検索
連載
新卒無職:

SNSアプリ制作→赤字、iOSアプリ制作で起業→もうからない――プロダクト開発に心血を注いだエンジニアの「うまくいかなかった」経験の評価 (2/3)

就職活動もアプリ作りもうまくいかず、それでも開発経験を買われてソーシャルゲーム開発会社に入社できた。自主制作アプリの事業化はうまくいかなかったが、今は名刺アプリ「Eight」iOS版のエンジニアリングマネジャー。人生はどこからでも軌道修正できるんだ。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

ゲーム開発のリーダー、そして実弟とアプリ制作ユニット立ち上げ

 KLabでは、いわゆる「版権もの」と呼ばれるソーシャルゲームの開発チームに参加し、途中から開発リーダーになった。チームをどう引っ張るか、負荷をどうさばくか、KPI(評価指標)をどう最大化するか、坂本さんはそれらの責任を引き受ける立場になった。

 当時の開発ターゲットは、PC上のブラウザとFlashだった。サーバサイドの開発環境はPHPだ。「週末に想定外のアクセスがあってサーバが止まり、泣きそうになりながらチューニングした」といった思い出が残っている。

 KLabでは3年間働いた。その後、徳島の実家に戻り、弟と2人でアプリ制作ユニット「Soragoto」を立ち上げた。「中学生時代に2人でやっていたWebサイトの延長で、サービスを作ってみよう。受託開発はせず、自分たちのサービスでどれだけできるかやってみよう」と考えた。

 「ひたすら部屋にひきこもって開発しました。実家に戻ったのはランニングコストを極限まで下げるためです」と坂本さんは当時のことを話す。

 最初に作ったのは写真の管理アプリだ。当時の写真管理アプリは海外製が多かった。そこに、かわいいデザインの「テーマ」を選べるようにし、ユーザーを集める。そのアプリへのアクセスを別のアプリに流入させていく作戦だった。

 しかし、うまくいかない。

 「アプリは利用してもらえるのですが、そこからお金を払ってもらうのが難しかったのです。キャンペーンを展開しても、なかなか別のアプリに流入してくれませんでした」――最初に考えた構図はうまく機能しないと判断した。

 そこで方向転換し、ゲームアプリを作った。

 家や店を配置して街を作っていく、箱庭型の街づくりゲーム「にゃんこタウン」だ。アプリ内の猫のイラストも、自分たちで描いた。


にゃんこタウン

 しかしここでも、「思ったほどにはもうからなかった」そうだ。弟と2人でフリーランスエンジニアとして受託開発の仕事を取ればそれなりの売り上げが立つ。だがアプリの売り上げは、その水準になかなか到達しなかった。

 ユニットを立ち上げてから3年が経過したところで、坂本さんたちはいったん区切りを付け、会社に所属することにした。

 「(弟と)2人で受託開発する、という選択肢もありました。でも、前の会社を辞めた理由は、フルコミットメントでプロダクトを作りたかったから。受託開発だとコミットメントの度合いは社員よりも薄くなります。それならば、プロダクトを持つ会社で、オーナーシップを持って働いた方がいいと考えたのです」

 そう坂本さんは振り返る。ちなみにアプリ制作ユニットそのものは、まだ続いている。

再び会社員へ。そして再びSNSの世界へ

 坂本さんは、改めて就職活動をしてSansanのEight事業部に入社した。当時のEightは、名刺のアプリからビジネスSNSへと変化しようとしている時期だった。「世に問うプロダクトがあって、勝ち筋が見えていて、世の中を変える過程に参加できる」ところが坂本さんの希望に合っていた。

 入社時点で決まっていたことは「EightをビジネスSNSへ進化させる」ことだけだった。白紙に近い出発点からプロダクトに対する取り組みが始まった。

 当時のEightは、名刺管理のために作られたプロダクトだった。そこにニュースやプロフィール変更など多様な情報が流れる「フィード」を設けた。マネタイズのための広告も載せる。ユーザーの名刺情報だけでなく、より充実したプロフィール情報を入力して公開できるようにした。職歴、学歴、職歴のサマリー(キャリアサマリー)などだ。

 いずれも、名刺管理からビジネスSNSへと転換するトライ&エラーの一環だった

 開発チームのリーダーとしての思いを聞くと、「メンバーに任せる」と坂本さんは答えてくれた。

 「メンバーを過小評価せずに(仕事を)任せることが大切です。うちの会社のように自分のプロダクトを持っている会社は、一人一人がプロダクトに向き合わないと勝ち筋がありません。作ったものを予定通りに出しても、うまくいくかどうかは分からない。だったら作る過程で、『よりマシになりそうな』アイデアをみんなに出してもらうことが大事なんです」と坂本さんは話す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る