検索
連載
山市良のうぃんどうず日記(171):

日本では提供されない、EOS後も続くWindows 7向けの手厚いサービスがあった?

Windows 7のサポート終了前後の状況や、サポート終了(End of Support、EOS)後の「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を調査するため、2019年末にAzure上にWindows 7 Enterprise(MarketplaceのVisual Studioサブスクライバー向けイメージ)の仮想マシンを展開しました。追加のソフトウェアをWebからダウンロードしようとInternet Explorerを起動してみると、そこには初めて目にするページが……。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

怪しいサイトに誘導された? 否、正規のサイトでした

 それは確か、Windows Updateによる更新を終え、「Microsoft Security Essentials(MSE)」やその他の無料ソフトウェアをダウンロードしてインストールしようとしたときのことです。「Internet Explorer(IE)」を初めて起動すると、「Internet Explorer 11の設定」ダイアログボックスの後に「初回実行ウィザード」という機能が動作します。

 通常は「IEのWebサイトへようこそ」ページ(https://www.microsoft.com/ja-jp/welcomeie11/)が表示されるのですが、筆者がセットアップした「Microsoft Azure」上の「Windows 7」のIE 11は、以下のページを表示しました(画面1)。

画面1
画面1 Azure上のWindows 7仮想マシンのIE 11の初回実行時に表示されたページ

 一瞬、セットアップ中に意図せずマルウェアを取り込んでしまい、何かを書き換えられて、怪しいサイトに誘導されたのかと思いましたが、Microsoftの正規サイト内のページに間違いありません。このページへのリダイレクトは、2020年1月14日のサポート終了後も行われています(2020年2月6日現在)。

 画面内の「Install now」をクリックすると、以下の6項目のセットアップが自動的に行われました(画面2)。

  • Installing and Enabling Free Antivirus:無料のウイルス対策としてMSEのダウンロードとインストール
  • Enabling PDF Docs - Adobe Reader:PDFドキュメント参照用に「Adobe Acrobat Reader DC」のダウンロードとインストール
  • Turning on Windows Firewall:「Windowsファイアウォール」の有効化
  • Turning on Windows Update:Windows Updateの自動更新の有効化
  • Setting IE as the Default Browser:IEを既定のブラウザに設定
  • IE Performance and Safety Check/Repair:IEのパフォーマンス改善のためのキャッシュの調整、欠陥のあるアドオンの無効化、SmartScreenフィルターの有効化、ポップアップブロックの有効化、推奨されるセキュリティ設定にリセットなど

画面2
画面2 「Install now」をクリックすると、Windows 7でインターネットを安全に利用するために必要な最低限のソフトウェアとセキュリティ設定を自動で行ってくれた

日本語版Windows 7で初めてIEを起動した場合

 2019年末というサポート終了間際になって、なんとご親切な支援を用意してくれたものだと思いました。しかし、手元のHyper-V仮想マシンとして準備していたWindows 7日本語版に新規ユーザーを追加してログインし、IEを起動してみると、少し似ていますが全く別のページが表示されました(画面3)。「IEのWebサイトへようこそ」をWindows 7向けに改良したもののようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る