AI IoT

icon
AI・機械学習のデータセット辞典:

データセット「Fashion-MNIST」について説明。7万枚の写真(ファッション商品)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。

(2020/05/28)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「ELU(Exponential Linear Unit)」について説明。「0」を基点として、入力値が0以下なら「0」〜「-α」(αは基本的に1.0)の間の値を、0より上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUの拡張版。

(2020/05/27)

icon
衛星データプラットフォーム「Tellus」を活用:

さくらインターネットは、プログラミングと機械学習の基礎について学習できるeラーニング講座を無償提供する。衛星データやプログラミングの基礎知識、衛星データの解析手順、分析の実践、Pythonによる画像処理や衛星画像の加工、数値予測手法などを学習できる。

(2020/05/25)

icon
TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:

基本的なDNNの知識だけでも、さまざまな問題を解決できる。今回は「回帰問題」を解いてみよう。ディープラーニングの基本部分はワンパターンで、全く難しくないことが体感できるはずだ。

(2020/05/25)

icon
ものになるモノ、ならないモノ(@IT 20周年記念 特別編):

@IT 20周年記念として、2005年に開始した長寿連載「ものになるモノ、ならないモノ」の筆者、山崎潤一郎氏に2020年までの連載を振り返っていただきました。こちらこそ、末永くよろしくお願いします!

(2020/05/22)

icon
AI・機械学習の独学リソース:

今や無料の動画だけでも、AI・機械学習・ディープラーニングは手軽に楽しく学べる。「機械学習/ディープラーニングに必要な数学」「機械学習/ディープラーニングの概要」「ディープラーニングの技術理解」の観点で、初心者にお勧めの無料動画を紹介する。

(2020/05/22)

icon
約1カ月で一通りを学習:

総務省は、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講した。誰でも無料で利用でき、「統計データの活用」「統計学の基礎」「データの見方」「公的データの使い方とコースのまとめ」という4つのテーマを学べる。

(2020/05/21)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

より高度なニューラルネットワークの作成に移る前に、これまでの知識を使って、MNISTの手書き数字を認識するプログラムを作ってみます。

(2020/05/21)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「PReLU(Parametric ReLU)」について説明。「0」を基点として、入力値が0より下なら「入力値をα倍した値」(αはパラメーターであり学習により決まる)、0以上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUやLeaky ReLUの拡張版。

(2020/05/20)

icon
「password」「123456」などでログイン可能:

NICTらは、脆弱なIoT機器やマルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起状況を公表した。特定のIDとパスワードでログインでき、注意喚起対象となったIoT機器は2249件だった。

(2020/05/19)

icon
人気連載まとめ読み! @IT eBook(64):

人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第64弾は、AI・機械学習・ディープラーニングの仕組み理解と初めての実践をサポートする連載記事。直感的に理解できる図解中心で気楽に学べる。

(2020/05/19)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「Leaky ReLU(Leaky Rectified Linear Unit)/LReLU」について説明。「0」を基点として、入力値が0より下なら「入力値とα倍した値」(α倍は基本的に0.01倍)、0以上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUの拡張版。

(2020/05/15)

icon
AI・機械学習の数学入門:

式の値が最小になるときのxの値を求めたり、値がどのように変化していくかを見たりするためには微分が活用できる(回帰分析・重回帰分析につながる基礎知識)。今回は平均変化率から始め、微分の基本を一歩ずつゆっくりと追いかける。

(2020/05/14)

icon
気になるニュース&ネット記事:

Kerasの公式サイト「keras.io」が完全リニューアル。Kerasのインストール方法やkerasモジュールのインポート方法に関する説明が変わった。「tf.kerasに一本化」とはどういうことなのかを解説する。

(2020/05/13)

icon
次の一手は……?:

エクサウィザーズは、新型コロナウイルス感染症に関するアンケート結果を発表した。同感染症の影響が2021年以降も続くと考えている割合は6割弱。アフターコロナに向けた取り組みについては、65%の会社が働き方の再設計に注力するという。

(2020/05/12)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

PyTorchが提供するLinearクラスの簡易版を作りながら、全結合型のニューラルネットワークで何が行われるのかを見ていきます。

(2020/05/12)

icon
院内システムに縛られず解析結果を確認可能に:

エムスリーはNOBORIと事業提携契約を締結し、医用画像診断AIプラットフォーム事業を開始する。

(2020/05/11)

icon
1カ月で3万件発生するバグを利用:

Microsoftは、教師あり機械学習を活用することにより、セキュリティバグの特定と分類の精度を大幅に向上させたと発表した。開発時、さらには運用後の改善にはセキュリティ専門家の協力を仰ぐことが不可欠なのだという。

(2020/05/11)

icon
悲観的シナリオではマイナス9.3%:

IDC Japanは、2020年国内ICT市場の支出額を、対前年比6.1%減の27兆8357億円に下方修正した。新型コロナウイルス感染症の状況を反映させた。楽観的シナリオではマイナス3.8%程度に改善する一方で、悲観的シナリオではマイナス9.3%まで落ち込む見込みだ。

(2020/05/11)

icon
「TensorFlow」や「PyTorch」のラッパー機能を備える:

Geek Guildは、Python向け機械学習ライブラリのオープンソースプロジェクト「SmallTrain」を開始する。商用利用が可能な学習済みのAIモデルを備え、ユーザーのデータを学習させることで、独自の学習済みモデルを構築できる。

(2020/05/07)

icon
関連業務の技術的アプローチ調査などに活用:

Parksは、新型コロナウイルス感染症に関する特設ページを開設した。AIを活用した新型コロナウイルスに関する研究論文を全世界から集めてデータベース化した。2020年4月以降に発表された論文を読める。

(2020/04/29)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「Mish関数」について説明。「0」を基点として、入力値が0以下なら出力値は「ほぼ0」だが(わずかに「負の値」になる)、0より上なら「入力値とほぼ同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。類似するReLUやSwish関数の代替として使われる。

(2020/04/28)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

シンプルな関数をニューラルネットワークに見立てて、その係数を学習させながら、その過程でどんなことが行われているかを見ていきます。

(2020/04/27)

icon
@IT/Deep Insiderの歩き方:

Pythonや機械学習(ディープラーニング)を学ぶための学習リソースとして、@IT/Deep Insider上にある連載(技術解説記事)を、「Python」「開発環境」「数学/統計/データサイエンス」「ディープラーニング/機械学習」という4つの分野で紹介する(全18連載)。

(2020/04/24)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「ソフトプラス関数」について説明。途中から右肩上がりになる滑らかな曲線で、「0」〜「∞」の間の値(入力値が0以下なら「0」に近い数値、0より上なら「入力値と同じ値」に近い数値)を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。

(2020/04/22)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

あやめの品種を推測するニューラルネットワーククラスの動作を確認しながら、その内部でどんな処理が行われているのかを見ていきましょう。

(2020/04/21)

icon
PythonやR向け:

Microsoftは、時系列予測のベストプラクティスを共有するためのGitHubリポジトリを開設した。PythonやRを使っている開発者に向けたものだ。

(2020/04/20)

icon
人気連載まとめ読み! @IT eBook(63):

人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第63弾は、Pythonでプログラミングをする上で必須の構文をギュギュッとまとめたPythonチートシート!

(2020/04/20)

icon
AI・機械学習の数学入門:

「Σ」を理解して総和をマスターしよう。応用で、Σの公式を使って平均を求めてみる(最小二乗法につながる基礎知識)。さらに、平均を使って重心を求める計算も行う(クラスタリング「k-means法」につながる基礎知識)。

(2020/04/16)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「Swish関数」について説明。「0」を基点として、0以下なら「ほぼ0」だが(わずかに「負の値」になる)、0より上なら「入力値とほぼ同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。類似するReLUの代替として使われる。

(2020/04/15)

icon
「フェイクニュースを見聞きした」7割以上:

野村総合研究所は、生活者のコミュニケーション方法や情報収集手段に対する「新型コロナウイルス感染拡大の影響の調査結果」を発表した。それによると、情報の入手手段は年代によって特色があり、若年層はSNS、高齢層はテレビという傾向が見られた。

(2020/04/13)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。