検索
連載
働く価値を上げる“VBA/GAS術”(6):

楽をして早く帰ろう! GASで面倒くさい請求書、見積書などを自動化する方法とは (2/3)

見積書、請求書、経費精算所など頻繁に発生する書類作成。プログラミングで資料作成を自動化することで、人為的なミスを低減し、時間に余裕ができるかもしれません。今回は、GASで書類を作成する方法を紹介します。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

領収書作成スクリプト

 この2つのスプレッドシートを準備した上で、参加者ごとに領収書を作成するスクリプトを下記のように作成しました。これは、「領収書リスト」のコンテナバインドスクリプトとして作成してください。

function createReceipt() {
  var template = SpreadsheetApp.openById('-----スプレッドシートID-----');
  var sheet1 = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  
  for(var i = 2; i <= 4; i++) {
    
    //データの作成
    var name = sheet1.getRange(i, 1).getValue() + ' '
      + sheet1.getRange(i, 2).getValue(); //姓 名
    var description = "但 " + sheet1.getRange(i, 3).getValues() 
      + " として上記領収いたしました。"; //品目
    var amount = sheet1.getRange(i, 4).getValue(); //金額
    
    //ひな型をコピー
    var ssName = '領収書(' + name + ')';
    var sheet = template.copy(ssName).getSheetByName('領収書');
    
    //データを転記
    sheet.getRange('A4').setValue(name + ' 様');    
    sheet.getRange('B9').setValue(description);
    sheet.getRange('C7').setValue(amount);
  }
}

 関数「createReceipt」を実行すると、Googleドライブのマイフォルダの中に、3人分のスプレッドシートが作成されます(図3)。


図3 GASで作成したスプレッドシート

 スプレッドシートの1つを開いてみると、「領収書リスト」から必要事項が転記されていることを確認できます(図4)。


図4 作成した領収書のスプレッドシート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る