検索
連載
企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(80):

企業ネットワークの安定運用に貢献するWindows 10の「配信の最適化」機能、最新情報

Windows 10は、初めての機能更新プログラムである「Windows 10 November Update(バージョン1511)」のときから、「配信の最適化」機能をサポートしています。その後のWindows 10の新バージョンで、この機能の拡張が継続して行われています。「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」で追加された新機能を含め、最新情報をまとめました。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

あらためて、Windows 10の「配信の最適化」とは?

 「配信の最適化(Delivery Optimization)」機能は、「Windows 10」の更新プログラムや「Microsoft Store」(旧称、Windowsストア)アプリのダウンロードをピアツーピア(P2P)技術で最適化する機能として、Windows 10 バージョン1511で搭載されました。本連載では、Windows 10 バージョン1709までのこの機能について説明しました。

 社内ネットワークやインターネット接続帯域を最適化したいと考える企業は、「Windows Server Update Services(WSUS)」や「Microsoft Endpoint Configuration Manager(旧称、System Center Configuration Manager)」「Office展開ツール(Office Deployment Tool、ODT)」、その他のサードパーティーの更新管理ソリューションを導入しているでしょう。

 これらの最適化機能を利用できない場合、Windows 10自身が備える「配信の最適化」機能は既定で有効であるため、ネットワークトラフィックの課題を緩和するのに、知らないうちに陰ながら寄与しているはずです。

 例えば、ネットワークアドレス変換(NAT)の背後にあるプライベートネットワーク内に、同一バージョン、同一アーキテクチャのWindows 10コンピュータが複数台ある場合、タイミングさえ合えば、毎月の品質更新プログラムや半期に一度の機能更新プログラムのダウンロード時のネットワーク使用帯域の抑制に貢献してくれるものと期待できます。

 “タイミングさえ合えば”と断ったのは、「配信の最適化」でピアにキャッシュされるデータは数日で期限切れとなり、利用できなくなるからです。また、ほとんど同時に更新プログラムのダウンロードを開始した場合、まだ近く(同じネットワーク上の別のコンピュータ)にキャッシュされていないため、全くキャッシュが利用されることのないままダウンロードが完了してしまうこともあります。

 本連載第43回で紹介したように、Windows 10 バージョン1703からは「Get-DeliveryOptimizationStatus」や「Get-DeliveryOptimizationPerfSnapThisMonth」など、PowerShell用の「DeliveryOptimization」モジュールのコマンドレットが利用できるようになり、「配信の最適化」機能が実際に利用されているかどうかを数値で確認できます。

 以下の画面1は、64bit(x64)版のWindows 10 バージョン2004とOfficeアプリ(大企業向け「Microsoft 365」または「Office Professional Plus 2019」)がインストールされている3台のコンピュータで、2020年6月10日の月例のセキュリティ更新をほぼ同じ時間に開始し、更新した翌日にGet-DeliveryOptimizationStatusコマンドレットを実行した結果です。

画面1
画面1 同じバージョン、アーキテクチャなら、エディションやOfficeアプリの製品に関係なくピアキャッシュを利用している

 OSのエディションは上からPro、Pro、Homeで、Officeアプリは上からMicrosoft 365アプリの「半期チャネルエンタープライズ(プレビュー版)」(旧称、半期チャネル《対象指定》)、Microsoft 365アプリの「最新チャネル」(旧称、月次チャネル)Windows 10 Pro、Office Professional Plus 2019(最新チャネル相当)です。

 一番上の1台は全てオリジナルソースからダウンロード(BytesFromHTTP)していますが、2台目、3台目は一部をピアキャッシュからダウンロード(BytesFromPeers)していることが分かります。

 「DownloadMode:Lan」は同じネットワーク上でピア共有が有効となっている既定の構成で動いていることを示しています。「WU Client Download」はWindows Updateの更新プログラムのダウンロード、「Microsoft Office Click-to-Run」はOfficeアプリの更新プログラムのダウンロードを示しています。Officeアプリの最新チャネルの同じバージョンを実行している下の2台は、サブスクリプション版と永続版のライセンス形態に影響されることなく、ピアキャッシュを利用できています(2台目のキャッシュから2台目がダウンロード)。

 Get-DeliveryOptimizationPerfSnapThisMonthコマンドレットを使用すると、その月の1日から現在までの「配信の最適化」の統計情報を取得することができます。同じ3台でその実行結果を簡単にまとめると表1のようになります。

コンピュータ MYDESKTOP DELLNOTE MYNOTE 合計
オリジナルソースからのダウンロード(BytesFromHTTP) 556.5MB 919.5MB 871.5MB 2347.4MB
ピアキャッシュからのダウンロード(BytesFromPeers) 13.0MB 137.6MB 182.6MB 333.2MB
合計 569.5MB 1057.0MB 1054.1MB 2680.6MB
表1 6月1日〜11日までの「Get-DeliveryOptimizationPerfSnapThisMonth」の実行結果(*1)

【*1】 システムの情報と更新情報
・MYDESKTOP:Windows 10 Pro(x64)バージョン2004(2020年6月10日に更新)、Microsoft 365アプリ「半期エンタープライズチャネル(プレビュー版)バージョン2002(2020年6月10日に更新)
・DELLNOTE:Windows 10 Pro(x64)バージョン2004(2020年6月10日に更新)、Microsoft 365アプリ「最新チャネル(プレビュー版)バージョン2005(2020年6月3日と10日に2回更新)
・MYNOTE:Windows 10 Home(x64)バージョン2004、Office 2019アプリのバージョン2005(2020年6月3日と10日に2回更新)



 ほぼ同時に更新を開始しましたが、合計約2681MBのダウンロードのうち、約14%に当たる333MBをピアキャッシュで節約できたことになります。この結果は、筆者の小規模な環境のものですが、より大規模で、タイミングがうまく合えばより大きな節約効果を期待できるでしょう。もし、ネットワークの最適化のために、WSUSやその他の更新管理ソリューションを導入した方がよいものかどうかと悩んでいるのなら、月末にGet-DeliveryOptimizationPerfSnapThisMonthコマンドレットを使用して調査してみるとよいでしょう。

「配信の最適化」の継続的な機能拡張

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る