Cisco UCSの研究〜「サーバ機なんて皆同じ」が正しくない、これだけの理由〜

「サーバ機はコモディティ(汎用品)化した」「サーバ機なんてもう安ければ何でもいい」と考えるシステム担当者が増えている。しかし、迅速で確実なサービスやシステムの展開を考えたときに、本当にそうなのか。こうした要件を満たすサーバとして、Cisco UCSという選択肢がある。

TOP STORY

Cisco HyperFlexの実力(2):

ハイパーコンバージドインフラでは、運用の簡素化および負荷軽減が重要なテーマだ。だが、製品によってその中身には大きな違いが見られる。Cisco HyperFlexでは、運用負荷がどのように、どれだけ軽減できるのだろうか。

(2016年8月22日)
Cisco HyperFlexの実力(1):

ハイパーコンバージドインフラ製品はなぜ注目されているのか、そして、仮想化環境の導入作業における、「第一世代製品」と「第二世代製品」の違いを、具体的に説明する。

(2016年8月22日)
データセンター可視化、新技術の実力(1):

「Cisco Tetration Analytics」は、「目からウロコ」のIT運用支援ツールだ。データセンター内で発生している事象を丸ごとデータとして捕捉、これをデータとして蓄積し、グラフィカルに探索できることで、「証拠」、あるいは正確な事実に基づく運用が実現できる。

(2016年8月9日)
データセンター可視化、新技術の実力(2):

画期的な技術に基づくデータセンター可視化製品、「Cisco Tetration Analytics」が金融業界で大きな注目を集めているという。その理由は、性能管理とセキュリティコンプライアンス維持に関わる負荷の大きい作業を、完全に自動化できることにある。

(2016年8月9日)
HCIはもっともっと普及する:

機動的なITインフラの実現を目的として、「ハイパーコンバージドインフラ」製品の導入を考える企業は明らかに増えてきた。だが、真剣に検討したものの、導入にまで至らないケースも多い。理由は既存のハイパーコンバージドインフラ製品が、ユーザー企業の求めるものに対してミスマッチになっていることにある。

(2016年4月21日)

中堅・中小企業がCisco UCSを採用する例が急速に増えてきた。その背景には、中堅・中小企業向けにシステムサイズをチューニングし、価格を最適化した新製品「Cisco UCS Mini」の存在がある。UCS Miniはなぜ人気が高まっているのだろうか?

(2015年11月24日)
Cisco ACI×Microsoft/Red Hat/VMware前編:

「Cisco ACI」でシスコが実現しようとしているのは、ネットワーク、そしてITのサービス化だ。シスコが9月8日に東京都内で開催した 「Microsoft/Red Hat/VMware クラウド基盤の最前線とCisco ACIご紹介セミナー」における、シスコとマイクロソフトの講演を、要約してお伝えする。

(2015年11月30日)
Cisco ACI×Microsoft/Red Hat/VMware後編:

 仮想化/クラウド基盤の運用で大きな課題となりやすいのは、ネットワークだ。Cisco ACIはネットワークセグメント分割から高度なネットワークセキュリティに至るまで、これをマルチベンダーで実現できる、稀有なツールだ。シスコが9月8日に東京都内で開催した 「Microsoft/Red Hat/VMware クラウド基盤の最前線とCisco ACIご紹介セミナー」における、レッドハットとヴイエムウェアのプラットフォーム戦略、およびCisco ACIと3社の仮想化/クラウド基盤の具体的な連携についての講演をレポートする。

(2015年11月30日)

多くの国内企業において、ビッグデータに関する認識は高まり、焦点は「具体的に何をどうするのか」に移ってきた。そうした時期にタイミング良く、CTCがCisco UCSを採用した「ビッグデータパッケージ」の提供を開始した。CTCは自社の検証施設で自らが体験してきたCisco UCSの使い勝手を生かし、ユーザー企業がデータ活用に専念できるような環境を提供しようとしている。

(2015年10月5日)
Cisco Smart Playの魅力がさらにアップ:

サーバーで「いいものを安く買える」プログラム、Cisco Smart Playが名前を変えて戻ってきた。新プログラム「Smart Play Select」は、特別価格キャンペーンとして、これ以上改善の余地はあるのか。

(2015年9月29日)

企業におけるIT運用の現場では、コスト削減とスピード感の向上へのプレッシャーが、急速に高まっている。対応のため、社内ITのパブリッククラウドサービスへの移行を進める企業も出てきたが、パブリッククラウドに移行するだけでは、より根本的な問題の解決につながらないことが多い。そうした企業がまず取り組むべきは、IT運用の自動化だ。

(2015年7月29日)
大きく進化した最新製品を割安で提供:

あの「Smart Play」が帰ってきた。シスコシステムズの先進的サーバ製品群「Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)」を、手の届きやすい価格で提供するプログラムだ。今回はラックマウントサーバに加え、ブレードサーバもこのプログラムの対象となっている。またNexusスイッチを割安で購入できるプログラムも別途用意されている。Windows 2003システムの移行を考えている読者などにとって、サーバだけ、あるいはネットワークとセットでハードウェアが交換できる、またとないチャンスである。

(2014年12月8日)

日立建機の開発・設計部門が、3D CAD業務でデスクトップ仮想化を大量導入した。これはおそらく、性能とコストを両立させるGPU仮想化機能を採用した、国内初の事例だ。

(2014年8月18日)
革新的なサーバーを採用:

150年の歴史を今に引き継ぐ瀧定大阪は、服地卸で圧倒的なシェアを握ってきた。その瀧定大阪が2010年、抜本的な経営変革に乗り出した。その一方で、ITシステムを目覚ましいスピードで整備。SAPに続いて、シスコのサーバー「Cisco Unified Computing System」を採用し、短期間でSAP HANAの導入を完了。情報を駆使した攻めの経営に転じている。

(2014年8月4日)

「クラウドみたいなサーバ」とは何か

ソフトウェア開発者が、運用担当者によるサーバの準備は遅いと不満を抱くのも無理はない。だが、仮想化環境だからといって即座に提供できるわけではない。問題は運用側が「クラウドみたいなサーバ」を使っていないことにある。
サーバーを超えたサーバー:

迅速な事業展開には、インフラ調達やアプリケーションデリバリに時間はかけられない。「ビジネスインフラ」としての製品機能をそろえつつあるCisco UCSの秘密を探る。

(2014年06月24日)

「サーバ機なんてどれも同じ」と考えるソフトウェア開発担当者が増えている。たしかに、サーバの基本的な機能はどれも同じだ。だが、開発者にとってどれだけ面倒がないかという視点で見ると、「どれも同じ」ではないことが分かってくる。

(2013年10月21日)

良くても高ければ意味が無い

低TCOで大注目の新世代サーバ:

シスコのサーバ、「Unified Computing System」は、サーバの常識を覆す革新的な仕組みがTCO低減に直結することから、大きな注目を集めてきた。しかし同社は、より多くの組織にUCSの良さを実感してもらうため、「SmartPlay」というキャンペーンを展開。思い切った価格で入手できるチャンスがきた

(2013年5月13日)

ネットサービス/クラウドサービスの運用負荷軽減

ネットサービスやクラウドサービスに求められるのは1にスピード、2にスピードだ。その基盤はサービスを安定的に提供できるものでなければならない。一方で、ダイナミックに変化するニーズへの即応も不可欠だ。
Cisco Live! 2014:

米シスコシステムズは、5月第4週にサンフランシスコで開催したイベント「Cisco Live! 2014」で、同社のSDN、クラウド、Internet of Everything(IoE)、セキュリティに関する戦略を説明した。同社の戦略の核心は、これらすべてが緊密に絡み合う部分にある。

(2014年5月26日)
「Cisco Data Center Forum 2014」リポート:

シスコがSoftware-Defined Networking(SDN)ではなく、Application Centric Infrastructure(ACI)によるデータセンター改革に取り組む理由と、サイバーエージェントがACIを採用した理由とは何か?

(2014年4月28日)

NECネッツエスアイは、Cisco UCS Bシリーズとプロビジョニング自動化ツールのCisco UCS Directorを用い、同社のクラウドサービスの共通基盤を構築した。これにより、同社のクラウドサービスの運用を変えようとしている。

(2014年4月3日)
Ciscoが考えるSDN戦略とは:

Ciscoは、先日発表した「Application Centric Infrastructure」(ACI)により、次代のユニファイドデータセンターを定義すると意気込む。パートナー企業も巻き込んだ、その野心的なデータセンター戦略を読み解く。

(2014年1月27日)
Cisco Nexusスイッチ製品群の今日と明日:

シスコシステムズのデータセンタースイッチ、「Cisco Nexus」。世界中のデータセンター/クラウドサービス事業者や企業で使われている。データセンタースイッチとして、これだけの存在感を持つにいたったのは、顧客がデータセンター運用で抱える現実の問題を、次々に解決してきたからだ。

(2013年7月11日)
1000台以上のスイッチを100台に:

世界市場を相手に事業を拡大する、インターネット総合サービスを提供している楽天。同社はシスコのネットワークファブリック技術「FabricPath」を日本で初めて本格採用。新しいデータセンターの基盤とすることで、ITインフラを機動的なビジネス展開のためのエンジンに変身させようとしている。

(2013年6月26日)
ITインフラ運用担当者が語る選定と運用の経緯

伝説のオンラインRPGアクションゲームが新バージョンで復活した。登録IDは約3カ月の間に100万を突破したという。これを支える基盤として、セガが選択したサーバとは。(TechTarget)

(2013年2月7日)
エネルギアコミュニケーションズ

従来のサーバ機とはまったく異なる発想に基づいて設計されたシスコシステムズの「Unified Computing System(UCS)」。その「まったく異なる発想」は、トータルコストと運用負荷の大幅な削減と、ITインフラ運用の柔軟性やスピードという形で、直接的なメリットをもたらす。クラウドサービスのためにUCSを採用したエネルギアコミュニケーションズが、これを証言する。

(2012年7月30日)
シスコシステムズ合同会社

本社移転に伴い、ネットワーク基盤を再構築したスクウェア・エニックス。「ディストリビューションレベルで100Gbpsを実現可能」という、新ネットワーク基盤に選ばれたソリューションとは?(TechTarget)

(2013年7月11日)
シスコシステムズ合同会社

データセンター事業を手掛けているイーツは、より高いパフォーマンスと運用負荷の低減を実現するサーバ製品を探していた。ネットワーク製品との親和性を重視した同社が選んだソリューションとは?(TechTarget)

(2012年4月18日)
シスコシステムズ合同会社

ITソリューション「bit-drive」を展開するソニービジネスソリューションは、クラウドサービスのシステム刷新を検討。フラットでシンプルな構成とスケールアウト型のシステムを目指した同社が選んだソリューションとは?(TechTarget)

(2012年4月18日)

データ活用によるビジネス変革

高速なデータ処理が要求される場面で考えるべきは、アプリケーションだけではない。インフラがついてこられなければ、ソフトウェアの力を十分に生かすことができない。
見落としがちなROIとパフォーマンスのポイント

「VDI(仮想デスクトップ)導入ではROIとパフォーマンスが大事」。その通りだ。だが、この説明だけではカバーできない、もっと重要なことがある。

(2014年2月27日)
シスコのUCSができること:

設計・製造の現場において、デスクトップ仮想化(VDI)がもたらすメリットは大きい。サーバ向けGPUカード、およびデスクトップ仮想化ソフトウェアの最新機能を活用することで、3D CADのような高いグラフィック性能を求めるアプリケーションでも、デスクトップ仮想化の対象にできるようになってきた。これは大きな進化だ。

(2013年12月9日)
大量データの高速処理でビジネスを支援

データ分析で次の売れ筋を探す小売業の課題は、大量データの高速処理と、データを活用するための業務プロセス改革だ。この課題を解決するためのソリューションが登場している。その詳細とは。(TechTarget)

(2013年1月22日)
インメモリDBを動かすためのシステムインフラ設計

インメモリ技術の全面採用で高速データ処理を可能にするSAP HANA。その先進性はシステムインフラにおいてもふさわしい性能を要求する。システムインフラを設計するに当たり、見逃すことのできないポイントを解説する。(TechTarget)

(2012年10月15日)

企業・組織のITインフラ改革

一般企業、政府・地方自治体、各種公共機関、いずれの場合でも、IT活用を進めながらコスト効率を向上するためには、インフラとアプリケーションを切り離し、インフラはTCOを最優先で考える必要がある。

病院情報システムでは、部門システムの調達が、ソフトウェアとハードウェアの一括購入という形で行われてきた。これがITコストの大幅な過剰につながっている。学校法人 関西医科大学は附属3病院を有するが、その中核となる関西医科大学附属枚方病院で進められているのは、仮想化技術によってソフトウェアとハードウェアの分離を行い、このような現状から脱却することだ。

(2013年10月16日)
東洋大学導入事例

125年の歴史を誇る東洋大学。今年の箱根駅伝で優勝した記憶も新しい国内有数の私大だ。同校では、近年学内事務システムを一新するプロジェクトが動いていた。その背景には、10年前に導入した大学向け統合パッケージによるベンダロックインからの脱却があった。従って、刷新の際にはベンダロックインを避けるためにマルチベンダ方式を採用。各種アプリケーションを支えるインフラ部分としては、シスコシステムズの「Unified Computing System(UCS)」を採用したと言う。その背景を担当者に聞いた。

(2012年10月1日)
UCSは結局、何が先駆的だったのか――

「サーバ機はもはやコモディティ(日用品のようなもの)。製品間に大きな違いはない」。既存サーバメーカーにはなかった発想で、そういうイメージを打ち砕いたのが、シスコシステムズによって2009年に発表されたサーバ、「Unified Computing System(UCS)」だ。そのコンセプトが正しかったことは、この製品の市場シェアが物語っている。ここでは、UCSがどう画期的だったのかを、改めて振り返りたい。

(2012年4月18日)
仮想化に最適なサーバ「Cisco UCS」はVDIでも活躍

デスクトップ仮想化(VDI)のメリットは広く認知されつつあるが、一方でコストと処理速度の問題がネックとなり、導入に二の足を踏む企業が少なくない。しかし、これらの懸念を払拭するソリューションが登場した。(TechTarget)

(2012年8月8日)
シスコシステムズ合同会社

迅速なプロビジョニングとサービスの立ち上げ、グリーンオペレーションやディザスタリカバリの提供が求められる現在のデータセンター。総所有コスト(TCO)最大50%削減を実現したというデータセンター特化型スイッチの詳細を見ていこう。(TechTarget)

(2013年6月26日)

事業継続/災害対策

事業継続性の観点からデータセンターを複数拠点に分散するケースが増えている。本番/予備のデータセンター構成は、さらに進化することができる。

2011年3月の震災以来、関東に集中していたデータセンターを別の地域に移して分散させるなど、データセンターの移設案件が増えている。その際、リソースを有効活用し、新規投資が数年後に無駄にならないものにしたい。解決策として、ロケーションの異なるデータセンターをつなぎ、文字どおり1つの巨大なデータセンターとして運用するというコンセプトが、数年前から語られていた。当初は絵空事だったこの分散仮想データセンターは、実現可能な技術が出そろい、具体的な実証の段階に入っている。伊藤忠テクノソリューションズは、システムインテグレータという立場を生かし、分散仮想データセンターの構築に現時点で使える各社製品を組み合わせて検証し、顧客にも紹介し始めている。では、この検証ではどのような製品を、どう組み合わせているのだろうか。

(2012年8月20日)
シスコシステムズ合同会社

仮想マシンのデータセンター間移動などのために、データセンターの相互接続は不可欠だ。既存の相互接続技術の課題を解決する最新技術、「OTV」「LISP」を徹底解説する。(TechTarget)

(2012年8月20日)
シスコシステムズ合同会社

『グランツーリスモ』シリーズの企画・開発で有名なポリフォニー・デジタル。事業継続性を高めるために開発スタジオの2拠点化プロジェクトにおいて、サーバ環境を刷新。仮想マシンの構築・管理、遠隔地のリモート管理など、大幅な負担削減を実現した理由を探る。(TechTarget)

(2012年7月30日)

提供:シスコシステムズ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

Copyright© 2019 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インテル® Xeon® プロセッサー搭載  Cisco UCS

Intel Inside® パワフルなデータセンターを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Intel Inside、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

お問い合わせ先

シスコシステムズ合同会社
シスコ コンタクトセンター
TEL:0120-092-255(フリーコール:携帯含む)
※電話受付時間:
平日 10:00 〜 12:00
   13:00 〜 17:00

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。