検索
連載
Tech TIPS:

【Windows 10】不要なユーザープロファイル削除でディスク容量を節約

Windows 10にサインインすると、ユーザーごとの設定やドキュメントフォルダ、レジストリ情報などが「ユーザープロファイル」に格納される。ユーザープロファイルは、ユーザーが最初にサインインしたときに作成されるが、自動的に削除されることはない。不要なプロファイルを削除すれば、ディスクの空き領域を増やすことができる。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 Windows 10にサインインすると、アカウントごとに「ユーザープロファイル」という情報が作成される。この中には、ユーザーの[ドキュメント][ピクチャ][ミュージック]フォルダの他、デスクトップや個人設定、レジストリの設定、ユーザーごとのアプリケーションデータなどが保存される。Windows 10を長く使っていると、このユーザープロファイルのサイズが数G〜数十GBにもなる。

 ユーザープロファイルは、Windows 10にサインインするアカウントごとに作成され、複数のユーザー間で共有されることはない。そのため、1台のPCを複数のユーザーで利用していたり、誰かが使っていたPCを譲り受けてそのまま使っていたりすると、ユーザープロファイルがシステム中に複数残ったままになる。こうした不要なユーザープロファイルは、ディスク領域を圧迫する原因となる。

 そこで、本TIPSでは、Windows 10で不要なユーザープロファイルを安全に削除する方法を紹介する。なお、Windows 7/8.1でもユーザープロファイルの削除方法は同様なので参考になるだろう。

Windows 10のユーザープロファイルとは

 ユーザープロファイルの削除には幾つか注意点があるので、まずはWindows 10のユーザープロファイルについて簡単に説明しよう。

 ユーザープロファイルは、デフォルトでは[C:\Users]以下のサブフォルダに保存されている。このフォルダをエクスプローラーなどで削除すればよいと思うかもしれない。しかし、ユーザープロファイルには、レジストリ設定なども含まれており、システムの整合性がとれなくなるため、単純に削除してしまうのは危険だ。プロファイルの削除は、必ずユーザープロファイルの管理画面から行うようにしよう。

 システムに保存されているユーザープロファイルの例を次に示しておく。

ユーザープロファイルの例
ユーザープロファイルの例
Windows 10のユーザープロファイルの例。使っていないアカウントのプロファイルが無駄にディスク領域を占有している。画面の「testuser」はテスト用に作成したばかりのアカウントだが、それでも271MBも消費している。実際に利用しているアカウントの場合、さらにユーザープロファイルの容量が増えることになる。

 「名前」欄に表示されているのが、このシステムにサインインしたことのあるユーザーアカウント名だ。「サイズ」欄に表示されているのが、そのユーザーアカウントで使用しているディスク領域のサイズ(ユーザーフォルダのディスク上での占有サイズ)である。ユーザープロファイルを削除すると、この分のディスク領域を解放して、空き領域に変換できる可能性がある(種々の理由により、この値と実際の使用領域が異なることがある)。

 「変更日」には、そのユーザープロファイルが最後に使われた日付が表示されている。この日付が非常に古く、今後もサインインする予定がないアカウントならば、そのユーザープロファイルを削除するとよい。

 名前が「既定のプロファイル」となっている項目があるが、これはデフォルトのプロファイル(テンプレート)を表している。最初にサインインした時にこの内容がコピーされ、ユーザープロファイルの初期状態として利用される。実際のフォルダ名で言うと、[C:\Users\Default]フォルダ以下に相当する。これは削除できない。

ユーザープロファイルの実体
ユーザープロファイルの実体
ユーザープロファイルは、[C:\Users]フォルダの下にユーザーごとに作成される。そのフォルダ名は、末尾に「.<ドメイン名>」が付いたり、Microsoftアカウント名を大幅に省略した名称になったりする場合もあり、必ずしもユーザー名とは限らない。

 なお、いったんユーザーアカウントを削除すると、同じ名前でアカウントを新規作成しても、以前とは別のアカウントとして扱われ、以前のユーザープロファイル(の場所)が再利用されることはない。そのためアカウントを削除した場合は、関連するプロファイルも同時に削除しておこう。

ユーザープロファイル情報の表示と削除

 システムに保存されているユーザープロファイル情報を表示させるには、エクスプローラーで「PC」を選んで右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択する。

 すると[システム]画面が表示されるので、左側のメニューから[システムの詳細設定]をクリックする(「Windows 10でコントロールパネルの[システム]や[システムのプロパティ]を素早く開く方法」も参照)。

ユーザープロファイル情報の表示と削除(1)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(1)
エクスプローラーを起動し、[PC]アイコンを右クリックする。表示されたメニューの[プロパティ]を選択すると、[コントロールパネル]−[システム]画面が開く。
ユーザープロファイル情報の表示と削除(2)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(2)
[コントロールパネル]−[システム]画面の左側メニューで[システムの詳細設定]をクリックする。
ユーザープロファイル情報の表示と削除(3)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(3)
[システムのプロパティ]画面が表示されるので、[詳細設定]タブにある[ユーザープロファイル]の[設定]ボタンをクリックする。
ユーザープロファイル情報の表示と削除(4)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(4)
[ユーザープロファイル]ダイアログが開くので、「このコンピューターに格納されている……」内にある削除したいアカウント名を選択する。[削除]ボタンが押せるようになるので、これをクリックする。[削除の確認]ダイアログが開くので、[はい]ボタンをクリックすると、ユーザープロファイルが削除できる。
ユーザープロファイル情報の表示と削除(5)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(5)
一覧から削除したアカウント名が消えている。
ユーザープロファイル情報の表示と削除(6)
ユーザープロファイル情報の表示と削除(6)
[C:\Users]フォルダの下にあった、ユーザープロファイルが保存されていたフォルダも削除されている。

 これで[ユーザープロファイル]画面が表示される。ユーザープロファイルを削除するには、削除したい項目を選んで[削除]をクリックすればよい。これでユーザープロファイルが削除できる。ただし、アカウントは削除されないので、再びこのアカウントでサインインすれば、新規のユーザープロファイルが作成され、このアカウントを使うことができる。アカウント情報を残したい場合は、この方法を利用するとよい。

 ただ、Windows 10にサインインしているユーザーや自分自身(現在サインインしているアカウント)のプロファイル、「既定のプロファイル」などは削除できない([削除]ボタンがグレーアウト表示になる)。もし自分自身を削除したいなら、他の管理者アカウントでサインインしてから、該当するプロファイルを削除する。何らかの管理者アカウントを一時的に作成してもよいし、既存のAdministratorアカウントを有効化してパスワードを設定してから利用してもよい。

Windows 10にサインインしているユーザーの場合
Windows 10にサインインしているユーザーの場合
Windows 10にサインインしている状態では、アカウント名を選択しても、[削除]ボタンがグレーアウトしていて押すことができない。削除する場合は、サインアウトする必要がある。

 名前が「不明なアカウント」となっている項目が表示されることもあるが、これはプロファイルフォルダが存在するものの、その基となったアカウント情報が削除されていたり、ドメインコントローラーと通信できないなどの理由によってアカウント情報にアクセスできなかったりする場合に表示される。このアカウントで再サインインする予定がないならプロファイルを削除してもよいだろう。

アカウントとユーザープロファイルを同時に削除する

 アカウントを削除しても、該当するユーザープロファイルが削除されず残ったままになったり、逆にユーザープロファイルを削除してもアカウントが残ったままになったりするのは面倒なので、同時に削除したいということもあるだろう。Windows 10ならば、ローカルアカウントの削除と同時に、ユーザープロファイルもまとめて同時に削除できる。

[Windowsの設定]アプリで同時削除する方法

 Windows 10で[スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]アプリを起動する([Windows]+[I]キーでも起動可能)。[Windowsの設定]アプリが起動したら、[アカウント]をクリックし、[アカウント]画面の左ペインで[家族とその他のユーザー]を選択する。システムに登録されているローカルアカウントの一覧が右ペインに表示されるはずだ。

 ここで不要なアカウントを選んで、[削除]ボタンをクリックする。すると確認画面が表示されるので、[アカウントとデータの削除]ボタンをクリックする。これでローカルのアカウントと(もしあれば)そのアカウントで使用しているユーザープロファイルも同時に削除される。

[Windowsの設定]アプリで同時削除する(1)
[Windowsの設定]アプリで同時削除する(1)
[スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]アプリを起動する。この画面で、[アカウント]をクリックして、[アカウント]画面を開く。
[Windowsの設定]アプリで同時削除する(2)
[Windowsの設定]アプリで同時削除する(2)
[アカウント]画面が開いたら、左ペインで[家族とその他のユーザー]を選択する。右ペインの「他のユーザー」にアカウントの一覧が表示されるので、削除したいアカウント名を選択する。アカウント名の下に[削除]ボタンが表示されるので、これをクリックする。
[Windowsの設定]アプリで同時削除する(3)
[Windowsの設定]アプリで同時削除する(3)
「アカウントとデータを削除しますか?」の警告ダイアログが表示されるので、[アカウントとデータの削除]ボタンをクリックする。これでアカウントとユーザープロファイルが同時に削除される。

 ただしドメインのアカウントは、この方法では削除できない。ドメインアカウントの場合は、Active Directoryの管理ツールでドメインアカウントを削除し、さらに最初に述べた方法でローカルのプロファイルを削除する必要がある。ドメインアカウントを削除したい場合は、管理者に相談するのがよいだろう。

[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する方法

 アカウントとユーザープロファイルは、[コントロールパネル]−[ユーザーアカウント]で同時削除することも可能だ。

 まずは「Windows 10で素早くコントロールパネルを開く方法」を参考にコントロールパネルを開く。次に[ユーザーアカウント]を開き、「別のアカウントの管理」をクリックする。[変更するユーザーを選んでください]画面が表示されたら、削除したいアカウントをクリックする。[<アカウント名>のアカウントの変更]画面に切り替わったら、左メニューで[アカウントの削除]をクリックすればよい。

 [<アカウント名>のファイルを保持しますか?]画面が表示されたら、[ファイルの削除]ボタンを押し、次の画面で[アカウントの削除]ボタンを押すと、アカウントとユーザープロファイルが同時に削除される。この場合もドメインのアカウントは削除できないので注意したい。

[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(1)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(1)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]をクリックし、[ユーザーアカウント]画面を開く。「ユーザーアカウントの変更」にある[別のアカウントの管理]をクリックする。
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(2)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(2)
[変更するユーザーを選んでください]画面が表示されたら、削除したいアカウントをクリックする。
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(3)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(3)
<アカウント名>のアカウントの変更]画面に切り替わったら、左メニューで[アカウントの削除]をクリックする。
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(4)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(4)
<アカウント名>のファイルを保持しますか?]画面が表示されたら、[ファイルの削除]ボタンをクリックする。
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(5)
[コントロールパネル]の[ユーザーアカウント]で同時削除する(5)
<アカウント名>のアカウントを削除しますか?]画面に切り替わったら、[アカウントの削除]ボタンを押す。これで、アカウントとユーザープロファイルが同時に削除される。

■更新履歴

【2019/05/07】Windows 10を対象OSとして、書き直しました。

【2015/10/16】Windows 7/Windows Server 2008 R2以降のOSを対象として、全面的に書き直しました。

【2004/02/07】初版公開(対象OSはWindows 2000/Windows XP/Windows Server 2003)。


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る