アジャイル/DevOps

icon
超入門「PL/SQL」(9):

本連載は、「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用するための実践講座です。前回に引き続き「例外処理」について解説します。

(2019/09/18)

icon
モダンCPUでは性能低下は軽微:

ミュンヘン工科大学の研究チームのメンバーはRust言語で開発したネットワークデバイスドライバの処理速度をC言語のものと比較した。その結果、Rust版の速度低下は最大でも数%にとどまっていた。なぜ処理性能がわずかに遅くなるのか、その理由も説明した。

(2019/09/13)

icon
VS 2019 バージョン16.3で利用可能:

Microsoftが9月4日にリリースした「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」では、開発中の「Visual Studio Terminal」の最初のプレビュー版が提供されている。「Windows Terminal」と一部のコードを共有しているという。

(2019/09/12)

icon
超入門「PL/SQL」(8):

本連載は、「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用するための実践講座です。今回と次回は「例外処理」について解説します。

(2019/09/11)

icon
コードの変更パターンを検知:

Microsoftがリリースした「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」では、IntelliCodeがリファクタリングを支援する。開発者がコードにある変更を施すと、類似したコードのパターンを探し出すというもの。例えば開発者が自ら正規表現を工夫するよりも楽になる。

(2019/09/10)

icon
VLOOKUPの制約を克服:

Microsoftは、新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表し、β版を提供開始した。「VLOOKUP」や「HLOOKUP」の後継となる関数だ。併せて「XMATCH」関数も発表した。

(2019/09/04)

icon
コンテナベースのCI/CD本番事例大解剖(3):

Kubernetes、コンテナ技術を活用したCI/CD基盤におけるサービス開発について、リクルートテクノロジーズの事例を基に解説する連載。今回は、インフラエンジニア視点からKubernetesを前提としたCI/CDの具体例について解説します。

(2019/09/03)

icon
開発者エクスペリエンスを向上:

Microsoftはオープンソースプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.6」を公開した。識別子内のUnicode文字サポートの改善や、SystemJSにおけるimport.metaサポートなどが特徴だ。

(2019/08/30)

icon
設定、キーバインド、コピー機能などがアップデート:

Microsoftは、オープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.4」を公開した。設定やキーバインド、コピー機能などがアップデートされている。

(2019/08/29)

icon
対応優先度と対応策を自動通知:

ビズリーチは、オープンソースソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性管理ツール「yamory」の提供を開始した。システムが利用しているOSSの状況を自動的に把握し、脆弱性を管理する。

(2019/08/28)

icon
「顧客が最も重視する価値を最初に特定」:

アクセンチュアが実施した調査によると、優秀な企業は実施したPoCの半数以上を本格化して同業他社を上回る収益を挙げていた。しかもこうした企業では、実際のRODIが目標を上回っていた。

(2019/08/26)

icon
お固い製造業にアジャイルの風を:

固いイメージのある製造業でありながら、アジャイル開発の導入に成功した本田技研工業。自由な風土があるから導入できたのだろうとうらやましがられることも多いそうだが、実はさまざまな失敗と摩擦を乗り越えて今があるという。

(2019/08/26)

icon
正式版は予定通り年内リリース:

Microsoftは、多数の新機能を追加した「PowerShell 7 Preview 3」を公開した。PowerShell 7の位置付けは、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンである。

(2019/08/23)

icon
「負荷テスト」や「自動復旧」を活用:

アカツキでエンジニアを務める駒井祐人氏が、スマートフォンゲームアプリ「ロマサガRS」でどのように障害を回避したのか紹介した。

(2019/08/23)

icon
戦略と組織でDXに適した体制構築が重要:

NTTデータ経営研究所は、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する取り組みの実態について調査し、その結果速報を発表した。DXで成果を上げるには戦略と組織の両面でDXに適した体制を築くことが重要だとしている。

(2019/08/22)

icon
「ウオーターフォールはまるで遠洋漁業」:

7年に渡ってウオーターフォール型で開発してきたプロジェクトでアジャイルを採用した富士通ソフトウェアテクノロジーズ。成功を収めたポイントはどこにあったのだろうか。

(2019/08/13)

icon
「React」「Angular」「Node.js」がトップ3:

オンライン履歴書改善サービス「CV Compiler」の提供元が、AngelList、StackOverflow、LinkedIn、その他IT企業の人材採用ページから、JavaScript開発者の求人情報約300件を収集し、頻繁に言及される募集条件を調査した結果を発表した。

(2019/08/09)

icon
イベントドリブンや断続的なワークロードに最適:

Oracleは、「Oracle Cloud Infrastructure」のFaaS(Functions as a Service)基盤「Oracle Functions」の一般提供を開始したと発表した。

(2019/08/07)

icon
「Windows Server 2003のような混乱はない」:

IDC Japanが発表した、サーバ向けOSの国内市場予測によると、2019年の成長率は6.2%。Windowsは「Windows Server 2008」のサポート終了に伴う特需で、2019年は対前年比8.8ポイント増の見込み。Linuxは引き続き2桁成長が続く。

(2019/08/07)

icon
UIがアップデートされ、構成オプションも拡充:

Microsoftはオープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.3」をMicrosoft Storeで公開した。幾つかの大きな改良が加えられている。

(2019/08/06)

icon
データフォーマット、データモデルなどに非依存:

Amazon Web Services(AWS)は、データがどこに、どんなフォーマットで保存されているかにかかわらず、簡単かつ効率的にデータクエリを実行できるオープンソースのSQL互換クエリ言語「PartiQL」を発表した。

(2019/08/05)

icon
ワンクリックでAzureにデプロイもできる:

Microsoftは、同社の全コードサンプルを閲覧できるポータルサイト「docs.microsoft.com/samples」(Browse code samples)を開設した。

(2019/08/02)

icon
「構造的変更」が有効:

WACULはWebサイトのリニューアルとCV数やCVRの向上効果に関する調査結果を発表した。リニューアルしたWebサイトの7割でCVの改善効果がなく、半数以上は逆効果だった。リニューアルするならば、CV定義の見直しが効果的だという。

(2019/08/02)

icon
コンパイル時間を比較:

Mozillaは現在に至るまでRustコンパイラが順調に高速化していることを明らかにした。2019年の年初や2017年11月といった過去の時点のコンパイル時間と現在の性能を比較した。

(2019/07/30)

icon
テストエクスプローラーなどが進化:

Microsoftは2019年4月初めにリリースした「Visual Studio 2019」のマイナーアップデート版「Visual Studio 2019 バージョン16.2」の一般提供を開始した。テストエクスプローラーを改善した他、.NET開発者向けの機能を拡充した。

(2019/07/29)

icon
「ゲーミフィケーション」の悪影響を防止:

いろはソフトは自律型学習支援システム「iroha Compass」を無償で提供する。教師主体の教材配信型である既存のeラーニングシステムと異なり、iroha Compassは学習者が主体の新しい形態で、アクティブラーニングや研究活動などに活用できる。

(2019/07/26)

icon
性能や安全性以外にも評価あり:

Microsoft Security Response Center(MSRC)は、C/C++に代わるシステムプログラミング言語の最有力の選択肢として「Rust」を挙げ、その理由を解説した。合わせてMicrosoftのような大規模なコードベースを持つ企業にとっての課題も示した。

(2019/07/24)

icon
ジェネレータの厳密な型チェックなどを改善:

Microsoftはオープンソースプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.6」のβ版を公開した。ジェネレータとイテレータでの型の扱いが改善されてしている。

(2019/07/23)

icon
データ活用には「最高データ責任者」(CDO)を:

ガートナーは「第4回最高データ責任者(CDO)サーベイ」の結果を発表した。企業情報管理やBI/アナリティクスと比べて、マスターデータ管理(MDM)の成熟度は低かった。機械学習やAI(人工知能)については、多くのCDOが重要だと回答した。

(2019/07/19)

icon
メモリ破壊バグを避けるには:

Microsoft Security Response Center(MSRC)は、ソフトウェアのセキュリティ確保と効率性の両方の要件を満たす最も有望なシステムプログラミング言語の一つとして、「Rust」を高く評価した。メモリ破壊バグをそもそも作り込まないことでセキュリティを確保できるという。

(2019/07/18)

icon
10個のヒントとは?:

プロジェクトメンテナーの立場にあるとき、提出されたコードが何らかの理由で気に入らない場合はどうしたらよいだろうか。Red Hatのソフトウェアエンジニアが、コードレビューを行うに当たって念頭に置くべき10のヒントを解説した。

(2019/07/10)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。