検索
ニュース
「無駄な社内外コミュニケーションが減った」:

リモートワークに「満足」は「不満」の3倍 リンクライブがリモートワークの実態調査

リンクライブが実施した調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにリモートワークを導入した企業の割合は8割。リモートワークの導入に満足している人の割合は、不満を持つ人の3倍以上だった。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 リンクライブは2020年4月7日、「第1回 新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク実態調査」の結果を発表した。調査対象は、リモートワークを導入している会社に勤める20歳以上の会社員で、男性102人、女性99人から回答を得た。

 同調査によると、リモートワークを実施している企業のうち、新型コロナウイルスの感染が拡大したことをきっかけにリモートワークを導入した企業の割合が8割を占め、リモートワークの導入に満足している人の割合は、不満を持つ人の3倍以上だったことが分かった。

「新型コロナ発生後に導入した企業」が8割

 新型コロナウイルス問題の発生前後でのリモートワークの導入状況に関する設問では、発生前にリモートワークを導入していた割合は22.4%。つまり、リモートワークを新型コロナウイルス問題の発生後に導入した割合は8割近くを占める結果となった。新型コロナウイルス問題発生前の実施頻度は、週5日以上実施していた割合は全体の3.0%、週3〜4日は同2.5%、週1〜2日は同5.5%、週1日未満は同11.4%だった。

画像
新型コロナウイルス問題発生前後のリモートワーク導入状況(出典:リンクライブ

 これに対して発生後の実施頻度を見ると、リモートワークを週3日以上実施している割合が半数近くに及んだ。具体的には、週5日が15.4%、週3〜4日が29.4%、週1〜2日が29.9%、週1日未満が25.4%だった(端数を四捨五入しているため、合計は100.0%にならない)。

 リモートワークに対する満足度は高い。リモートワークでの働き方に「非常に満足している」と回答した割合は8.5%、「満足している」は32.8%で、合計で約4割を占める。これに対して「不満である」は10.4%、「非常に不満である」は2.5%で、満足だと回答した割合の3分の1に満たなかった。

不要なコミュニケーションが減った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る