検索
ニュース

Kubernetes 1.18がリリース、“Fit and Finish”がテーマ

Kubernetesプロジェクトは2020年3月25日(米国時間)、Kubernetes 1.18をリリースした。“Fit and Finish(収まり感と仕上がり感の高さ)”がテーマという。新バージョンには計38の機能強化が見られる。このうち12がαで11がβ、15がstableのステータスに移行した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 Kubernetesプロジェクトは2020年3月25日(米国時間)、Kubernetes 1.18をリリースした。“Fit and Finish(収まり感と仕上がり感の高さ)”がテーマという。新バージョンには計38の機能強化が見られる。このうち12がαで11がβ、15がstableのステータスに移行した。

 Kubernetes 1.18のハイライトとして、発表ブログポストはkubectl debug(α)、Kubernetes Topology Manager(β)、Server-side Apply(β2)、Ingress(β)、WindowsのCSI サポート(α)を挙げている。

kubectl debug(α)

 kubectlへのkubectl debugコマンドの追加で、クラスタ内のPodを容易にデバッグできるようになった。このコマンドでは、動作中のPodの隣で一時的なコンテナを動かし、デバッグができる。

Topology Manager(β)

 Topology Managerは、CPUとSR-IOVのVFなどのデバイスのリソース割り当てを連動できるユーティリティ。従来はCPU ManagerとDevice Managerが、互いに独立したリソース割り当ての判断をしてきたため、マルチソケットシステムにおける低遅延アプリケーションにおけるパフォーマンスの低下につながっていた。Topology Managerは今回、β段階に達した。

Server-side Apply(β2)

 kubectl applyを使ったオブジェクトの作成や更新のための差分計算を、サーバ側で実行するのがServer-side Apply。これが1.18でβ2に移行した。新バージョンでは全ての新たなKubernetesオブジェクトのフィールドにおける変更を追跡して管理するため、リソースが何によっていつ変更されたかを知ることができる。

Ingress(β)

 クラスタ外からクラスタ内へのHTTP/HTTPSルーティング/ロードバランスを担うIngressには、pathTypeフィールドとIngressClassリソースが追加された。pathTypeフィールドの追加で、pathのマッチング方法につき、デフォルトのImplementationSpecificタイプに加え、Exactタイプ、Prefixタイプを指定できるようになった。また、kubernetes.io/ingress.classは非推奨となり、代わりにingressClassNameフィールドとIngressClassリソースが使われることになった。

WindowsのCSI サポート(α)

 CSI Proxy for Windowsのα版が登場した。CSI Proxyでは、特権を持たない (事前に承認された) コンテナがWindows上で特権ストレージ操作を実行できる。CSI Proxyを活用して、CSIドライバをWindowsでサポートできるようになった。

 他には次のようなトピックもある。

  • CSIにおけるブロックストレージのサポートがstableに到達した
  • Scheduling Profilesのα版が登場し、単一のスケジューラーがPod群単位で異なるスケジューリングを適用できるようになった
  • IPv6サポートがβに到達した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る