検索
連載
Microsoft Azure最新機能フォローアップ(110):

Microsoft Learnに新サービス「Learn TV」(プレビュー)登場

Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、初めてデジタルイベントとして開催した「Microsoft Build 2020」で、「Microsoft Learn」の新サービス「Learn TV」を発表し、プレビューとしてサービスを開始しました。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

在宅勤務で空いた時間に「Microsoft Learn」で効率的に学習

 Microsoftは2018年9月から、無料のオンライントレーニングサービス「Microsoft Learn」を提供しています。Microsoft Learnは、特定のMicrosoftのサービスや製品、技術について、概念を学び、ドキュメントで手順を確認し、そして本物のサービスを操作しながら、対話形式で自己学習を進めることができるトレーニングサービスです。

 「Microsoft Azure」や「Microsoft 365」(旧称、Office 365)、「Dynamics 365」「PowerApps」「Microsoft Flow」「Power BI」用の日本語にローカライズされた多数のコースが用意されており、段階的に学習を進めることができます。例えば、在宅勤務のオンライン会議環境の準備では、「Microsoft Teams」の利用方法を学び、導入に役立てることができます(画面1画面2)。

画面1
画面1 Microsoft Learnは、AzureやMicrosoft 365などの製品やサービス、技術について、段階的に自己学習できるオンライントレーニングサイト
画面2
画面2 Microsoft Teamsの導入や利用、管理方法についてもMicrosoft Learnで対話形式で効率良く学ぶことができる

 本連載第65回で示したように、Microsoft Learnの最大の特徴は、Azureサブスクリプションを持っていない場合でも、Microsoftアカウントで「Microsoft Learnサンドボックス」(「Azureサンドボックス」とも呼ばれます)をアクティブ化し、一定時間、無料でAzureの各種サービスを操作しながら学習できることにあります(ただし、一部のコースには有料または試用版のAzureサブスクリプションが必要)。

ライブコンテンツで最新の発表や機能、技術を学べる「Learn TV」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る