検索
ニュース
自動構成でスループットとIOPSが向上:

Microsoft、「Azure Files」の「SMBマルチチャネル」機能のプレビューをリリース

Microsoftは、「Azure Files」のファイル共有パフォーマンスを向上させる「SMBマルチチャネル」機能のPremium層向けプレビューをリリースした。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 Microsoftは2020年9月9日(米国時間)、「Azure Files」の「SMBマルチチャネル」機能のPremium層向けプレビューを提供開始したと発表した。

 Azure Filesは、フルマネージドファイル共有をServer Message Block(SMB)プロトコルを介してアクセスできる「Microsoft Azure」のサービス。

 SMBマルチチャネルは、SMB 3.0で導入され、「Windows Server 2012」以降のWindows Serverと「Windows 8」以降のWindowsクライアントでサポートされている機能。この機能により、SMB 3.xクライアントは、複数のネットワークアダプターを介したり、NIC(Network Interface Card)のRSS(Receive Side Scaling)機能を利用したりして、SMB 3.0サーバと複数のネットワーク接続を確立し、パフォーマンスを向上できる。

 Azure FilesのSMBマルチチャネル機能のPremium層向けプレビューでは、AzureにおけるPremiumファイル共有でSMBマルチチャネルを利用できる。

 Microsoftは、SMBマルチチャネルの仕組みを次のように説明している。「SMBマルチチャネルは、最良のネットワーク経路を介した複数の接続による並列処理を可能にすることで、パフォーマンスを向上させる。複数のNICや、NICのRSSサポートを通じたアグリゲーションによって実現できる。RSSは、複数CPUでの分散I/Oと動的負荷分散を可能にする」


Azure FilesへのSMBマルチチャネルアクセスの概念図(出典:Microsoft)

SMBマルチチャネルの最大のメリットは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る