【特集】Windows Server 2012のすべて

仮想化の導入が進み、パブリッククラウドと組み合わせた“ハイブリッドクラウド”が注目されている。Windows Server 2008で標準搭載され、注目を集めた仮想化機能「Hyper-V」だが、Windows Server 2012の新しい「Hyper-V」では、多くの機能強化が図られている。

@ITが読者調査を行ったところ、特に読者の注目を集めたのは「ライブストレージマイグレーション」「NUMA対応」「Hyper-Vのスケーラビリティ向上」「Hyper-Vレプリカ」といった新機能だった。マイクロソフトはこれら仮想化機能の強化に加え、同社の管理製品「System Center 2012」や、クラウドサービス「Windows Azure」との連携を強化することによって、よりハイブリッドクラウドを容易に構築できる環境の提供を目指している。

今回は、「Windows Server 2012」や「新しいHyper-V」について、マイクロソフト担当者や、同社と協業するパートナー各社にその詳細や、今後の方向性などを聞いた。

Pick Up!

マイクロソフトの仮想化技術、Windows Server Hyper-Vが、競合他社を上回るペースで国内に広がりつつある。実際に、新規の仮想化導入に加え、競合他社の製品からの乗り換え事例が目立つようになってきた。ではなぜいま、企業は競合他社の製品ではなく、Hyper-Vを積極的に選択するのだろうか。

(2013年5月13日)
企業システムだってスタートアップ企業並みに機動力を高められる:

新興サービス企業が群雄割拠する中、エンタープライズレベルで彼らの機動力を手に入れるには?運用と開発が一体となりビジネス価値に貢献する情報システム部門であるために、DevOpsというムーブメントはどう取り込むべきだろうか?

(2013年4月16日)
もう、選ばない理由はない:

国内における仮想化プラットフォームのトップシェアはどの製品かご存じだろうか。四半期ごとの仮想化プラットフォームのシェアを調査したIDCのレポートが示しているのは、ナンバーワンが、マイクロソフトのHyper-Vだということだ。

(2013年3月14日)

Windows Server 2012特集

小規模な企業向けに専用コンソールやアラート機能などが満載:

日本マイクロソフトは、多様な企業システムのニーズに対応し、大幅な機能強化を行ったサーバOSの新製品「Windows Server 2012」を、国内向けに9月から提供開始している。そして、これに続き11月1日には、小規模な企業向けエディションとなる「Windows Server 2012 Essentials」の一般提供を開始した。

(2012年11月1日)
読者の疑問をMS担当者にズバリ聞いた!:

プライベートクラウドとオンプレミスを併せて運用する“ハイブリッドクラウド”が注目を集めている。今回は、ハイブリッドクラウド時代に応えるべく「Windows Azure」や「Microsoft System Center 2012」を提供し、さらに9月にはサーバ最新版「Windows Server 2012」をリリースし、対応を強化している日本マイクロソフトに話を聞いた。

(2012年10月10日)
Windows Server 2012発売直前インタビュー

大企業を中心に導入が進んだ仮想化やクラウドの導入は年々加速しており、中堅中小企業に広まり、今では多くの企業にとって“利用していて当たり前。どれだけ有効活用できるか”の話に移行しつつある。一方で、プライベートクラウドとパブリッククラウドを使い分けながら併用する“ハイブリッドクラウド”の利用も始まっているものの、セキュリティや運用面から苦労している企業も多い。

(2012年9月12日)

パートナーコンテンツ

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:

多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。

(2012年11月30日)
これまでもこれからもWindows Serverを確実に保護:

長年、マイクロソフトの認定グローバルゴールドパートナーとしてソリューションを展開してきたシマンテック。引き続きバックアップソフト「Symantec Backup Exec 2012」やエンドポイントセキュリティソフト「Symantec Endpoint Protection 12」によって、仮想環境も含めたWindowsシステムを強力に保護していく。

(2012年11月5日)
Windows Server 2012 パートナーインタビュー:

“クラウドOS”として、特に仮想化機能や仮想サーバの管理機能が向上したWindows Server 2012。ホスティング事業者の間でも評価が高く、企業ユーザー向けのホスティングサービスで魅力的なメニューが登場しそうだ。

(2012年11月5日)
技術交流の歴史が物語る:

Hyper-V 3.0のスペックを最大限に生かすハードウェアをリリースしたデル。長年のマイクロソフトとの技術交流があるからこそできるハードウェア提供、コンサルティングサービスの強みを聞いた

(2012年11月5日)
プロが可能性を語る:

「ベンダ中立な立場で見ても、この製品のポテンシャルは注目に値する」と評価する品田氏。企業のITインフラシステムのアセスメントや運用経験の豊富な同氏がこう断言する理由は? 本稿では「ITインフラのプロ」の経験に基づく評価を見ていく

(2012年10月22日)
Windows Server 2012 パートナーインタビュー:

横河レンタ・リースでは、プライベートクラウドを実現する統合化・仮想化プラットフォーム「FlexOperations」の販売に拍車をかけている。日本ヒューレット・パッカードの統合インフラソリューション「HP CloudSystem Matrix」を中核に据えた、プライベートクラウド基盤「FlexOperations」の特徴と、そのWindows Server 2012への対応について担当者に聞いた。

(2012年10月22日)
System Centerとの連携によって運用負荷を下げて他社と差別化:

日本マイクロソフトのパートナーとして、「Windows Server」をベースとしたプライベートクラウドソリューション「VM Pool」を提供する伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)。Windows Serverの最新版となる「Windows Server 2012」では仮想化機能がさらに強化されており、顧客への選択肢が広がったという。CTCはWindows Server 2012の機能向上をどうとらえ、いかにして自社のソリューションに活用しようとしているのだろうか。

(2012年10月17日)
Windows Server 2012 パートナーインタビュー:

富士通マーケティングでは、日本マイクロソフトと協業し、中堅・中小企業でも簡単かつ低コストに仮想化環境を導入・運用できる、新しい仮想化ソリューション「AZBOX Hyper-Vモデル」の販売に力を注いでいる。富士通製「PRIMERGY」サーバ上にあらかじめ構築し、仮想OSと各種アプリケーションを設定済みで提供する「AZBOX Hyper-Vモデル」と、そのWindows Server 2012への対応について担当者に聞いた。

(2012年10月15日)
ワークフロー改善で新たな視野を:

企業のワークフロー改善を支えるシステムは新OSの登場でどう変わるか? 大規模運用やVDIの運用の本格化が現実のものになりつつあるようだ。

(2012年10月15日)
Windows Server 2012とSystem Centerで:

企業ITで増え続けるサーバを一元的に管理し、仮想化環境を使って効率的に運用するのに、Windows Server 2012は有効な一手となり得るだろうか

(2012年10月15日)
“既存資産の有効活用”という価値提供で88万社の支持を獲得!:

Hyper-V 3.0をはじめ、Windows Server 2012には多数の強化ポイントがある。だが、新製品がいかに優れていようと、既存資産のリプレースが難しいのはどの企業も同じだ。そんな事情を考慮し、高度なSI力を生かして顧客企業の既存資産を生かしながら、IT基盤を無理なく高度化していくアプローチを採っているのが大塚商会だ。同社ではWindows Server 2012の新機能を、どのように“顧客にとっての価値”に昇華していくのだろうか。

(2012年10月15日)
Windows Server 2012 パートナーインタビュー:

日本ヒューレット・パッカードは、ワールドワイドでマイクロソフトと密接なパートナー関係を築いており、業界唯一の「フロントラインパートナーシップ」を結ぶ両社のその歴史は長期にわたる。その成果の最たるものといえる「HP ProLiantサーバー Generation 8」やWindows Server 2012の有力なソリューション「HP BladeSystem」の肝であるI/O仮想化テクノロジー「HP バーチャルコネクト」について担当者に聞いた

(2012年10月10日)
大規模仮想環境下における統合運用管理が強み:

マイクロソフトは、9月に仮想化機能を大幅に強化した新サーバ「Windows Server 2012」をリリースした。今回は、マイクロソフトのパートナーとしてWindows Server 2008 R2に搭載されているHyper-V 2.0を使った仮想化環境構築で多くの実績を持つ内田洋行に話を聞いた。

(2012年10月10日)
GMOの新サービス「お名前.com デスクトップクラウド」:

GMOの新サービス「お名前.com デスクトップクラウド」は、Windows環境をサーバ上で実現する仮想デスクトップサービスだ。Windows 8の開発環境をサーバで実現することもできるし、PCやMac、iPadなどからも利用できる。

(2012年10月10日)

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT編集部/掲載内容有効期限:2013年5月26日

Copyright© 2020 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

パートナー企業一覧





























Twitter - @TechNetJ

Facebook - WindowsServer


RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。