検索
ニュース
プラスマイナス50ミリ秒以内の時刻精度を確保:

無線通信区間でのNTP同期精度を保つソフトウェアをセイコーソリューションズが開発

セイコーソリューションズは、無線通信区間でNTP同期精度を保つソフトウェア「Seiko Smart Time Filter」(仮称)を開発した。実証実験で、10〜50ミリ秒程度の精度でNTP同期精度を保つことが可能であることを確認した。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 セイコーソリューションズは2020年9月11日、無線通信区間でNTP(Network Time Protocol)の同期精度を保つソフトウェア「Seiko Smart Time Filter」(仮称)を開発したと発表した。実証実験では10〜50ミリ秒程度の精度でNTP同期精度を保つことができたという。同社は今回の実証実験結果を基に、閉域モバイル網を活用したNTP配信サービスの販売を2020年11月以降に開始する予定だ。

画像
Seiko Smart Time Filterのイメージ(出典:セイコーソリューションズ

プラスマイナス50ミリ秒以内の時刻精度を確保

 NTPは一般的にIT機器の時刻同期に利用される。インターネットを介してパブリックNTPサーバを利用できるが、セキュリティの懸念があれば、社内にNTPサーバを構築することになる。社内にNTPサーバを構築した場合は時刻ソースとなる固定回線やGPSアンテナの敷設が必要になるが、システムの構築期間が長くなり、導入コストが高くなるという課題があった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る