検索
ニュース
「YouTuber」は副業扱い:

新たな働き方に前向きな若手エンジニア、25%がフリーランス希望 インターノウス

インターノウスが若手エンジニアを対象に実施したキャリアについての調査結果によると、生涯エンジニアとして働き続けたいと考えている割合は9割。「リモートワークの正社員」を希望する割合が最も多く、副業にも積極的に取り組んでいることが分かった。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 インターノウスは2019年10月3日、35歳以下のエンジニアを対象にしたキャリアについての調査結果を発表した。それによると、生涯エンジニアとして働き続けたいと考えている割合は9割に上る一方で、管理職を希望する割合は3割以下だった。

画像
若手エンジニアのキャリアについて(出典:インターノウス

若手エンジニアが目指す働き方とは

 若手エンジニアが目指すキャリア像を調べたところ、技術志向が多数派で、キャリアアップやキャリアの幅を広げたいと考えるエンジニアは少なかった。具体的には、「技術スペシャリスト」との回答が最も多く、割合は56%。次いで、「CTO(最高技術責任者)やPM(プロジェクトマネジャー)などのマネジメント層」と回答した割合が24%、「ITコンサルタント」が15%だった。

 次に、働き方について聞いた。「通常通勤の正社員」と回答した割合は34%で2位だった。「生活リズムの維持」「収入の安定」「チームワークにメリットを多く感じている」といった点に満足しているとの声が聞かれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る