検索
ニュース
小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:

2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始

サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 サイバーエージェントは2020年11月16日、スプリックスと設立したプログラミング総合研究所で、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始すると発表した。第1回は2020年12月に実施予定。2021年5月までは受検料を無料にするとしている。

画像
プログラミング能力検定のレベル表(出典:サイバーエージェント

「プログラミングの概念に対する理解度」を評価

 プログラミング能力検定は、各教育機関からの「プログラミング教育を推進する中で目標設定や評価のための尺度がほしい」といった声を受けてプログラミング総合研究所が開発した。

 順次処理や条件分岐、繰り返し、変数などプログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。同研究所は「受験後に成績表を発行する。それによって『高校までに学ぶプログラム概念』の理解度を客観的に把握できる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る