検索
ニュース
クラウドネイティブ基盤への移行を支援:

5G向けコンテナ型セキュリティ製品「A10 Thunder CFW Container」を提供開始

A10ネットワークスは、5G対応セキュリティ製品「A10 Thunder CFW」のコンテナ版「A10 Thunder CFW Container」を提供開始する。サービスの負荷に応じて、コンテナをスケールアップしたり、スケールダウンしたりできる。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 A10ネットワークスは2020年2月13日、「A10 Thunder CFW Container」の日本市場での提供を、同年3月までに開始すると発表した。これは、移動通信サービス事業者に向けた5G(第5世代移動通信システム)対応セキュリティ製品群「A10 Orion 5G Security Suite」の一つで、最大180Gbpsのスループットに対応したセキュリティ基盤「A10 Thunder CFW」(以下、Thunder CFW)のコンテナ版。

画像
A10ネットワークスのWebページから引用

5Gに向けたコンテナ型セキュリティ

 5Gのコアネットワークは、多様なサービスを迅速で低コストに提供するために、仮想化やマイクロサービスを活用して構築することが前提になっている。Thunder CFW Containerは、マイクロサービスに対応したコンテナ型セキュリティソリューション。通信事業者向けに、ハードウェアアプライアンスや仮想アプライアンス、ベアメタル製品として提供している既存のThunder CFWの機能や操作性を、そのままコンテナ化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る