AI IoT

icon
解決!Python:

for文で処理を繰り返し実行する際の典型的なコード例を紹介。range関数、enumerate関数、zip関数、break文とcontinue文についても触れる。

(2020/09/18)

icon
テキストマイニングで会話の流れを可視化:

ユーザーローカルは、「ユーザーローカル音声議事録サービス」を無償で提供する。オンライン会議の議事録を自動的に作成するサービスで会話の流れを可視化できる。

(2020/09/17)

icon
目指したのは初学者向けの「Kaggle」:

データサイエンスに興味がある技術者の間で話題になった「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」。生みの親である森谷和弘氏によると、この取り組みが生まれた背景には「データ分析の最も大きいニーズに応える環境がない」という課題があったという。

(2020/09/17)

icon
旭化成、NTTデータなどが参加:

応用脳科学コンソーシアムは、脳科学とAIの融合による脳融合型AIの研究開発を開始する。社会的に中立性の高い組織で、継続的に脳科学とAIの融合研究の産業応用に向けて取り組むという。

(2020/09/16)

icon
AI・機械学習のデータセット辞典:

データセット「Reuters newswire」について説明。1万1228件のロイターニュース配信テキストに対するトピック分類問題が扱えるデータセットについて説明する。TensorFlow/Kerasにおける利用コードも紹介。

(2020/09/16)

icon
MLOpsイベントレポート:

MLOpsコミュニティーのイベントレポート連載。今回は「MLOpsとは何で、今なぜそれが必要なのか」「実際にMLOpsでやることとは何か」「機械学習モデルの開発から運用におけるMLOpsがなぜうまくいかないのか、どうすればよいのか」について学ぶ。

(2020/09/14)

icon
コンテンツが改変されていないことを保証する技術も登場:

Microsoftは、写真や動画が改変されている可能性をパーセントで表示するディープフェイク検出技術「Microsoft Video Authenticator」を発表した。コンテンツが改変されていないことを保証する技術も併せて公開した。

(2020/09/11)

icon
豊富なAPIや「AutoML」「Kaggle」など:

Googleは、機械学習を利用したアプリケーション開発を容易にする「Google Cloud」のAIツールを公式ブログで紹介した。

(2020/09/11)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

オートエンコーダーの活用例の一つである異常検知を、MNISTの手書き数字を例に体験してみましょう。

(2020/09/11)

icon
「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:

三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。

(2020/09/10)

icon
観測データが本物の惑星である確率を機械学習アルゴリズムで初めて判定:

ウォーリック大学の研究者などを含むチームは新しい機械学習アルゴリズムを開発した。NASAの系外惑星探査衛星「Kepler」から得られた惑星候補で試したところ、50個の候補を惑星だと確認できた。

(2020/09/09)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「偏りと分散のトレードオフ」について説明。機械学習モデルによる予測において汎化誤差を最小化させるために、偏り誤差を小さくするとバラツキ(分散)誤差が大きくなり、逆にバラツキ誤差を小さくすると偏り誤差が大きくなるという、両者のトレードオフの関係性を示す。

(2020/09/09)

icon
AI・機械学習のデータセット辞典:

データセット「ImageNet」について説明。1400万枚以上のカラー写真(教師ラベルは2万カテゴリー)の画像データ(のURLなど)が無料でダウンロードでき、画像認識などに利用できる。主に研究/教育目的で用いられてきた歴史的に有名なデータセットであるが、現在では多くの問題も指摘されている。

(2020/09/08)

icon
「言語化できない脳の反応」を利用:

NTTデータなど3社は、楽曲の特徴を捉えてヒットソングがヒットした要因を把握するなど、楽曲の脳情報化に関する技術を開発した。人が楽曲を聴いているときの脳活動を推定して、楽曲の特徴を抽出し、可視化する。

(2020/09/07)

icon
光ファイバーから出た光の位相変化を抽出し、AIで分析:

NECはAIを使ってコンクリート電柱のひび割れの有無を判定することに成功した。既存の通信用光ファイバーを振動センサーにする「光ファイバーセンシング技術」で関連するデータを遠隔から取得できる。

(2020/09/04)

icon
解決!Python:

文字列やリストの要素数(長さ)を得るには組み込みのlen関数を使用する。if文やfor文で、len関数を使って要素数を調べなくてもよい場合についても説明。

(2020/09/04)

icon
AI・機械学習の数学入門:

微分法は回帰分析だけでなく、機械学習のさまざまなタスクで使われる。特に、合成関数の微分(連鎖律)はニューラルネットワークの学習において必須となる。今回はそのための第一歩として、合成関数がどのようなものであるかを見た後、合成関数の微分法の公式とその計算方法を紹介する。

(2020/09/03)

icon
GANのルールを直接変更:

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、Generative Adversarial Network(GAN:敵対的生成ネットワーク)モデルの条件を操作できるツールを開発した。

(2020/08/28)

icon
作って試そう! ディープラーニング工作室:

GPUを使えるようにGoogle Colabを設定し、PyTorchからGPUを使って畳み込みオートエンコーダーの学習を高速化してみましょう。

(2020/08/28)

icon
2024年には世界で約2600億円規模の市場に:

サークレイスは社名と同名の統合型カスタマーサクセスプラットフォーム「Circlace(サークレイス)」を発表。顧客とのやりとりを統合することで、工数の削減やデータ利活用が見込めるという。

(2020/08/27)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「内挿/外挿(Interpolation/Extrapolation)」について説明。機械学習モデルで、訓練データの範囲内で出力を求めることを「内挿」、範囲外で求めることを「外挿」と呼ぶ。機械学習モデルは、原理的に内挿は得意だが、外挿は苦手。

(2020/08/26)

icon
「京」の代わりに「Oakforest-PACS」を使用:

理研の三好建正氏らの共同研究グループは、首都圏の30分後までの降水予報を30秒ごとにリアルタイム更新する超高速降水予報の実証実験を2020年8月25日〜9月5日に実施する。わずか数分の間に急激に発達するゲリラ豪雨を予測できる。

(2020/08/25)

icon
AI・機械学習の独学リソース:

アメリカのスタンフォード大学/MIT/ハーバード大学/コロンビア大学/ニューヨーク大学といった有名大学の一部では機械学習や深層学習のオンライン講座/講義動画を無料で配信している。その概要と特長をまとめる。

(2020/08/25)

icon
「未病診断による健康リスク評価にも応用可能」:

カルディオインテリジェンスは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が公募した「医療機器開発推進研究事業」に採択され、ディープラーニングを活用した隠れ心房細動診断の治験を実施する。

(2020/08/24)

icon
解決!Python:

Pythonで数値を0埋めして文字列化するには、f文字列、formatメソッド、format関数、%演算子などの方法がある。

(2020/08/21)

icon
「ムーアの法則は限界、シリコンの先へ」:

ガートナー ジャパンは、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。今後5〜10年にわたって競争優位性をもたらす可能性が高い一連の技術に注目し、1700以上の技術を分析した上で知見を抽出して30の先進技術と5つのトレンドにまとめた。

(2020/08/20)

icon
「巡回セールスマン問題」を1秒以内に解く:

広島大学大学院の教授である中野浩嗣氏らの研究チームは、組み合わせ最適化問題の解を高速に探索する新しい計算方式「アダプティブ・バルク・サーチ」を開発した。著名な組み合わせ最適化問題である「最大カット問題」「巡回セールスマン問題」「ランダム問題」について、いずれも1秒以内で最適解が得られたという。

(2020/08/19)

icon
AI・機械学習のデータセット辞典:

日本政府が公開するオープンデータの中でも、機械学習/データサイエンスに活用できるお勧めのデータセットを厳選して紹介する。具体的には「e-Stat(政府統計の総合窓口)」「Tellus(衛星データプラットフォーム)」「過去の気象データ(気象庁)」の3つ。

(2020/08/19)

icon
「機能性食品」をどこで区切るのか:

リクルートは、Python向けの日本語自然言語処理ライブラリ「GiNZA version 4.0」をオープンソースで無償提供した。多言語対応自然言語処理フレームワーク「spaCy version 2.3」に合わせてライブラリを再設計した。

(2020/08/18)

icon
コンピュータによる写真撮影やARエフェクト、ユーザビリティ向上などに利用可能:

Googleは、虹彩の追跡によって目の位置の推定を正確に行うための機械学習モデル「MediaPipe Iris」を公開した。

(2020/08/17)

icon
紙やはんこが不要に:

石川県加賀市は、トラストバンクが提供する「LoGoフォーム」とxIDが提供する同名のデジタルIDアプリを連携させた行政手続きデジタル化ツール「LoGoフォーム電子申請」を導入した。

(2020/08/17)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。