検索
連載
Tech TIPS:

一目で分かる、Internet Explorer(IE)のサポート終了時期

Windows OSに標準装備されているInternet Explorer(IE)。Windows OSごとにIEの各バージョンの終了時期を整理して、分かりやすく図示してみた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウエア:Windows 2000/Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10、Windows Server 2003/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016/Windows Server 2019、IE7/IE8/IE9/IE10/IE11


Internet Explorer(IE)では動作しないWebアプリと、IE11のバージョン情報。

Internet Explorer(IE)にもサポート期限!? それはいつ?

 Windows PCには、いずれかのバージョンのInternet Explorer(IE)が必ずインストールされている。Windows ServerでもIEがインストールできる。そして、ユーザーが直接使うWebブラウザに限らず、さまざまなアプリケーションがHTMLファイルなどを表示する際のコンポーネントとしても、IEはよく利用されている。

 そのIEにも「サポート期限」があることをご存じだろうか? 2020年1月14日のサポート終了をめぐって大きな話題になっているWindows 7と同様、IEもMicrosoftによる延長サポートが終了すると、セキュリティパッチ(セキュリティ対策の更新プログラム)の無償提供が停止される。それ以後に発覚した脆弱(ぜいじゃく)性は修正されず、セキュリティ面でひどく脆くなってしまう。

 従って、サポートが終了するまでにIE(場合によってはOS本体)を上位のバージョンにアップグレードする必要がある。それには、IEのサポート終了時期を把握しておかなければならない。

 そこで本稿では、Windows OSごとにIEの各バージョンの延長サポート終了時期(以下、単に「サポート終了時期」とする)を、一目で分かるように図で表してみた。Windowsシステムのライフサイクル管理に役立てていただきたい。

クライアントWindows OSのIEサポート終了時期

クライアントWindows OSのIEサポート終了時期は次の通り: Windows 2000 Professional+IE5/IE5.5/IE6: サポート終了。Windows XP+IE6/IE7/IE8: サポート終了。Windows Vista+IE7/IE8/IE9: サポート終了。Windows 7+IE8/IE9/IE10: サポート終了。Windows 7+IE11: 2020年1月14日。Windows 8+IE10: サポート終了。Windows 8.1+IE11: 2023年1月10日。Windows 10(LTSB/LTSC以外)+IE11: 2025年10月14日。Windows 10 Enterprise 2015 LTSB+IE11: 2025年10月14日。Windows 10 Enterprise 2016 LTSB+IE11: 2026年10月14日。Windows 10 Enterprise 2019 LTSB+IE11: 2029年1月9日。

OS IE サポート終了日(日本時間)
Windows 2000 Professional IE5/IE5.5/IE6 サポート終了
Windows XP IE6/IE7/IE8 サポート終了
Windows Vista IE7/IE8/IE9 サポート終了
Windows 7 IE8/IE9/IE10 サポート終了
Windows 7 IIE11 2020年1月14日
Windows 8 IE10 サポート終了
Windows 8.1 IE11 2023年1月10日
Windows 10(LTSB/LTSC以外) IE11 2025年10月14日
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB IE11 2025年10月14日
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB IE11 2026年10月13日
Windows 10 Enterprise 2019 LTSC IE11 2029年1月9日

Windows ServerのIEサポート終了時期

Windows ServerのIEサポート終了時期は次の通り: Windows 2000 Server+IE5/IE5.5/IE6: サポート終了。Windows Server 2003+IE6/IE7/IE8: サポート終了。Windows Server 2008+IE7/IE8: サポート終了。Windows Server 2008+IE9: 2020年1月15日。Windows Server 2008 R2+IE8/IE9/IE10: サポート終了。Windows Server 2008 R2+IE11: 2020年1月15日。Windows Server 2012+IE10: 2020年1月31日。Windows Server 2012+IE11: 2023年10月10日。Windows Server 2012 R2+IE11: 2023年10月10日。Windows Server 2016+IE11: 2027年1月12日。Windows Server 2019+IE11: 2029年1月9日。

OS IE サポート終了日(日本時間)
Windows 2000 Server IE5/IE5.5/IE6 サポート終了
Windows Server 2003 IE6/IE7/IE8 サポート終了
Windows Server 2008 IE7/IE8 サポート終了
Windows Server 2008 IE9 2020年1月14日
Windows Server 2008 R2 IE8/IE9/IE10 サポート終了
Windows Server 2008 R2 IE11 2020年1月14日
Windows Server 2012 IE10 2020年1月31日
Windows Server 2012 IE10 2023年10月10日
Windows Server 2012 R2 IE11 2023年10月10日
Windows Server 2016 IE11 2027年1月12日
Windows Server 2019 IE11 2029年1月9日

 IEのサポート終了時期について特に注意すべき点を以下に記す。

IE11より前のバージョンは(一部を除いて)既にサポート終了

 IE11より前のバージョン、すなわちIE10やIE9、IE8、IE7などは、原則として2016年1月にサポートが終了した。例外は次の2つのOSに限られる。

  • Windows Server 2008: IE9が2020年1月までサポートされる
  • Windows Server 2012: IE10が2020年1月までサポートされる*1

 これらはサーバOSであり、エンドユーザーが直接利用するプラットフォームではない。このため、インターネット上のコンテンツ閲覧に用いられているIEのうち、今でもサポートされているのは事実上IE11だけといえる(2020年2月以降は名目上でもIE11だけになる)。

*1 以前、Windows Server 2012ではプレインストールのIE10のみ利用可能で、2023年10月までサポート予定だった。しかしIE11がWindows Updateなどでインストールできるようになった一方で、IE10のサポート終了は前倒しになった。


IEを最新版にしていればOSと同じ期限までサポートされる

 上図で説明したIEのサポート終了時期は、実は対象のWindows OS本体のサポート期限と同じである。つまり、Windows OSのサポート終了日まで、その上で稼働するIEもサポートされるということだ。

 ただし前提条件として、IEは「最新版」にしておく必要がある。具体的には、まずIEそのものを可能なかぎり最上位バージョンにアップグレードする必要がある。前述の通り、ほとんどはIE11のはずだ。

 さらに、最新のセキュリティパッチをIEに適用し続ける必要もある。

Windows 10の場合はOS自身のサポート終了時期に要注意

 Windows 10でも、IEのサポート終了時期はOS本体と同じだ。ただし、Windows 10のサポート終了時期は、「1511」「1903」あるいは「November Update」「May 2019 Update」などと呼ばれている「バージョン」や、「LTSB」「LTSC」と呼ばれる長期サービス対応かどうかによって大きく異なる。

 「LTSB」「LTSC」ではないWindows 10の場合、半年ごとに新しいバージョンが提供される。そのバージョンアップ(アップグレード)を怠ると、上図より前にサポートが終わってしまうことがある。詳細は次の関連記事を参照していただきたい。

IE11の「エンタープライズモード」もOSと同じ期限までサポートされる

 IE11には、IE8との互換性を維持するために「エンタープライズモード」という機能が用意されている。この機能の詳細は、「IE8との互換性を向上させるIE11のエンタープライズモード」を参照していただきたい。

 これもIE11と同じく、OSのサポート終了時期までサポートされる。つまりエンタープライズモードが使えるなら、サポート終了後も解消できない脆弱性を抱えたまま古いIE8などを運用し続ける、といった苦労は不要ということだ。

サポート期間内だからといって使い続けられるとは限らない!?

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る