検索
連載
山市良のうぃんどうず日記(190):

Windows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに“へん”化あり[その3]

2020年10月初め、Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)に3回目のオプションの更新(Cリリース)が提供されました。過去3回と同様、Windows 10 バージョン1809〜1909から1週間以上(今回は15日)、大幅に遅れての提供です。Windows 10 バージョン2004におけるCリリースのインストール挙動は、やはり何かおかしいです。幾つかのパターンで試してみました。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

Windows 10 バージョン2004のWindows Updateのここが変

 本連載第186回では、「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」で発生したWindows Updateの挙動の変化というか、不可思議なところを指摘しました。

 “おかしい”というのは、特に「Cリリース」と呼ばれるオプションの更新プログラム「累積更新プログラムのプレビュー」のインストールに関してです。

 Windowsと.NET Framework向け累積更新プログラムのプレビュー(以下、Cリリース)の日本語表記がおかしい件(Windows向けは「のプレビュー」が抜けている、.NET Framework向けはメチャクチャ)は、Windows 10 バージョン1809以降共通の問題なので別にして、筆者はWindows 10 バージョン2004のWindows Updateで以下のような事象(新仕様または不具合)を確認しています。

  • Windowsと.NET FrameworkのCリリースのダウンロードとインストールを開始しても、再起動待ちになるまで進行状況が全く表示されず、「最新の状態です」と表示される
  • 再起動を要求する複数の更新プログラムがある場合、1つ目の更新プログラムの再起動待ちの状態で再起動可能な状態になる
  • Windowsと.NET FrameworkのCリリースが「更新の履歴」で「その他の更新プログラム」に分類される

 先に言っておくと、これらの事象(新仕様または不具合)は、2020年9月のCリリース時点でも状況は変わっていません。これらは、「Windows Server Update Services(WSUS)」や「Windows Update for Business(WUfB)」を利用していない環境下での、Windows Updateの挙動です。WSUSとWUfBに対して、WindowsのCリリースが提供されることはありません。

 米国時間の2020年10月1日、他のバージョンから大幅に遅れて、Windows 10 バージョン2004に対してCリリースが提供されました。Cリリースは通常、月例のセキュリティ更新プログラムである「Bリリース」(第2火曜日)の翌週にリリースされ、対象となるWindows 10 バージョン1809以降の他のバージョンには米国時間2020年9月16日に既に提供済みです。

 筆者が確認した3つの新仕様または不具合が、3回目のCリリースでどうなったか、いろいろなパターンをピックアップし、複数台の仮想マシン環境で複数回試してみました。

パターン1――「更新プログラムのチェック」をクリックする(→パターン2へ)

 Cリリース後にWindows 10 バージョン1909以降で「設定」アプリの「Windows Update」にある「更新プログラムのチェック」をクリックすると、.NET FrameworkのCリリースがダウンロード、インストールされます(Windows Defender関連の更新やその他の更新がインストールされることもあります)。Windows 10 バージョン1809では、Windowsと.NET Framework両方のCリリースのダウンロード、インストールが始まります。

 .NET FrameworkのCリリースのダウンロードとインストールを開始しようと、日本時間2020年10月2日にWindows 10 バージョン2004で「更新プログラムのチェック」をクリックしました。しかし、何も検出されずに「最新の状態です」にすぐに戻りました(画面1)。

画面1
画面1 .NET FrameworkのCリリースをインストールしようと「更新プログラムのチェック」をクリックしたが、何も起こらない

 例の「進行状況を表示しない問題」と思い、1時間以上様子を見ましたが何も変化がありません。関連するプロセス(Tiworker.exe)やダウンロード先(C:\Windows\SoftwareDistribution\Download)、ログ(C:\Windows\SoftwareDistribution\ReportingEvents.log)を確認してもCリリースのダウンロードやインストールが行われている形跡はありませんでした。PCを再起動してみましたが、その後の挙動は次に説明する「パターン2」と同じです。

 ここで指摘しておきたいのは、「更新プログラムのチェック」のクリックは、サポート情報「KB4576945」で説明されているWindows Updateで.NET FrameworkのCリリースのインストールを開始する手順だということです。説明通りにやっても何も起こりませんでした。これが今回の固有の挙動なのかどうかは不明です。

パターン2――「更新プログラムのチェック」をクリックしてすぐに再起動(再起動1回または2回)

 パターン2では、「更新プログラムのチェック」をクリック後、「最新の状態です」に戻ったところで、通常の方法でWindowsを再起動してみました。再起動後、再び「設定」アプリの「Windows Update」を開くと、.NET FrameworkのCリリースのダウンロード、インストールが始まっていました(画面2)。

画面2
画面2 「更新プログラムのチェック」をクリックしてからすぐに(または時間をおいて)再起動すると、.NET FrameworkのCリリースのダウンロード、インストールが始まる。今回はインストール完了後に再起動を要求されることはなかった

 .NET Frameworkの累積更新プログラムやCリリースは、インストールを完了するために再起動が必要なこともあれば、再起動が要求されないこともあります。今回は再起動が要求されるPCと、されないPCがありました。

 パターン1からパターン2の状況は、ユーザーが意図せず遭遇する可能性があるシナリオだと思います。「更新プログラムのチェック」をクリックして何もなかったと思いきや、翌日などWindowsを起動した際、勝手に更新プログラムのインストールが始まったように見えるでしょう。もし、再起動が要求される更新だった場合は、突然「デバイスは、更新するためにアクティブ時間外に再起動されます」という通知を目にすることになります。

パターン3――「オプションの更新プログラム」から選択してインストール(再起動1回または2回)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る