検索
連載
Tech TIPS:

【Windows 10】キミは「メモ帳」アプリの実力を知らない?

「メモ帳」アプリは、Windows 10の標準テキストエディタだが、制約も多いため、意外と使われていないようだ。それでも、ちょっとしたテキストファイルの編集やログファイルの閲覧には便利なアプリだ。そこで、「メモ帳」アプリの便利な機能や使い方を幾つか紹介する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


「メモ帳」アプリで日時を自動入力する
「メモ帳」アプリで日時を自動入力する
比較的古くからサポートされている機能で、テキストファイルの先頭に「.LOG」と書いておくと、ファイルを開くたびにその日時が入力される。

 Windows 10の初期設定を行う際、何らかのテキストエディタをインストールして、「.TXT」や「.LOG」といった拡張子に対する関連付けを「メモ帳」アプリから変更している人も多いことだろう。そのため、Windows 10に標準装備されている「メモ帳」アプリをほとんど使ったことがないという人もいるかもしれない。

 ただ、好みのテキストエディタが使えない環境の場合など、「メモ帳」アプリの使い方を覚えておくと便利だ。そこで、本Tech TIPSでは「メモ帳」アプリの少し便利な使い方を紹介する。

時刻と日付を入力する

 現在の時刻と日付を入力したい場合、「メモ帳」アプリで[編集]メニューの[日付と時刻]を選択すればよい([F5]キーを押してもよい)。すると、その時点での時刻と日付が現在のカーソル位置に入力される([例]13:34 2020/02/12)。

 また、文書ファイルの1行目に「.LOG」と書いておくと、以後、このファイルを開いた際にその時点の日時がファイルの最後に追加される。この方法では、ファイルを開くたびに作業開始の時間と日付が自動的に記録されるので、会議のメモをとる際などにいちいち日時を入力する必要がなくなる。

 「.LOG」は、ピリオドの前にはスペースなどは入れず、文字は全て半角大文字で入力すること。この状態でいったんファイルに適当な名前を付けて保存する。

時刻と日付を入力する(1)
時刻と日付を入力する(1)
テキストファイルの先頭行に「.LOG」と入力して、ファイルを保存する。
時刻と日付を入力する(2)
時刻と日付を入力する(2)
ファイルを開くたびに、その日時が自動的にテキストの最後の行に自動入力される。

フォントを変更する

 [書式]メニューの[フォント]を選択して、[フォント]ダイアログを開き、ここで使用したいフォントとスタイル、サイズを選択すればよい。

フォントを変更する
フォントを変更する
「メモ帳」アプリのデフォルトのフォントは、MSゴシックだが、これをメイリオなどの他のフォントに変更できる。設定は保存されるので、新たに「メモ帳」アプリを起動しても、前回設定したフォントになる。

表示を拡大/縮小する

 プレゼンテーションでログファイルや設定ファイルなどを「メモ帳」アプリで表示する際、文字が小さくて見えにくいこともあるだろう。そのような場合、フォントサイズを大きくしてもよいが、簡単に表示を拡大/縮小することができる。

 [表示]メニューの[ズーム]を選択し、[拡大]/[縮小]/[既定の倍率に戻す]で、それぞれ表示の拡大/縮小/リセットが可能だ。また、[Ctrl]+[+]キーで拡大、[Ctrl]+[−]キーで縮小、[Ctrl]+[0]でリセットすることもできる(ホイール付きマウスの場合は、[Ctrl]キーを押しながら、マウスのホイールを回転させて、拡大/縮小することも可能だ)。

表示を拡大/縮小する(1)
表示を拡大/縮小する(1)
プレゼンテーションの際などにテキストファイルの文字が小さく見にくい場合は、フォントの設定を変更しなくても、表示サイズを大きくできる。
表示を拡大/縮小する(2)
表示を拡大/縮小する(2)
[Ctrl]+[+]キーを入力すると、フォントの設定はそのままで「メモ帳」アプリの表示が拡大される。

保存する文字コードを変更する

 「メモ帳」アプリでテキストを保存する際、デフォルトの文字コードは「UTF-8」となっている。この文字コードを変更したい場合、[ファイル]メニューで[名前を付けて保存]を選択し、[名前を付けて保存]ダイアログの[文字コード]プルダウンリストで、目的の文字コードを選択すればよい。選択可能な文字コードは、「ANSI(Shift-JIS)」「UTF-16 LE」「UTF-16 BE」「UTF-8(デフォルト)」「UTF-8(BOM付き)」である(UTFについては、Tech Basics/Keyword「UTF-8」参照のこと)。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る