検索
ニュース
「ベンダーとの適切な情報共有方法」など実践的なシナリオ:

実践的サイバー防御演習「CYDER」 NICTが2020年度の受講申し込みを受付開始

NICTのナショナルサイバートレーニングセンターは、実践的サイバー防御演習「CYDER」の受講申し込み受付を開始した。2020年度は、全国で合計100回程度開催する予定。演習コースは、初級者向けの「Aコース」と、中級者向けの「B-1コース」「B-2コース」の3種類がある。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のナショナルサイバートレーニングセンターは2020年7月1日、実践的サイバー防御演習「CYDER」の受講申し込み受け付けを開始した。

 CYDERは、2013年度から2015年度まで総務省の実証実験として実施されたサイバー防御演習。2016年度からはNICTを実施主体として、政府のサイバーセキュリティ戦略に基づいて、国の機関や地方公共団体、重要社会基盤事業者や民間企業を対象に実施している。

 2020年度は、全国で合計100回程度開催する予定。現実のサイバー攻撃を想定した最新の演習シナリオを用意した。

画像
受講対象者と見に付くスキル(出典:NICT

「事前オンライン学習」と「集合演習」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る