検索
連載

次期Windows 10最新動向:リリース秒読みの「19H1」はこう変わるWindows 10 The Latest(1/2 ページ)

間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。それに実装される新機能をまとめてみた。また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Windows 10 The Latest」のインデックス

連載目次

19H1の大きな機能追加は3つ

 現在プレビューが行われている「19H1」は、2019年3月中に最終段階に入り、4月には配布が開始され、「Windows 10 バージョン1903」になる予定だ。この19H1では、すでに本連載で紹介したように大きな機能追加として、以下のようなものがある。その詳細についてはリンク先の解説記事を参照してほしい。

新機能 説明
Windows Sandbox ウィンドウの中で初期状態のWindows 10が動作し、システムに影響を与えることなくアプリケーションのテストなどが行える
WSL関連の改良および検索機能強化 Windows 10側からWSL側のファイルシステムへのアクセスが行えるようになる。Cortanaとサーチ機能が分離して機能が強化される
予約済み記憶域 ユーザーファイルなどに利用されない空き領域を確保して、小容量のPCでも機能アップデートを可能にする
19H1で追加される大きな機能

Windows 10バージョン1903の画面
Windows 10バージョン1903の画面
Windows 10バージョン1903では、Windows Sandboxなどの機能が追加される。

小さいけれど知っておくと便利な19H1の変更点

       | 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る