検索
連載
Tech TIPS:

【Windows 10】更新プログラムで不具合発生! そんなときは慌てずアンインストール

脆弱(ぜいじゃく)性や不具合などを解消する更新プログラムだが、場合によっては適用によってむしろ不具合が生じることもある。このような場合、不具合の原因となっている更新プログラムをアンインストールすれば、不具合は解消できる。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 Windows OSの脆弱(ぜいじゃく)性や不具合を解消するために、Microsoftは定期的に更新プログラム(修正プログラムやパッチなどとも呼ばれる)を提供している。このうちWindows 10では、毎月第2火曜日の翌日(水曜日)に、月例の更新プログラムとして幾つかの不具合解消などをまとめた累積更新プログラムの提供を行っている。また、緊急対応が必要な脆弱性や不具合が見つかるなどした場合、この日以外でも随時、更新プログラムの提供を行っている。

[Windows Update]画面
[Windows Update]画面
毎月第2火曜日の翌日(水曜日)に、月例の更新プログラムとして幾つかの不具合解消などをまとめた累積更新プログラムの配布が行われている。ユーザーが何もしなくても、自動的に適用が行われる。画面は、[Windows Update]画面を開き、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックして、手動による更新プログラムの適用を行ったところ。

 また、Windows 10では春と秋の年2回、機能アップデートと呼ばれる大型の更新プログラムが提供されており、大きな機能の追加などが行われる。

 こうした更新プログラムは、Microsoftによるテストを経て公開されているものの、特定の環境において、更新プログラムの適用によって予期しない挙動の変化があったり、特定の機能が正常に動作しなくなったり、という「副作用」のような不具合が発生する場合がある。不具合を運用で回避できない場合には、更新プログラムのアンインストール(削除)が必要になる。

一般的な更新プログラムのアンインストール方法

 更新プログラムをアンインストールするには、[スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックするか、[Windows]+[I]キーで[Windowsの設定]アプリを起動する。[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]をクリックし、[更新とセキュリティ]画面を開き、左ペインで[Windows Update]を選択する。

 右ペインの[Windows Update]画面にある「更新の履歴を表示する」をクリックする。Windows 10のバージョンによって若干画面のデザインが異なるが、[更新プログラムのチェック]ボタンの下側に「更新の履歴を表示する」項目があるはずだ。なお、以下ではWindows 10 May 2019 Updateを例に手順などを紹介する。

 [更新の履歴を表示する]をクリックすると、[更新の履歴を表示する]画面に切り替わる。この画面では、過去に適用した更新プログラムの履歴が一覧表示される。

 更新プログラム名のリンクをクリックすると、Webブラウザでサポート技術情報が表示されるので、アンインストールの前に、この情報を元に不具合の原因となっているものかどうかを探るとよい。

 更新プログラムをアンインストールするには、[更新の履歴を表示する]画面上部の[更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックする。[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが、[更新プログラムのアンインストール]画面を開いた状態で起動する。ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすればよい。

更新プログラムをアンインストールする(1)
更新プログラムをアンインストールする(1)
[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開き、[更新の履歴を表示する]をクリックする。
更新プログラムをアンインストールする(2)
更新プログラムをアンインストールする(2)
[更新の履歴を表示する]画面に切り替わり、適用済みの更新プログラムの一覧が表示される。更新プログラムのリンクをクリックすると、その更新プログラムについて調べることができる。また、アンインストールしたい場合は、[更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックする。
更新プログラムをアンインストールする(3)
更新プログラムをアンインストールする(3)
デフォルトのWebブラウザが起動し、クリックした更新プログラムに対応するサポート技術情報ページが開く。
更新プログラムをアンインストールする(4)
更新プログラムをアンインストールする(4)
[更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックすると、[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが、[更新プログラムのアンインストール]画面を開いた状態で起動する。ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすれば、その更新プログラムがアンインストールされる。更新プログラムによっては、再起動が必要になる。

 もちろん[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動し、左ペインの[インストールされた更新プログラムを表示]を選択してもよい(コントロールパネルを素早く開く方法は、Tech TIPS「Windows 10で素早くコントロールパネルを開く方法」参照のこと)。

[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動する(1)
[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動する(1)
[Windowsの設定]アプリからではなく、直接コントロールパネルから[プログラムと機能]を開いて、更新プログラムをアンインストールしてもよい。
[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動する(2)
[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動する(2)
[プログラムと機能]アプレットの左ペインの[インストールされた更新プログラムを表示]を選択すると、適用済みの更新プログラムの一覧が表示される。ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすれば、その更新プログラムがアンインストールされる。

更新プログラムのアンインストール後は適用停止に設定する

 Windows 10では、更新プログラムは自動的に適用される仕組みとなっている。そのため、更新プログラムをアンインストールしても、しばらくすると自動的に再び適用されてしまう。

 そこで、不具合が解消された更新プログラムの新版が提供されるまで、自動適用されないように一時停止しておこう(通常、不具合が発生した更新プログラムは、Microsoftが提供を一時停止するが、タイムラグがあるので、自分で停止しておくのが無難だ)。Windows 10では特定の更新プログラムだけを適用停止するには、別途「Show or hide updates」ツールを使う必要があるなど、かなり面倒くさいので、全てを止めておくのが無難だ(「Show or hide updates」ツールについては、「ドライバーの更新プログラムが Windows 10 に一時的に再インストールされないようにする方法」参照のこと)。

 Windows 10 May 2019 Updateであれば、ワンクリックで適用を7日間停止できる。詳細は、Tech TIPS「【Windows 10】Windows Updateの更新を一時停止する」参照のこと。

更新プログラムの適用を一時停止する
更新プログラムの適用を一時停止する
Windows 10 May 2019 Updateならば、[Windows Update]画面を開き、[更新を7日間一時停止]をクリックすれば、全更新プログラムの適用が7日間停止する。

 なお、前述の通り、Windows 10 May 2019 Updateの[更新を7日間一時停止]によって一時停止している間は、他の更新プログラムも適用されない。そのため、脆弱性などの残った状態で運用し続けることになるので、その点を留意した上で更新プログラムの適用を停止してほしい。

機能アップデートをアンインストールする

 機能アップデートも適用から10日以内であれば、以下の手順で削除して元のバージョンに戻すことができる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る