検索
連載
Windows 10 The Latest:

次期Windows 10最新動向:【大胆予想】春・秋 機能アップデートの位置付けが大変更!? (1/2)

これまで毎年4月にリリースされてきた春の機能アップデートが、2019年は延期されて5月末に提供される予定だ。こうした機能アップデートの評価期間や提供期間の変更の影には、春と秋の機能アップデート自体の位置付けの変更があるのではないだろうか?

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Windows 10 The Latest」のインデックス

連載目次

 「Windows 10」の次期機能アップデートの正式名称は、「Windows 10 May 2019 Update」となり、2019年5月末の配布が予定されている。候補となるビルドは18362で、すでに2回アップデートが配布されており、ビルド18362.53となっている。これは、Windows 10バージョン1903となる予定だ。従来なら、配布は4月となるところだが、今回から配布パターンが変更になった。

リリース直前の評価期間を長く

 2018年秋のWindows 10 October 2018 Update(バージョン1809)では、正式配布にもかかわらずファイルを失うという重大なエラーが発生し、その対策に追われた(Windows 10 The Latest「Windows 10 October 2018 Updateはなぜ一時配布停止となったのか」参照)。

 その反省のためか、Microsoftは、リリース前のWindows Insider ProgramやOEM、ISVの評価期間を長くする方向を打ち出した。具体的には、ビルドがRelease Preview Ringに公開されてから、配布開始までの時間を長くとるという。

 これまでは、完成ビルドがプレビューとして配布された翌月には一般配布を開始していた。例えば、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)では、2018年9月中に配布ビルドがプレビューに登場し、10月初旬に配布を開始しており、評価期間(最終プレビュー期間)は1週間程度だった。Fall Creators Update(バージョン1709)のときも1週間程度である。April 2018 Update(バージョン1803)のときは18日と長くなっているのは、正式公開前の段階でエラーが発見されたためである。

バージョン ビルド コード名 Fast Ring Slow Ring(最終) Release Preview(最終) 配布開始(SAC-T) 最終プレビュー期間
1709 16299 RS3 2017年10月2日 2017年10月4日 2017年10月10日 2017年10月17日 7日
1803 17134 RS4 2018年4月16日 2018年4月20日 2018年4月20日 2018年5月8日 18日
1809 17763 RS5 2018年9月18日 2018年9月20日 2018年10月2日 2018年10月9日 7日
1903 18362.3 19H1 2019年4月4日 2019年4月4日 2019年4月8日 2019年5月末(予定) 54日
Windows 10の各バージョンと評価期間の関係

 今回のビルド18362は、4月8日にRelease Preview Ringでのビルド18362.30として配布が開始された。翌9日には、アップデートであるビルド18362.53がRelease Preview Ringに登場している。一般向け配布開始が5月末となっていて、仮に5月31日だとすると、最大で54日間となり、約2カ月弱程度にまで伸びる。

HomeでもWindows Updateの適用延期が可能に

 同時にMay 2019 Update(バージョン1903)でWindows Updateの改良が予定されている。最大の改良点は、Homeを含む全てのエディションで最大35日間、機能アップデート、品質アップデートを「一時停止」できるようになる。

Windows 10 HomeでもWindows Updateの一時停止が可能に
Windows 10 HomeでもWindows Updateの一時停止が可能に
19H1からは、HomeでもWindows Updateの「一時停止」が可能になる。これにより最大35日、遅延できる。

 これまでHomeユーザーは、機能アップデートが配布されると、問答無用でアップデートが強いられていたが、今後はHomeであっても最大35日間の延期が可能になる。ただし、最大日数に達すると、一回アップデートを行わない限り、延期ができなくなる。これは、October 2018 Update(バージョン1809)までのPro以上のエディションが持っている「Windows Updateの一時停止」機能とほぼ同じだが、May 2019 Update(バージョン1903)では1〜35日の範囲で日数を選択できるようになった。

 また、「Download and install now(今すぐダウンロードしてインストール)」機能も提供され、ユーザーは、自分が望むタイミングでアップデートを開始できるようになる。なお、この「Download and install now」機能は、May 2019 Update(バージョン1903)だけでなく、April 2018 Update以降でも5月末には利用可能になる予定だという。

自動的にアクティブ時間が設定される機能が追加

 もう1つの機能としては、「アクティブ時間」を自動で設定する機能が搭載される。これは、これまでの利用履歴からユーザーがPCを使っている時間(アクティブ時間)を自動で設定するオプションだ。

アクティブ時間を利用履歴から自動調整
アクティブ時間を利用履歴から自動調整
従来手動で設定していたWindows Updateのアクティブ時間は、Windows 10が利用履歴などから自動的に設定できるようになった。

 Microsoftによれば、多くのユーザーは、アクティブ時間をデフォルト(午前8時から午後5時)にしたままだという。このため、Windows 10側でユーザーの利用パターンからアクティブ時間を推測し、自動的な再起動はその時間を避けるようになる、とのことだ。

 May 2019 Update(バージョン1903)のプレビュー版を見る限り、この動作がデフォルトになっているようだ。現在、何も設定していないユーザーでも、自分の利用パターンに応じて使っていない時間帯に再起動されるようになる。

20H1プレビューが早くも提供開始

 Windows Insider Programのプレビュー版には、Skip Aheadというリングがある。これは、現在のプレビュー版よりもさらに先の機能アップデートのプレビューだ。従来は、1つ次、例えばOctober 2018 Update(バージョン1809)のプレビュー時にはMay 2019 Update(バージョン1903)のプレビューがSkip Aheadで開始されていた。

 しかし、今回May 2019 Update(バージョン1903)のプレビュー中のSkip Aheadは、20H1であり、2つも先の機能アップデートとなる。また、本来ならすでに開始されているはずの19H2(Windows 10バージョン1909)のプレビューはまだ始まっていない。

 これは、Windows 10の機能アップデートの方式が変わるということを意味する。なぜなら、これまでのWindows 10のプレビュー版には約10カ月の評価期間があった。しかし、2019年秋に出荷予定の19H2(バージョン1909)のプレビューはまだ始まっていない。仮にMay 2019 Update(バージョン1903)の配布開始後に始まるとすると、その評価期間は、半年以下に短縮されてしまう。

機能アップデートのプレビュー期間とサポート期間
機能アップデートのプレビュー期間とサポート期間
20H1のプレビューが2019年2月に開始され、4月時点でも19H2のプレビューは開始されていない。これまで同等だった年2回のアップデートが、プレビュー期間の異なる2つのアップデートになった。これは、Windows 10の機能アップデートのやり方が変わったことを意味する。

プレビュー期間の短縮は春と秋の機能アップデートで機能差をつけるため?

 前述の通り、Microsoftは現行バージョンであるOctober 2018 Update(バージョン1809)の公開時に重大なトラブルを引き起こしたことを反省して、次のバージョンでRelease Preview Ringでの公開開始から配布開始までを延長した。それにもかかわらず、さらにその次のバージョンでプレビュー期間全体を短縮するのは、それなりの理由がなければならない。

 逆に、2020年春に配布開始予定の20H1は2019年2月にプレビューが開始されており、1年以上の評価期間がある。少し整理しよう。下表は、18H1〜20H1のプレビュー期間を示すものだ。すでに、19H1については2019年5月末のリリースであることが告知されており、さらに20H1のプレビューが開始されている。しかし、19H2については、19H1の後、春の終わり頃から開始とされており、19H1の公開後の5月末以降が想定される。

コード名 バージョン プレビュー開始 配布開始 プレビュー期間 備考
RS4 1803 2017年8月23日 2018年4月30日 8カ月 通常の長さ。Skip Aheadによる先行+6カ月
RS5 1809 2018年2月14日 2018年10月9日 8カ月 同上
19H1 1903 2018年7月1日 2019年5月末(告知済み) 10カ月 プレビュー期間を延長した
19H2 1909 2019年5月末(予測) 2019年11月(予測) 5カ月 通常の長さ以下
20H1 2003 2019年2月1日 2020年5月(予測) 15カ月 通常の2倍近い長さ
Windows 10バージョン1803〜2003のプレビュー期間の比較

 これまでは、年2回の機能アップデートはどちらも同等だったが、今後は、春のアップデートと秋のアップデートには、差がつけられる可能性が高い。評価期間を長くするのは、変更点が多く、ユーザーやサードパーティー側での検証、評価に時間をかける必要があるということだ。逆に、短縮するのは、変更点が少なく、評価などを短期間で済ませることが可能だとMicrosoftが考えているからだろう。

 ソフトウェアのバージョンアップを2段階に分けるやり方は、多くのオープンソースソフトウェアのプロジェクトなどではすでに行われている。仕様変更や機能追加のある「開発版」と、仕様を一定にした「安定版」を交互に別のバージョンとして出す方法などだ。実用などを重視するユーザーは、安定版を使い、開発目的や新機能が必要な場合には開発版を使う。開発版で大規模な変更を行っても、安定版の利用者には影響が出ず、バグフィックスも、安定版向け、開発版向けを同じものにする必要がないため、お互いの影響を抑えることもできる。

春のアップデートは大規模改修、秋は小規模な改良!?

 おそらく、このような感じで、春のバージョンアップは、内部的な大規模改修を含む大きな改良を中心とし、プレビュー期間を1年以上とすることで、十分な検証を行うようにするのではないか。秋のバージョンアップは、半年間の品質アップデートが行われた春のバージョンをベースに小規模な改良(独立した部分の差し替えなど)に留めることで、プレビュー期間を短縮するのであろう。あるいは、秋のバージョンに取り込まれる改良点の一部は、Windowsシステムとの依存関係が少なければ、先行して始まる来春バージョンのプレビューで先に行っておくこともできるだろう。

 さすがに毎年2回の改良では、開発チームも疲労したのか、あるいは、改良点に対して、検証や品質チェックの期間が短すぎたのか、Microsoftは、Windows 10の開発体制を変更し、大規模改良は一回のみとして、長い時間をかけることにしたのではないか。

 秋のバージョンアップが「安定版」になる半面、春のバージョンアップには、大規模改良の影響が出やすいともいえる。これまで問答無用でバージョンアップが行われてきたHomeでも、バージョンアップの延期が可能になるのは、このあたりを考慮して、ユーザーに「自衛」してもらうという部分もあるのではないかと思う。

秋のアップデートのサポート期間延長は「安定版」の証し!?

 こうした体制になるのは、Windows 10のサポート期間の変更とも関係する。Windows 10 The Latest「次期Windows 10最新動向:リリース秒読みの『19H1』はこう変わる」でお伝えしたように、Windows 10では、春の機能アップデートのサポート期間は従来通り18カ月であるのに対して、秋のアップデートに対しては、30カ月のサポート期間に変更した。

 サポート期間が延長されることにより、秋のバージョンは長期間利用されるようになる。その意味でも秋のバージョンは「安定版」である必要があるだろう。

廃止された従来の安定版「SAC」の代わりが秋のアップデート!?

 また、MicrosoftはSAC-TとSACを廃止するとしている。SACは、リリース後の機能アップデートに対して、何回かアップデートを行ったのち、Microsoftが十分安定したと判断したバージョンである。

 これは、もともと、新機能よりは安定性を重視する企業ユーザー向けに提供されていた「Windows Update for Business」に由来する。おそらく、秋の機能アップデートは、従来のSACに相当するバージョンなのだと考えることもできる。春の機能アップデートに対して、より安定性を高めたバージョンという扱いだ。

 October 2018 Update(バージョン1809)までは、通常のリリース(SAC-T)のあと、何回か品質アップデートを行ったのち、SACがリリースされている。May 2019 Update(バージョン1903)からは、SAC-T/SACという同一バージョンの中での区別がなくなる。このため、October 2018 Update(バージョン1809)に関しては、自動的に60日のバージョンアップ延期が行われるが、19H2以降は、ユーザーの判断に任された状態だった。

 しかし、秋のバージョンが「安定版」だとすれば、ユーザーは、Windows Updateで半年以上の延期を行えば、春のバージョンを飛ばして、秋の「安定」バージョンのみをインストールできるようになる。

 Microsoftによれば、「19H2は春後半(Later this spring)にプレビューを開始し、近い将来にそれがどのように見えるかについて語る」予定だという(Windows Insider program Blog「Releasing the May 2019 Update to the Release Preview ring」)。

 次ページでは、Windows Insider Previewですでにプレビュー版が配布されている、2020年春に提供される予定の機能アップデート「20H1」の現時点で分かっている機能変更について見ていくことにする。

       | 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る