検索
連載
基礎から学ぶWindowsネットワーク:

第17回 LLCとNetBEUIプロトコル (1/3)

NetBEUIとLLCは初期のWinネットワークを支えた核心プロトコルだ。これらの知識は現在のWinネットワークの理解にも欠かせない。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 
Windows Server Insider

 

「連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 」のインデックス

連載目次


 前回まではNetBIOSのサービスの概要とTCP/IPプロトコルの詳細について解説してきた。今回からは、いよいよWindowsネットワーク・プロトコルの核心であるNetBIOSや、ファイル共有サービスのためのSMBプロトコルなどについて見ていくことにする。今回は、一番基本的なプロトコルであるNetBEUIプロトコルと、それに関連するLLCプロトコルについて解説する。

 Windowsネットワークにおける基本は「NetBIOS」というAPIであることはすでに何度も述べた。NetBIOSはプログラミングのためのインターフェイス(サービス)であり、実際にはNetBEUIやTCP/IPといったプロトコルの上に構築されている。このため、ネットワークのパケットを調べてみると、次の図のような構造になっていることが分かる。図の中にある「NetBIOSデータ」となっている部分がファイル共有のためのプロトコル(SMBプロトコル)やユーザー・データであり、これは下位プロトコルによらず(ほぼ)同じ内容となっている。今回はこのうち、1のNetBEUIプロトコルの構造についてみてみよう。同時に、NetBEUIとともに使われるLLCについても解説しておく。


Windowsネットワークにおけるパケットの構造


       | 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る