検索
ニュース
まだまだ続くWindows 7:

Windows 7の拡張セキュリティ更新プログラム、「1本単位」で2019年12月から購入可能に

Microsoftは、2020年1月14日にサポートが終了する「Windows 7」の「拡張セキュリティ更新プログラム」(ESU)の対象範囲を拡大した。これにより、あらゆる規模の企業が2019年12月1日から購入できるようになった。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 Microsoftは2019年10月1日(米国時間)、「Windows 7」の「拡張セキュリティ更新プログラム」(Extended Security Updates、ESU)を、あらゆる規模の企業が2019年12月1日から購入できるようにすると発表した。

 Windows 7のサポート終了は2020年1月14日だ。ESUは、特定のMicrosoft製品をサポートの終了後も使い続ける必要がある企業向けのオプション。Windows 7のESUを購入すると、サポート終了後最大3年間、Microsoft Security Response Center(MSRC)が定義する「緊急」または「重要」なセキュリティ更新プログラムの提供を受けられる。

 これまでWindows 7のESUは、「Windows 7 Professional」または「Windows 7 Enterprise」をボリュームライセンス契約で利用する顧客のみが購入できた。Microsoftは、この方針を転換したことになる。

Windows Virtual Desktopとの関係は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る