検索
ニュース
最も多い出社理由は「テスト環境や本番環境にアクセスできない」:

「緊急事態宣言下でも以前と変わらず毎日出社」が18.0% BlueMeme調査

BlueMemeの調査によると、緊急事態宣言前にクライアント先に出社していたITエンジニアが、同宣言後も毎日出社していた割合は18.0%だった。出社理由で最も多かったのは「個人や委託先の自宅からテスト環境や本番環境にアクセスできない」だった。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 BlueMemeは2020年5月29日、クライアント先に出社しているITエンジニアのテレワークに関する調査結果を発表した。新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言前後でのテレワーク移行に関する実態を調べたもので、自宅からテスト環境や本番環境にアクセスできないという理由で緊急事態宣言下でも出社していたITエンジニアが多いことが分かった。

「クライアント先に毎日出社」宣言前は61.8%で宣言後は18.0%

 緊急事態宣言が出る前の2020年3月に、クライアント先に出社したかどうかを聞いた。すると、クライアント先に出社したITエンジニアの割合は87.3%。そのうち毎日出社していたITエンジニアが最も多く、その割合は全体の61.8%だった。

 次に、クライアント先に出社していたITエンジニアに対し、緊急事態宣言後も出社したかどうかを尋ねた。出社したと回答した割合が74.2%で、そのうち毎日出社したと回答した割合は18.0%だった。

画像
緊急事態宣言が出た後の出社割合(出典:BlueMeme

「テスト環境や本番環境にアクセスできない」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る