検索
ニュース
約1カ月で一通りを学習:

データ分析の基本を無料で学べる 総務省が「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講

総務省は、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講した。誰でも無料で利用でき、「統計データの活用」「統計学の基礎」「データの見方」「公的データの使い方とコースのまとめ」という4つのテーマを学べる。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 総務省は2020年5月19日、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講すると発表した。データ分析の基本的な知識を学べる入門編講座で、社会人や大学生が主な対象。Webサイトから同年7月7日まで受講登録が可能で、誰でも無料で利用できる。

データの見方から公的統計データの使い方まで

 内容は、2019年10月に実施した講座と同じで、「統計データの活用」「統計学の基礎」「データの見方」「公的データの使い方とコースのまとめ」という4つのテーマから成る。例えば、統計データの活用では平均値の見方や、太陽光発電システムの普及率などを例に挙げた分析事例。データの見方では統計表の見方や時系列データの見方、といった具合だ。1つのテーマ当たり6〜9回、1回当たり10分程度の動画にまとめられており、1テーマを1週間程度で学習できる構成だ。

画像
各週のテーマと内容(出典:総務省

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る