検索
ニュース
現行Tanzu Application Serviceも継続提供:

Kubernetes対応のTanzu Application Serviceは2020年第4四半期にGAへ

VMwareは、Kubernetes対応の「VMware Tanzu Application Service(旧Pivotal Application Service)」を、2020年第4四半期の一般提供開始に向け、開発を進めているという。一方、現行のTanzu Application Serviceも、継続して提供する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 VMwareは、Kubernetes対応の「VMware Tanzu Application Service(旧Pivotal Application Service)」を、2020年第4四半期の一般提供開始に向け、開発を進めているという。一方、現行のTanzu Application Serviceも、継続して提供する。

 Tanzu Application ServiceはCloud FoundryをベースとしたPaaS基盤製品。コンテナイメージ作成、負荷分散、インフラオーケストレーションなど、開発したアプリケーションを運用につなげる一連のプロセスを抽象化し、開発者が“cf push”というコマンドを発行するだけで済むようにしている。

 Kubernetesがクラウドネイティブなインフラオーケストレーション基盤として浮上したことで、Cloud Foundry FoundationはCloud FoundryのKubernetes対応を進めてきた。一方Pivotal(現VMware)も、同社製品のKubernetes対応を進め、2020年4月には「VMware Tanzu Application Service for Kubernetes」としてパブリックβ版をリリースした。


Kubernetes対応版が加わり、Tanzu Application Serviceは2製品の構成になる

 Tanzu Application Service for Kubernetesでは、Kubernetesに加え、Istio、Harbor、Cloud Native Buildpacksなど、関連プロジェクトを大幅に採用している。インフラのライフサイクル管理では、BOSHに代えてCluster APIを使う。

 ヴイエムウェアが2020年4月22日に開催したWebセミナー「VMware Cloud Native Day」でTanzu Application Serviceを紹介した、同社モダンアプリケーションプラットフォーム事業本部Tanzuスペシャリストの伊藤忠司氏によると、開発者にとっての使い勝手は、現行のTanzu Application Serviceと変わらないという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る