アジャイル/DevOps

icon
3つの理由とは:

データサイエンスと機械学習のコンサルタントであるビッキー・ボイキス氏は「Python 3」への移行に時間がかかっている理由を開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」で解説した。

(2019/11/18)

icon
変わる「ソフトウェア品質」再考(2):

「ソフトウェア品質」は時代とともに変化している。本連載では、「品質」というものをもっと分かりやすく理解してもらうために、あらためて「品質」について再考していく。今回は「品質モデル」の基礎知識について。

(2019/11/13)

icon
開発者が伝える現場の声:

Microsoft Security Response Centerは公式ブログにおいて、Microsoftにおけるプログラミング言語「Rust」導入の進展を紹介するシリーズ記事を更新、「Hyper-V」開発者のレポートを公開した。C++を利用した開発と比較して何がメリットなのか、Rustに欠けている部分はないのか、当事者ならではの指摘に富んでいる。

(2019/11/12)

icon
ベテランのノウハウを一元管理:

SCSKサービスウェアは「暗黙知使えるソリューション」の提供を開始する。社内のベテラン人材が持つ熟練した技術や経験を一元管理し、後任者にスムーズに継承できるようにする。

(2019/11/12)

icon
多彩な新機能を追加:

Microsoftは、多数の新機能を提供するオープンソースプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.7」を公開した。オプショナルチェイニングの実装やnullish coalescing演算子の導入といった改善を加えた。

(2019/11/08)

icon
政府官公庁/地方自治体の成長率はマイナス:

ガートナー ジャパンの、国内のIT支出に関する予測によると、2018年から2023年までの年平均成長率は全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円。年平均成長率が最も高い業種は金融で2.4%増と予測する。

(2019/11/08)

icon
3種類のエディタをサポート:

Microsoftは、オンデマンドでマネージド開発環境を提供する「Visual Studio Online」のパブリックプレビュー版を公開した。Visual Studio CodeやVisual Studioからも利用可能な他、内蔵のWebブラウザベースのエディタも利用できる。

(2019/11/06)

icon
「配置から運用まで一貫してサポート」:

NECは「NEC Cloud Solutions」について、コンテナアプリケーションの開発と活用のプラットフォームを拡充する。マルチクラウドとマルチコンテナプラットフォームを組み合わせて、コンテナの配置や展開から運用まで一貫したマネージドサービスとして提供する。

(2019/11/05)

icon
やり直しもできる:

Microsoftは、オープンソースで開発中のパワーユーザー向けWindowsユーティリティー集の最新版「PowerToys v0.12」を公開した。ファイル名変更ツールやウィンドウマネージャーが目玉だ。

(2019/11/01)

icon
コンテナベースのCI/CD本番事例大解剖(終):

Kubernetes、コンテナ技術を活用したCI/CD基盤におけるサービス開発について、リクルートテクノロジーズの事例を基に解説する連載。最終回は、「プロダクト品質の磨き込み」「アジリティの向上への取り組み」の2つを中心に解説を進めます。

(2019/11/01)

icon
コラボレーションツール市場動向:

ノークリサーチは、中堅中小企業を対象としたコラボレーションツールの市場動向に関する調査レポートを発表した。従来のグループウェアとは異なり、システム連携や社外との情報共有など、ユーザー企業の意識の変化がうかがえる。

(2019/10/29)

icon
NICTが開発している無線通信用のテスト環境とは:

2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「20年後のソフトウェアテストの話をしよう」で、情報通信研究機構の湯村翼氏がセンサーデータや物理的な情報を取り込むためのさまざまなテスト技術を説明した。

(2019/10/29)

icon
経費精算ソフトの成長が著しい:

富士キメラ総研は、国内ソフトウェア市場の調査結果をまとめた。2019年度の市場規模は1兆3961億円の見込みで、2023年度には1兆7550億円に拡大すると予測する。中でも経費精算ソフトの成長が著しく、2023年度の市場規模は、2018年度比3倍に拡大する見込みだ。

(2019/10/28)

icon
現場から見た「DXの真相」(1):

バズワードとなりつつある「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。だが、ちまたで語られるDXは手段が先行しているように見える。本当のDX実現のために何が必要なのか。長年IT業界で働く著者が現場の目線で解説する。

(2019/10/25)

icon
成果物をAWSに保存:

AWSは、オープンソースのシステムプログラミング言語「Rust」の採用に続いて、開発プロジェクトをスポンサーとして支援することを発表した。

(2019/10/17)

icon
FiNCのマイクロサービス開発事例:

システムを気持ち良く開発、保守するための「開発者体験」(DX:Developer Experience)に注目が集まっている。なぜ開発者体験が重要なのか。ヘルスケア/ダイエットアプリ「FiNC」をマイクロサービスで開発するFiNC Technologiesの鈴木健二氏が語った。

(2019/10/17)

icon
エディタ機能などを改良:

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2019」リリース(バージョン1.39)を公開した。ソース管理ビューやデバッグ時の画面などを改善した。

(2019/10/15)

icon
2019年11月に正式リリース予定:

Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.7」のβ版を公開した。オプショナルチェイニングの実装が目玉だ。nullish coalescing演算子の導入の他、「--declaration」と「--allowJs」を組み合わせて使えるようになるなど、多数の新機能を提供する。

(2019/10/07)

icon
手掛かりは「スクラム」「ゲームソフト開発」:

2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「われわれはいかにして機械学習プロジェクトのマネージメントをすべきか」で、はてなの「Mackerel」のディレクターが機械学習技術の開発における「不確実性」のマネジメント術を説明した。

(2019/10/04)

icon
うまくいけばイノベーションが促進:

アクセンチュアは、創造的破壊について調査した最新レポートを公開した。それによると、先進企業は創造的破壊を通じてイノベーションを促進していた。同社では、創造的破壊はイノベーションに向けた取り組みを促進するためのものだとしている。

(2019/10/03)

icon
Microsoft社内の採用事例:

MicrosoftはRust言語を実運用環境で採用した。「Azure IoT Edge」に向けたセキュリティデーモンを実装するプログラミング言語として利用している。Microsoft Security Response Center(MSRC)は、このような決定の背景と、実装過程で分かったメリットと課題について解説した。

(2019/10/02)

icon
変わる「ソフトウェア品質」再考(1):

「ソフトウェア品質」は時代とともに変化している。本連載では、「品質」というものをもっと分かりやすく理解してもらうために、あらためて「品質」について再考していく。初回は「当たり前品質」の歴史、今後について。

(2019/10/01)

icon
設定スキーマを導入:

Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview 1909」を公開した。オープンソースであり、2019年9月にリリースされたCascadia Codeフォントも含む。

(2019/09/27)

icon
「.NET Core 3.0」に対応:

Microsoftは、2019年4月初めにリリースした「Visual Studio 2019」のマイナーアップデート版「Visual Studio 2019 バージョン16.3」の一般提供を開始した。.NET Core 3.0対応などが目玉だ。

(2019/09/27)

icon
謎の「業界の通例」があるカード決済の仕組み:

2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「クレジットカードの通信プロトコル ISO8583 と戦う」で、カード決済システムを自社開発したエンジニアがISO8583の中身を明かした。

(2019/09/26)

icon
DXが追い風になり基幹システムへの投資が増:

矢野経済研究所が発表した国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査結果によると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。2019年は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。

(2019/09/25)

icon
2020年1月に正式リリース:

Microsoftが公開した「PowerShell 7 Preview 4」では、多くのバグを修正し、三項演算子などの新機能を追加した。PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンだ。

(2019/09/24)

icon
標準機能で実行可能:

Microsoftは、「Visual Studio」で任意の実行可能ファイルをプロジェクトとして開き、デバッグやプロファイリングを実行する機能を公式ブログで紹介した。

(2019/09/20)

icon
「時間割引率」と作業時間の関係性も調査:

近畿大学の研究グループは、ゲーミフィケーションを導入することでソフトウェア開発の作業効率が高まることを明らかにした。プログラムの作成時間が平均で約20%短縮した。

(2019/09/20)

icon
Oracle OpenWorld 2019:

Oracleは年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」において、自律型データベースの機能拡充や「Exadata」ポートフォリオの拡大、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Cloud Infrastructureの一部機能を期限なしで無料で試せる「Always Free」、顧客データの自動保護ソリューションを発表した。

(2019/09/18)

icon
超入門「PL/SQL」(9):

本連載は、「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用するための実践講座です。前回に引き続き「例外処理」について解説します。

(2019/09/18)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。