検索
ニュース
2020年1月に正式リリース:

Microsoft、「PowerShell 7 Preview 4」を公開

Microsoftが公開した「PowerShell 7 Preview 4」では、多くのバグを修正し、三項演算子などの新機能を追加した。PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンだ。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 Microsoftは2019年9月19日(米国時間)、「PowerShell 7 Preview 4」を公開した。PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョン。PowerShell CoreはWindows、Linux、macOSで動作し、コマンドラインシェルやスクリプト言語、コマンド処理フレームワークを含む。

 PowerShell 7は現在、2019年12月にリリース候補版(RC)を公開し、2020年1月に一般提供を開始することを目指して開発が進められている。2019年8月にPreview 3が公開された時点では、同5月発表のロードマップに沿って、2019年末までに一般提供を開始する予定だった。

 PowerShell 7は、PowerShell初の「Long Term Servicing」(LTS)リリースでもあり、「.NET Core 3.1」のサポート期間中、サポートが続く。なお、現行の「PowerShell Core 6」は、モダンライフサイクルサポートが適用されている。

 PowerShell 7 Preview 4では、多くのバグを修正し、次のような新機能を追加した。

三項演算子

 三項演算子を利用できるようになった(オプトインが必要)。三項演算子を使うと簡潔なコード表現ができ、三項演算子に精通していれば可読性も向上するため、C#開発者の間では、人気がある。


三項演算子を使っているところ(クリックで拡大、出典:Microsoft

Start-Jobコマンドレットの「-WorkingDirectory」パラメーター

 Windows PowerShellとPowerShell Coreには作業ディレクトリの位置に違いがある。具体的には「Start-Job」コマンドレットで指定したジョブを処理するために起動する新しいPowerShellプロセスの作業ディレクトリだ。

 そこで、今回からスクリプトブロックの実行前に新しいジョブプロセスの作業ディレクトリを指定できるように、「-WorkingDirectory」パラメーターを追加した。


作業ディレクトリの位置を「-WorkingDirectory」パラメーターで指定しているところ(クリックで拡大、出典:Microsoft

$ErrorActionPreference = “Break”設定でデバッガを自動起動

 PowerShell 7 Preview 4では「$ErrorActionPreference」を「Break」に設定すると、エラーがあった場合、直ちにデバッガが実行されるようになった。


$ErrorActionPreference = “Break”を試したところ(クリックで拡大、出典:Microsoft

Invoke-DscResourceを有効化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る