検索
ニュース
特徴的な格子構造を発見:

ディープラーニングで生成された「ディープフェイク画像」を周波数領域で見破る ルール大学

ルール大学の研究チームが、ディープラーニング技術を用いて生成されたフェイク画像を識別する方法を開発した。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 ルール大学ボーフムのホルストゲルツITセキュリティ研究所とクラスタオブエクセレンスCASA(Cyber Security in the Age of Large-Scale Adversaries)の研究チームが、ディープフェイク画像を効率的に特定する新しい方法を開発した。

 ディープフェイク画像とは、ディープラーニング技術を用いて生成され、人間には本物の写真とほとんど見分けがつかないフェイク(偽)画像を指す。研究チームはこうした画像を効率的に特定する方法の開発を目的に、画像を周波数領域に変換して分析した。これは確立された信号処理手法だ。

 研究チームは2020年7月15日(現地時間)、International Conference on Machine Learning(ICML)でこの研究成果を発表した。実験結果を再現できるように、実験のために作成したコードをGitHubで公開している。

ディープフェイク画像を生成する仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る