッサの特徴を分析してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

久しぶりにAMDのCPUに注目が集まっている。第3世代のAMD Ryzenが性能の高い上に、価格がリーズナブルであると、特に自作PCユーザーに人気だ。AMD Ryzenが高コストパフォーマンスを実現できた理由を考えてみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが、またベンチャー企業を買収した。今度は、イーサネットスイッチASICを手掛ける「Barefoot Networks」という小さな会社だ。NVIDIAが先日買収したMellanox Technologiesの対抗なのだろうか? その背景を探る。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

2019年5月8日に開催されたIntelの投資向け説明会「2019 Investor Meeting」で明らかにされたIntelの戦略を筆者が分析する。2019年7月には10nmプロセス製造による次期プロセッサ「Ice Lake」がリリースされるという。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

グラフィックスカードベンダーの最大手NVIDIAが、高速イーサネット技術を持つMellanox Technologiesを買収した。この背景には何があるのか、NVIDIAの狙いを筆者が推測する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Armが自らサーバ向けプロセッサのプラットフォームを発表した。なぜ今、サーバ向けプロセッサなのか、その背景をプレスリリースから筆者が読み解く。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

2018年からIntelのCPU不足が続いているという。その原因は最新の10nmプロセスの立ち上げが思ったように行かないこと、といわれているが、筆者は他にも原因があるように思う。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

年始早々に開催されたエレクトロニクスの見本市「CES 2019」でIntelが発表した内容を見てみよう。AI(人工知能)や5G、自動運転といった注目の製品もあるものの、ホームランが飛ぶような話題に欠けているような……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが新デバイス「MESO」を開発した。性能、消費電力、密度の面でCMOSを超えるという。果たして、CMOSの天下はひっくり返るのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Armの「DesignStartプログラム」は、初期費用ゼロ円で特定のArmコアが利用できるというもの。これからIoT分野に打って出ようという小さなベンチャーなどに最適なプログラムだ。これによりArmも市場を広げられる可能性が。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Appleの「A12 Bionic」や、Huaweiの「Kirin 980」といった最新のスマートフォン向けCPUはいずれも同じような構成となっている。いずれもぜいたくな作りとなっており、ほとんど使われないシリコン部分も多いようだ。なぜこのような作りになっているのか推察してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日の丸半導体の生き残り(?)ルネサス エレクトロニクスが米国半導体大手のIDTを約7330億円で買収した。数年前に大規模なリストラを行ったルネサスがなぜ今、大型買収なのか、その目的を想像してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

HPC向けスイッチなどを扱う「Mellanox」を取り上げる。この会社、対前年比で3割近い売り上げの伸びを記録し、絶好調だと聞く。なぜ、今、絶好調なのかその秘密を調べてみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelがまた会社を買収した。「eASIC」という少々特殊なASICを扱っている会社だ。そもそもASICって何? eASICのアドバンテージはどこにあるのか、を解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

8086誕生から40年、思えば紆余(うよ)曲折があったものだ。その歴史を筆者が振り返る。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが量子コンピュータのプロセッサを発表した。普通のコンピュータなら何百万年もかかる計算も、量子コンピュータなら一瞬で解ける、などといわれているが、今回のプロセッサにはそこまでの性能も汎用性もないようだ。それでも、着々と量子コンピュータの足音が近づいて来ているようだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Qualcommのハイエンドプロセッサ「Snapdragon 845」を搭載したスマートフォンが次々と販売開始となっている。この「Snapdragon 845」は、前モデルの「Snapdragon 835」に比べて、CPU/GPU性能で30%、AI性能が3倍になっているという。この性能向上は何によってもたらされているのか、少ない資料から筆者が想像する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Armから機械学習向けプロセッサの提供が開始された。このプロセッサの登場が意味するところは? なぜ、Armが機械学習向けプロセッサなのか、筆者が解き明かす。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intel元社長Renee James(レニー・ジェームス)氏などが設立したAmpere Computing(アンペール コンピューティング)が、ARMコアを採用したデータセンター/サーバ向けプロセッサを発表した。果たして、このプロセッサの成否はいかに。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

1年ほど前、ARM版のフルセットWindows 10について書いた。やっと搭載したノートPCが発売されそうだ。なぜ、今、Microsoftはx86ではなく、ARM版のWindows 10をリリースしなければならないのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

1年ほど前、ARM版のフルセットWindows 10について書いた。やっと搭載したノートPCが発売されそうだ。なぜ、今、Microsoftはx86ではなく、ARM版のWindows 10をリリースしなければならないのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IntelがAMDのGPUを搭載したモジュールを発表した。IntelとAMDはご存じの通り、x86プロセッサではライバルだ。そのライバル同士が手を結んだ理由は? 背景を探る。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

「電気自動車」と「自動運転」への流れの中、自動車産業は大きな変革を迎えている。特に「自動運転」は、半導体産業を巻き込んで自動車自体の在り方を変えそうだ。そんな中、NVIDIAがいち早くレベル5(完全自動運転)を目指す基盤を発表した。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

iPhone Xには、メインのプロセッサの他にGPUやAI向けのプロセッサなど、多くのプロセッサが搭載されている。これらのプロセッサの役割や仕様を筆者が想像たくましく考えてみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

今はやりのブロックチェーンに、IntelとMicrosoftが手を上げた。Intelは、プロセッサにブロックチェーン向けの新しい命令セットを追加するという。その目的は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Appleが、Imagination TechnologiesのPowerVRをやめて、独自GPUを開発するという。この方針転換は、Imaginationのビジネスを直撃した。なぜImaginationはこのような事態に陥ってしまったのか、そして会社はどうなるのだろうか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由を解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。多くが、無線通信規格にLPWAを使い、自治体を巻き込んだ実証実験だ。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

スーパーコンピュータ関連の発表が続いている。その多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスーパーコンピュータとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが新設計でx86(x64)プロセッサの「Zenアーキテクチャ」を開発したという。Intelのプロセッサに比べて、プロセッサのダイサイズが小さく、コスト的にも有利そうである。これからAMDのプロセッサやGPUが面白くなりそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Qualcommの次世代Snapdragonで、x86アプリが実行可能なWindows 10をサポートするという。当然ながらx86命令が、ARM上でエミュレーションされて動作することになる。気になる性能は、意外と速いという。その速さの秘密を推測してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

いまや真空管を見かけることはほとんどない。しかし、電気的な性能でトランジスタに負けていたわけではない。カリフォルニア大学サンディエゴ校が新しい真空管(?)を開発したという。その特徴は……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

京セラの子会社がIoT向け通信インフラ会社「Sigfox」と組んで日本でサービスを展開するという。年額100円という低料金にインパクトがある。Sigfoxはどのようなサービスなのだろうか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

CEATEC JAPAN 2016のテーマは「CPS/IoT」。IoTは、説明の必要はないだろうが、CPSって何? 実世界にある多様なデータをサイバー空間で大規模データ処理技術などを駆使して、分析/知識化して、産業の活性化や社会問題の解決を図っていくのだそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ARMプロセッサの製造をIntel Custom Foundryで行えるようになるという。世界最先端のIntelのファブで製造できれば、他を圧倒するようなARMプロセッサができるはず。でも、なぜIntelがARMプロセッサの製造を行うのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

BMWが、Intelと組んで自動運転の開発を行うという。自動運転は今、自動車関連業界だけでなく、半導体業界でもホットな話題だ。そこにIntelも参戦するわけだが、その思惑は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ソフトバンクが半導体設計会社のARMを約3.3兆円で買収する。なぜ、ソフトバンクがARMを買収するのか、ARMはなぜ買収されるのか、半導体技術者である筆者ならではの視点でその思惑を想像してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

今話題の「IoT」は、モノをインターネットに接続するというもの。ただ、「インターネットに接続する」といっても簡単ではない。今回は、そのネットに接続する部分について、今注目されている2つの技術を交えて考察してみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IntelのAtomがリストラされるというニュースが流れてきた。これまでもさまざまなプロセッサが、リリースされては後継モデルもなく消えてきている。その歴史を振り返ってみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

元エルピーダの社長、坂本幸雄氏が新たに立ち上げたメモリ会社「サイノキング」がちょっとした話題になっている。サイノキングに対する「技術流出」や「ユニークなメモリ」という点について筆者の意見をまとめておきたい。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IoTデバイスは、長期間にわたって電池交換などをせずに使える方がよい。そこでPsiKickが開発している、受信する電波そのものを電源する超低消費電力の無線技術に注目したい。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

組み込み向けOSの老舗、Wind RiverがIoT向けOSを無償で提供するという。IoTによって、組み込みOSの勢力図が変わりつつある。組み込み向けOSの再編も起きるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ビッグデータや機械学習の普及でHPCの適用分野が広がっている。でも分野別に細かいセグメントに分かれており、プラットフォームの標準化は行われていない。より幅広く普及するには、標準プラットフォームによる低価格化などが必要。そこでIntelが標準プラットフォーム「Intel Scalable System Framework」を提唱した。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

通信インフラが整っていない屋外でのIoT/M2Mを構築しようとすると、課題として上るのが「通信インフラをどうするか」だ。無線LANでは広い面積をカバーしきれない、かといって免許が必要な無線方式ではハードルが高い。そこで、携帯電話回線を利用するサービスに注目が集まっている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Dellが、ストレージ大手のEMCを買収するという。統合の結果、IT業界の5指に入る企業規模になるようだ。統合後、Dellの創業ビジネスといえるパソコン事業にも手が入ることになるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelから第6世代Coreプロセッサー「Skylake(開発コード名)」が発表された。魅力的な機能が詰まった高性能なプロセッサーだが、もはやそれがパソコンを買い替える動機にはなりそうにない。ニュースリリースを見ると、Intelのターゲットは5年前のパソコンの買い替えのようである。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IntelとMicron Technologyが共同開発中の新メモリ「3D Xpoint」。「速い」「安い」「消えない」といいことづくめのこのメモリは、ストレージクラスメモリの新しいスタンダードになるかもしれない。3D Xpointは、ストレージの世界を変えるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

元ルネサスのメモリ技術者が設立したメモリIPを手掛けるフローディアが、産業革新機構から出資を受けたことで注目を集めている。でも、メモリIPって何なのだろう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが167億ドルでAlteraを、AVAGO TechnologiesがBroadcomを買収するなど、半導体業界は大型買収が続いている。半導体業界の再編は、1次リーグが終わり、決勝トーナメントが始まっている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

今、クラウドファウンディングのKickstarterで「C.H.I.P.」という9ドルの小型PCが話題になっている。Raspberry Piなど、これまでも安価でオープンソースを活用したPCはあったが、それにクラウドファウンディングが加わることで新しいビジネスモデルが生まれそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ムーアの法則が、2015年で50年を迎えたという。半導体の集積度が時間発展とともに「18カ月で2倍」になるというもの。いまだに続くこの法則だが、そろそろ限界なのか、それともさらに続くのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ウエアラブルの真打ち、Apple Watchが販売される。漠然としたウエアラブルのイメージが統一されるかもしれない。まだまだ先の見えないウエアラブル市場に一石を投じることにはなりそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

核融合炉やニューロチップなど、実現したら非常に大きな影響が生じる技術がある。その確率は今のところ低いが、一歩一歩実現に動いているようだ。逆に磁気嵐のように、リスクが高まっている事案もある。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが2015 International CESでボタンサイズのボードマイコン「Curie」を発表。ウェアラブル応用のベンチャーだけでなく、ファッションブランドとの協業も行うという。Intelがファッション業界に進出する日も遠くない?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

もはやトランジスタの微細化も限界に近付いてきている。そんな中、ポリオキソ金属酸塩(POMs)という新しい素材を使ったフラッシュメモリが提案された。分子1個でフラッシュメモリと同様に、データを保存できるとか。POMsは世界を変えることができるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDの半導体製造部門が分離独立したGLOBALFOUNDRIESが、IBMの半導体部門を買収した。すでにシンガポールのファウンドリ会社「Chartered Semiconductor」を買収しており、ファウンドリ業界で世界1位が射程に入りつつある。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

電子デバイス業界で希望の星「IoT」。しかし気になるのは電源と通信の関係だ。頻繁に通信すれば電池が持たなくなる。通信を制限すればあまり用途がなくなってしまう。実は、IoTが普及するには、この辺りがポイントになるのではないか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IoTに力を入れているインテル。第2世代のマイコンボード「Edison」を発表した。プロセッサーとして新たにAtomを搭載、無線接続が可能で、Linuxも動作するらしい。Edisonによって「将来のアプリケーション」が生み出され、次世代のITが切り拓かれるかもしれない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IBMが発表したニューロチップ「SyNAPSE」。ニューロというと、20年以上前にも流行したが、その時は成功したとはいい難い。しかしこの間のLSI技術の進化は、ニューロチップをやっと実用的なレベルにしたようだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

富士通が半導体生産から撤退、パナソニックがIntelに製造を委託、と日本の半導体製造が最終局面を迎えているようだ。半導体産業が「産業の米」といわれた時代はいつのことなのか……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ソフトバンクが感情を認識するロボット「Pepper」を発表。このPepperは、感情を認識したり、開発をオープン化したりとこれまでのロボットとは違っているようだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが2014年から2016年にかけてのロードマップを発表した。その中で、x86とARMとのピン互換を実現し、両方を差し替えて使えるようにするという。AMDが「ambidextrous」と呼ぶこの戦略が持つ意味は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ウェアラブルなデバイスが流行中。もう1つのはやりの「ビッグデータ」とは無関係そうだが実は……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AppleとGoogleの戦いが自動車市場を舞台に始まった。両社のアプローチは違うものの、クルマのIT化をターゲットにしているのは同じ。さて、スマートフォン市場に続き、自動車市場でも両社の戦いは続くのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが、ARMコアを採用したサーバープロセッサー「Opteron A1100」を発表。x86ではなく、ARMコアを採用した理由は? AMDは、ARMコアによるサーバープロセッサー市場を創造できるのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが2014年1月に開催されたCESで「RealSense technology」という新しい技術を発表した。カメラとマイクでさまざまな認識処理を行えるとか。空中で手を動かしてPCを動かしたり、顔でログオンしたりといったことが可能になるようだ。その先にはやはり触った感覚のフィードバックがほしいものだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日米20社の半導体企業が集まって、東北大学でMRAMを共同開発するという。MRAMはすでに製品も登場しているものの、期待ほど市場は立ち上がっていない。さて、この共同開発でブレークスルーが起き、DRAMを置き換えるまでになるのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

自動車の自動運転技術に対する注目が急速に高まっている。自動運転というのは、いわばクルマに自前の目や脳を載せるという技術である。半導体技術が支える面も大きい。そこには、まだいくつかの課題がありそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelから新しいプロセッサ「Quark SoC」が発表された。ARM対抗ともいえるこのプロセッサ。でも、組み込み世界を席巻するには、何かが足りない。組み込み市場でARMに勝つ方法は……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

最近、ウェラブルに注目が集まっているようだ。ただ一口にウェラブルといってもさまざまなコンセプトがあるようだ。それぞれのコンセプトについて考えてみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

残念ながら日本の半導体会社には「無線の背骨」の通った会社がほぼないようだ。富士通セミコンダクターの携帯電話向けRFIC事業がIntelに売却されたことなどが象徴している。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

シャープが「ココロエンジン」というものを広く家電に採用するという。家電が使われ方などを学習して最適化するものらしい。はてさて、これが「ファジー」などと同様、一過性の流行で終わるのか、新しい家電の潮流となるのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが動作周波数5GHzを実現したプロセッサを発表。一時、IntelとAMDが繰り広げたクロック競争が再び起きるのか? でも時代は、動作クロックだけが選択の尺度でなくなっている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

このところ影が薄くなりつつあるIntel。しかしそのIntelには、ダントツの1番のものがある。新しいCEOとなったブライアン・クルザニッチ氏が率いていた製造部門である。さて、Intelはこの1番をどう生かしていくのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

「インテル入ってる」とか「セントリーノ」とか、インテルのキャッチ・フレーズには「オヤジ風テイスト」の隠し味が効いたものが多い。でも、これには半歩先行くところがあった。最近のインテルは……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

巨大化する一方のファブ。一方で、お金のかかる巨大なクリーン・ルームを作らないミニマルファブが開発されている。ミニマルファブは半導体業界に一石を投じられるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

メニーコアってコアは何個から? ヘテロかホモか、メモリのコヒーレンシ命かどうかなど、メニーコアといってもいろいろ。シンポジウムに参加してきたオジサンたちはメニーコアで試行錯誤中。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelがスマホ向けにAtomベースのSoCの提供を開始。残念ながら新しいコンセプトが見えてこない。Intelは、新しいコンセプトを打ち出して成功できるのか、それとも誰かのコンセプトを支えるだけの部品屋に逆戻りするのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

トランジスタの動作速度は、これまで年率X%的な勢いで向上してきているが、それもそろそろ限界のようだ。さまざまな限界要因が指摘されてきている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

2年半ぶりにItaniumの新製品が登場。もう新製品の投入はないという勝手な思い込みが吹き飛ばされた。なぜ、そう思っていたのかといえば……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelの投資事業部門「Intel Capital」が投資に関するイベントを開催。Intel Capitalの投資案件を見ると、現在のIT業界の栄枯盛衰が見えてくる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話では、スマホのいまでもARM+DSPの組み合わせが定番。そこにIntelがAtomで参戦した。ARMではない、Atomのメリットとは……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

今夏も省電力キャンペーンは続いているが、昨年ほど過激ではなさそうだ。一方、半導体への低消費電力化の圧力は止まらない。それは……。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが、露光装置製造会社の最大手「AMSL」に対して研究開発資金を提供すると発表。Intelの出資で半導体製造技術が2年前倒しされる?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDとARMなどがHSA Foundationを創立。CPUとGPUを結合したマルチプロセッサ・システムの普及を目指すという。HSAの創立目的は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelがファブレスのベンチャー企業の製品製造を請け負うと発表。それも最先端の22nmプロセスを利用するという。その意味するところは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日産は、次世代車載情報システムにIntelのAtomプロセッサを採用。車載半導体の主役は「情報系」に移りつつある。Intelはそこも狙うのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日本で唯一のDRAMメーカー「エルピーダ」が倒産。これは業界に内在する構造が原因か? でも、それでデジタル革命が加速したのでは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDは、アナリスト向け説明会で「他社のIP」を組み合わせていく方針を発表。この方針の意味するところは? AMDが目的とするところは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

名門企業Kodakが破産法を適用。ビッグシフトに乗り遅れた結果という。IT業界にもビッグシフトが起きつつある。Kodakに続いてしまうのは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intel が世界初のマイクロプロセッサ「4004」を発表してから40年。手元にある風呂敷に染め抜かれた4004の回路図を見て、思うことを書いてみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ARMが64bitアーキテクチャを正式発表。組み込み用途やタブレットなどで、Intelとの競合が気になるところ。意外や、その関係は深まっている?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

MRAMに代表される不揮発性メモリについて何度か取り上げげてきたが、また新しい不揮発性メモリが登場した。このメモリ「CMOx」の特徴は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

次世代コンピュータの課題は、自律的な認識とそれに基づく行動の決定。つまり未来を予想して対処すること。それに近づくチップをIBMが開発した。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

SamsungがGrandisを買収。同社のSTT-RAM技術は量子力学を応用、MRAMの弱点を克服するという。STTはMRAMの新しい時代を作るのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

クラウドにより、数万台規模のデータセンターが即座に手に入るのと同様、EMSによって製造業も製造能力が即座に手に入る世界に突入している。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

待機電力ゼロの電子機器を実現する電子回路をNECと東北大学が開発。ポイントは、 エレクトロニクスに量子力学的な原理を導入したこと?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが3次元構造を採用した新型トランジスタ「Tri-Gate」を発表。これでムーアの法則が延命できるとか。この新型トランジスタは何がすごいのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

タブレットPC向けのAtom「Z670」のリリースを読んで思ったことを述べる。このプロセッサの何がムーアの法則と関係があり、何が新しいのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

システムを構築する場合、さまざまな想定を行い安全性などを担保する。しかし自然現象が関係する場合には、さらに想像力が重要になる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelのチップセットの不具合がIT業界にさまざまな影響を与えている。この件は「プロトタイプ」として、奥深い問題を投げかけているように思える。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

MicrosoftがARM版Windows OSの提供を発表。アプリ互換性などのさまざまな問題が語られるが、一番の問題はMSのビジネスモデルに。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Amazon EC2のインスタンスタイプに「クラスターGPUインスタンス」が追加。このクラスタGPUの使い道は? うまく使えば未来の予測にも……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

中国が1位になって話題の2010年11月版スパコン性能ランキングについて語る。1つの数値で単純化されたランキングに意味はあるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

流行の兆しがあるタブレットPC。OSにAndroidを搭載するタブレットPCはNVIDIAのTegraを採用するものが多い。このTegraとはどんなCPUなのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

次世代プロセッサコア「Bobcat」は、AMDにとって新市場への挑戦といった意味がある。IntelのAtomに対抗するこのコアの狙いどころは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

テレビの3D化が急速に進んでいる。PCの3D化も時間の問題か? そのとき、GUIの3D化がどうなるのか気になるところ。3D化で何が起きる?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

東大と国立天文台が共同開発したスパコンがリトルグリーン500で1位に。市販部品を多用しながら1位のスパコンを作っている。その秘密は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ベルギーの研究機関「IMEC」が赤外線を効率よく電気に変換できる一種の太陽電池を開発。これは人類にとっての救世主? それとも……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

x86プロセッサの供給元には、IntelとAMDの他にVIAもある。IntelのAtomで少々苦しい立場のVIA。しかしGoogle TVが救世主となるかも。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDとIntelから同時期に異なる方向性を持つ製品のニュースが。AMDはサーバ向けCPU、Intelは組み込み向けSoC。両社はどこに向かう?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

KindleとiPadの登場で出版印刷業界の利益がIT業界に移転? スマートグリッドでも、データセンター料金が電気料金に上乗せされる?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

MicronがフラッシュメモリベンダーのNumonyxを買収。いつも何かを仕掛けるMicronなので、次の一手を考えているはず。カギは相変化メモリ?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが「AppUp Center」でソフトウェアのダウンロード販売に参入? ネットブック対象のこの試みにIntelのビジネスモデルの変化が見てとれる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが研究用ながら48コアのプロセッサを発表。クラウドなどへの応用を考えているとか。Googleのサーバシステムが1チップになる日も近い?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが投資家向け説明会でプロセッサのロードマップを発表。将来、CPUとGPUが1つのチップに融合されるという。その先にAMDが描く世界は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

グローバリゼーションの影で「囲い込み」が起きている。しかしITベースの現代では、その囲い込みも仮想化、多重化して分かりにくくなっている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

「デジタル家電向けCPUの規格統一」というニュースに、「ひと言でいい表す」難しさと、効率向上への「地道な取り組み」の大切さを考えた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体ベンチャーのアイピーフレックスが破産。原因は、半導体のビジネスモデルそのものか? もはや半導体ベンチャーは育たないのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

組み込み分野進出の次の一手として、IntelがWind Riverを買収。このニュースにIT業界の潮目の変化を感じる。Wintelの次に来る時代は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

シリコンバレーと呼ばれてIT企業が集中していたカリフォルニア州サンノゼ周辺。しかしIT企業は環境事業へシフトし、グリーンバレーへと。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

富士通の新SPARCチップが話題に。しかし、今や「スパコン」は個人でも作成可能なものになりつつある。パラダイムが大きく変化しているのだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

景気低迷は、半導体業界にも影を落としている。ついにルネサスとNECエレが統合に動きだした。この統合で世界3位となるが、それは吉なのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ISSCC 2009で慶應義塾大学などが発表した誘導結合に注目。パッケージ内でチップを無線で接合する技術だ。その技術的なポイントを解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体業界でも会社更生法の申請が相次いでいる。さらなる業界再編は避けられそうにない。しかしいまこそ新しい技術への投資が必要だ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

不況の中、5万円前後のネットブックが好調。IntelのAtomも順調に数量を伸ばしている。だがAtomが狙う市場はネットブックだけではないようだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが新しいシリコンベースの光センサーを開発。この技術は新しい産業を生み、SFの世界で語られる光学迷彩を実現するかもしれない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

最新プロセッサ「Core i7」が登場。ダイのレイアウトを眺めると、機能がブロック化されて、デザインが美しい。次は対称にコピーして8コア化か?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

「AMDが製造工場を投資家に売却」というニュースにも驚かなくなった。業界は再編が済み、再々編へ。数年後は知らない名前の会社ばかりかも。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

テクノロジーに閉塞(へいそく)感が漂っている。環境や第1次産業など、電子デバイスが応用できる分野はまだあるのだが。この閉塞感を打開するには……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが数十個プロセッサを並べたGPUを発表。なぜx86ベースなのか? Pentiumライクなコアを採用しているのは? 何でGPUなのか? を解説。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IBMもIntelも太陽電池へ参入。半導体技術で太陽電池のコストを下げるという。ガソリン価格の高騰やCO2の問題は、半導体業界が解決する?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

電池なしで無線センサーが動く? となると、センサーの動力は何? その用途は? 意外と歴史が古い電池なしで動く無線システムの話をしよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

先日から気になっていたTPSという単語が「トヨタ生産方式」だと気付いてビックリ。半導体業界にもTPSの波がやってきている。その理由は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

NTTとIBMが新素子を発表。新しいといっても何か懐かしい技術を感じさせる。製品化には時間がかかりそうだが、なぜか筆者の琴線に触れる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

新しいメモリベンチャーが登場。製品のうたい文句は「メモリ容量が4倍になる」。怪しい(?)その技術は、主流になるかもと予感させるものが。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

プロセッサのスーパーカー作りを目指していたIntel。ところが、リッターカーともいえる組み込み向けを真剣に開発。Intelの思惑はどこに?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

株価の急激な下落や石油の高騰は新しい時代の到来を予感させる。化石燃料を燃料として燃やさない時代。そのとき半導体はどうなるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

XMOSの新しいプロセッサは、ハードウェアをソフトウェアで実現可能とか。マルチコアに対応し、それでFPGAやASICの対抗? XMOSって何?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IBMが廃棄するウエハーを再利用する技術を発表。ウエハーの回路面を削って太陽電池が製造できるようになるという。IBMが太陽電池市場に参入?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ロームがCEATECに参考出品した「不揮発プロセッサ」は、メディアの受けはいまいちだったようだが、その実力は二重丸。何がすごいのか話そう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

脳とコンピュータを直接つなぐインタフェース「BCI」。SF映画のマトリックスのようだが意外と研究は進んでいる。今回はBCIについて考えてみる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

地震による部品供給停止で工場がストップ。このようなリスクは洗い出しやすく対策も可能だ。しかし無関係に見えるリスクがリンクしていると……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

TransmetaがAMDから「戦略的な」出資を受けた。その裏にTransmetaの挫折(?)が見て取れる。半導体がサービス産業となる日は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

話題の年金問題は、20数年前の電算化の手法にも一因がありそう。こうした問題は、「他山の石」として学ぶ必要がありそうだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IBMが自己組織化を採用したコンピュータチップの製造技術について発表した。自己組織化による半導体製造とは、またその意味は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

3G携帯電話やWi-Fi、WiMAXなど無線通信の多様化が進行中。こうした短周期の動きの影で大きなうねりが起きていそう。その勝ち組みは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

相次ぐ半導体ベンダーの撤退報道。背景には、半導体工場への投資リスクが高いことがある。垂直統合型の半導体ビジネスは限界なのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが80コアの実験的なプロセッサを発表。スーパーコンピュータ相当の計算が可能なこのプロセッサで何を実行するのか? それが問題だ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

デジタル家電などで採用されているシステムLSI。これを構成する半導体IPの競争が激しい。半導体IP市場でベンダーが生き残るための方策は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

業績好調のメモリベンダー。そのカギは不揮発メモリにありそうだ。次世代不揮発メモリの開発競争も激化している。この競争に勝つ秘訣は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ATIはAMDに買収され、NVIDIAはPortalPlayerを買収するなど、グラフィックスベンダーの向かう先には何があるのか。次の戦場はどこ?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ソフトウェアに続いて、半導体の設計もインドへのアウトソースが流行の兆し。半導体ベンダーのインド進出で、日本の設計者の運命は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

エルピーダと広島大学の半導体とバイオの融合という共同研究が文科省の「最先端融合領域……」に選ばれた。両者の融合は何を生むのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

フィリップスが半導体事業の投資会社への売却を発表した。この動きは、総合電機メーカーの半導体分離の最終章なのか? それとも……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDのAlchemy(組み込みプロセッサ)の売却に続いて、IntelもXScaleを手放した。背景には不採算部門の処分の他にも理由がありそう?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

MSのPC規格「FlexGo」では、ハードウェア代金をサービス料で回収するビジネスモデルを採用。これから半導体とサービスの関係はどうなる?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体設計部門の新人配属は少ない傾向にある。数十年前のチップに夢や魔法があった時代とは大違い。そろそろ夢を取り戻さないと……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

松下電器とスクエア・エニックスが共通プラットフォームで協業を発表した。このように家電業界でプラットフォーム化が進行する背景には……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

マイクロソフトの小型タブレットPCプロジェクト「Origami」。このプロジェクトが成功するかどうかは、実は機能や価格ではない気がする。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IBMからCell搭載のブレードサーバが発表となった。ゲームだけでなく、サーバにもCellが展開されるわけだが、幾つかの課題も見えてきた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelの新プロセッサ「Core Duo」には、地味だが魅力的な省電力機能が実装されている。動的部分電源断と復帰に一番近い技術として注目だ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話や無線LANなど、無線機能とプロセッサを1つのチップに実装するアナデジ混載が注目さている。しかし、それには数々の問題が。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

久ぶりに携帯電話キャリアに新規参入が認められた。3社独自のサービスを企画しているようだが、そのとき携帯電話のチップはどうなるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

規格の標準化でもめるケースが増えている。特許などの利害がからむためだ。こうした標準化作業との付き合い方を802.11nから探ってみた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

iPod nanoは、デザインとともに内蔵フラッシュの容量と本体価格の関係に注目が。フラッシュがHDDの代わりとなる日は来るのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体業界でも環境問題は重要な課題。工場による環境汚染を防止するのはもちろん、鉛などの利用を止める必要もあり、その影響は大きい。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

イー・アクセスが携帯電話市場に参入できたあかつきには、インテルとの協業で携帯電話端末を販売するという。それは新たなPDAとなるのか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AppleがIntel製プロセッサの採用を発表。これでクライアントPCは、ほぼインテルアーキテクチャとなる。ハードウェアで差別化する時代は終わった。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Microsoftと日本国内の家電メーカー間の特許契約についてのニュースが増えている。なぜ、Microsoftは特許契約を行おうとしているのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

電気街「秋葉原」の変ぼうは目を見張るばかり。でも、この変ぼうは秋葉原の特質でもある。この変ぼうの先にある電子的なモノについて考えた。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

このところあまり話題に上らない「ARM」。ところがArtisan社の買収や、次世代アーキテクチャのARMv7のリリースなど着々と次の一手を進めている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ソニー、東芝、IBMの共同開発によるプロセッサ「Cell」の概要がISSCCで発表された。「汎用」プロッサとはいうものの、何に使えるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日立製作所がストレージレスのモバイル端末を導入すると発表した。ネット上では、この件に対する賛否両論が展開されている。この背景は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

オリンピックイヤーは、半導体が好調、というシリコンサイクルは2004年も健在。しかし、このサイクルに隠れた潮流を見逃してはいけない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

環境問題から鉛の利用が制限されつつある。半導体も例外ではなく、「鉛フリーはんだ」などの利用が推進されている。その動きについて解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IntelのXScaleはPDAから携帯へとターゲットを変更。だが発表された「PXA27x」は機能満載。携帯電話にそんなにたくさんの機能が必要なの?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

無線周波数は有限な資源だ。その利用料課金と再配分について考えてみた。公平な課金と世界から孤立しない無線周波数の利用法とは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

おサイフケータイやSuicaに代表される非接触応用のカードやRFタグが流行の兆し。でも、電波を使うだけに、その設計は一筋縄ではいかない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

プロセッサのマルチコア化が急速に進行中。なぜ各社ともマルチコアに走るのか。マルチコア化が進むとx86プロセッサはどうなるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体業界では、「発熱」がホットな話題。微細化が進んだ結果のリーク電流が原因。その影響で携帯電話に冷却ファンが搭載されるかも。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

デジタル家電ブームのおかげか、最近の半導体各社の業績が好調だ。日本が強いといわれるデジタル家電のその理由は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話でウイルスが流行る兆しあり。そのためか携帯電話などの組み込み向けプロセッサにも、セキュリティ機能が搭載され始めている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IA-32の64bit拡張について思うところをコメントする。IntelがAMDの後追いとなった理由や、64bit拡張の意味について想像を交えながら解説しよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

10代の理数系離れはエンジニアという職業に魅力がないから? それは特許の対価が少ないから? では、価値ある特許とは何なのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話に搭載されているアプリケーションプロセッサとは何か? いまこの分野での競争が激しい。日本の半導体産業復活のカギかもしれない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

90nmや65nmといった最先端の半導体製造技術が話題になる一方、古い半導体工場が次々と閉鎖されている。だが古い工場を生かす道が……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

クライアントPCとは異なり、組み込み向けには多様なOSがそろっている。ところが最近の展示会でよく見かけるのが、Windows.CEとLinux系OS……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

ノートPC向けプロセッサベンダーとして一時話題をさらったTransmetaが新プロセッサ「Efficeon」を発表した。このプロセッサのターゲットは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

日立と三菱の半導体事業の一部が合併してできた「ルネサス テクノロジ」。そのルネサスの新製品から新会社の未来を予想してみよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDのサーバ向け64bitプロセッサ「AMD Opteron」の出荷が開始されて4カ月。そのダイ写真を見ると、廉価版やマルチチップ版と想像が膨らむ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

システムオンチップの業界標準バス「AMBA」。当初は、ARMコア向けとして開発されたが、今や他社CPUも採用している。その経緯は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが無線チップにリコンフィギュラブル技術を採用すると表明。半導体業界で話題のリコンフィギュラブルってどういったものなのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

SuicaやETCに代表されるような組み込み分野では認証が必須。こうした用途では、どのようにセキュリティを確保しているのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDからIntelとは異なる64bitアーキテクチャを採用した「AMD Opteron」が発表された。こうしたx86アーキテクチャの発散がもたらす意味について考える。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

どこもかしこも「無線」がブーム。半導体業界も例外ではない。UWBに無線LAN、無線タグ、GPSなど半導体業界が注目する無線関連規格についてまとめる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体業界にとって「低消費電力化」は長年の課題である。そこで、低消費電力化の必要性と、省電力化の最新設計手法について解説する。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

2003年は、プロセッサにセキュリティ機能を装備するのが流行となりそう。このプロセッサのセキュリティ機能とはどういったものなのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

プロセッサとメモリなどを組み合わせたシステムLSIが、新しい不揮発メモリの登場で変わりそうな予感。半導体業界の新たな動きについて話そう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話が小さくなった背景には、半導体チップのパッケージ技術がある。今回は「スタックドパッケージ」と呼ばれる、その技術について話そう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

今回はプロセッサの舞台裏ともいえる、開発者にフォカースを当ててみる。プロセッサの設計にはどのような人々がかかわっているのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

インテルのノートPC向け新プロセサ「Banias」の概要が徐々にではあるが明らかになってきた。Baniasで採用される低消費電力化の技術とは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

一時はプロセッサ市場を大きく変えると思われていたRISC。しかし、最近ではすっかり影が薄くなってしまった。なぜRISCは、CISCに敗れたのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話にGPSなど、無線を利用した機器が急増中。無線は半導体ベンダーにとって難しい面もあるが、それでもそこにはおいしそうな匂いが……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

DRAM最大手のMicron。昨今のメモリ相場に危機感を抱いたのか、製品の多角化に乗り出した。そのMicronが次に手掛けるのはプロセッサ?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

携帯電話にデジカメ機能は当たり前。次は動画機能となりそう。その機能を支えるのがMPEG-4チップで、各社ともこの市場を狙っているが……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

金融業界同様、半導体業界にも再編の嵐が吹き荒れている。DRAM分野に続き、2002年はシステムLSI分野も再編されそうだ。こうした再編に異議を唱えたい。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体の製造プロセスは90nm世代に。各半導体ベンダーがその取り組みを発表する中、早くもIntelはSRAMの製造に成功したという。この意味するところは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

IntelがOUM採用の不揮発メモリのサンプル(4Mbit)を発表。こうした変り種メモリは各社が積極的に開発している。こうしたメモリの行方は?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

メールやJava、動画表示など高機能化する携帯電話には、高性能なプロセッサの搭載が要求される。その市場向けに日立製作所が開発したS-MAPとは?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが開発した新しいトランジスタ「TeraHertzトランジスタ」は2.63THz(テラヘルツ)のスイッチング速度を実現する。このトランジスタ発表の意味を探る。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

好不況を繰り返して成長してきた半導体業界。2000年は好況であったが、一転、2001年は未曾有の不況下にある。しかも、今回の不況はいつもと様子が違う。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

AMDが先日概要を発表した次世代プロセッサの「Hammer」。現在のx86アーキテクチャを拡張して64bit化を行うという。今回は、その拡張方法の魅力に迫る。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelが発表した「Hyper-Threading」は、5%のダイサイズ増で30%の性能向上が実現可能だという。x86の延命策ともいえる、その魅惑の技術を解説しよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Pentium IIIよりも販売数量が多い32bitプロセッサ「ARM」。ゲーム端末など意外な製品にもARMは使われている。ARMがこのように成功できた理由を解説しよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

5月末、Itanium搭載システムがやっと出荷となった。構想から約10年、その間、RISCベンダーは次々と脱落し、環境は大きく変わった。この10年を振り返ると……

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Intelを始めとする半導体ベンダー各社が次々と300mmウエハーの導入を発表している。300mmウエハーの導入のメリットはどこにあるのだろうか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

Pentium IIIやAthlonよりも多く出荷されている「ARM」というプロセッサをご存じだろうか? ゲーム専用機や携帯電話など意外なところに搭載されている。今回はこのARMに群がるチップベンダーの話をしよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

NTTドコモのiアプリに代表されるように、組み込み用途でJavaが広がっている。それに伴い、組み込み用途でのJavaの高速化が注目されている。そこで、Javaの高速化手法をプロセッサの視点からのぞいてみよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体技術として「SOI(シリコン・オン・インシュレータ)」が注目されている。SOIを使えば、究極のトランジスタが製造できるという。マイクロプロセッサの高速化や低消費電力化が実現できるSOIとはどういったものなのか。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

微細化も限界といわれ続けているが、新素材や新プロセスの登場によって壁は打ち破られている。今回はAthlonやPowerPCが採用して話題の銅配線にまつわる話をしよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

半導体業界には、「シリコンサイクル」と呼ばれる一種の都市伝説がある。それも、このシリコンサイクルの発生には、オリンピアの神々が関係しているともいわれる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

インテルから発表された次期主力プロセッサ「Pentium 4」。一見、単なるPentium IIIの後継だが、実はPentium Pro以来のアーキテクチャが徹底的に見直され、昔の面影を失うほど改良されたプロセッサなのだ。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

より高いクロック周波数を達成するにはパイプラインの段数を深くすればよいが、その分、分岐による初期化ペナルティは大きくなる。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

当初、夢のようなメモリシステムといわれたRDRAMだったが、Intelの数々の失敗で主役から後退し、DDR SDRAM陣営を活気づかせる結果となっている。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

プロセッサの値段はどう決まるのだろうか? 今回は、プロセッサ価格の内訳と売値が決まるまでの話をしていこう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

CrusoeがVLIWを採用しているといわれているし、Itanium(プロセッサコアはVLIWの一種)もそろそろ登場するはず。ということで、今回はVLIWの話をしよう。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

2次キャッシュがチップ外であることは、Athlonの幾つかある弱点の最たるものであった。しかし、2次キャッシュに、どのくらいの効果があるのだろうか?

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

CPUの世界を支配しているのがク ロックである。800MHzだ1GHzだと一喜一憂しているが、自然現象的には、ペコペコと脈動を繰り返す電気信号でしかない。

【Massa POP Izumida , 著】()
頭脳放談:

同じx86プロセッサだが、どこかが違う。Pentium IIIとAthlonの両者の仕組みや構造の違いについて解説しよう。

【Massa POP Izumida , 著】()

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。