検索
ニュース
「ワークススペース」でメンバーの状況を可視化:

リモートワークでも同僚と気軽に会話可能 NTTコミュニケーションズがコミュニケーションツールを無償提供

NTTコミュニケーションズは、オンラインワークスペース「NeWork」の提供を2020年8月31日に開始する。ネットを介して同じオフィスにいるかのようにメンバーに話し掛けられる。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2020年8月11日、オンラインワークスペース「NeWork」を同年8月31日に無償で提供開始すると発表した。事前登録は、同年8月11日から受け付けている。

 NeWorkは、オンラインでの相談や雑談などを立ち話感覚でできるように設計されたコミュニケーションツール。一般的なWeb会議は事前のスケジュール確認やURLの発行とその連絡といった手間がかかるが、NeWorkはログインしていれば同じオフィスにいるかのようにメンバーに話し掛けられるという。

画像
NeWork画面イメージ(出展:NTT Com

アイコンの色で状況を判断

 NeWorkにログインすると、自分の居場所に当たる「ワークスペース」に入る。会議をするには、ワークスペース内でプロジェクトや話題ごとに「バブル」というグループを作って、そこに参加する。PCに接続したマイクに向かって話すと、同じ「バブル」に参加している全てのメンバーに音声が伝わる。メンバーの間でビデオ通話や資料の画面も共有できる。

 バブルに参加していない相手に対しては、アイコンをクリックすると会話できる。相手が話し掛けられる状態かどうかはアイコンの色で判別でき、事前に相手の状況を確認したり、会話の許可を求めたりする必要はない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る