アジャイル/DevOps

icon
パフォーマンスカウンタのデータを利用:

テキサスA&M大学の研究者がIntel Labsのコンピュータ科学者と共同で、ソフトウェアのアップデートに起因する処理速度の低下に関する研究結果を発表した。PCやサーバが備える数百のパフォーマンスカウンタから情報を取得し、正常動作と異常動作を判定できる。

(2020/02/25)

icon
「データリテラシーによる人への影響」調査:

アクセンチュアとQlik Technologiesが実施した「データリテラシーによる人への影響」に関する調査の結果によると、多くの企業がデータに基づいた経営戦略を実践したいと考えているのに対して、従業員はデータから価値を生み出すのに十分な能力を持っておらず、ギャップが生じていることが分かった。

(2020/02/25)

icon
テストドリブン型のRPA開発のススメ(1):

RPAの品質向上、運用コスト削減につながるテストファーストなRPAにおける開発アプローチを紹介する連載「テストドリブン型のRPA開発のススメ」。初回は、テストドリブン型の開発手法とRPAに適用した際のイメージ、RPA開発のベストプラクティスなどについて。

(2020/02/21)

icon
起動オプションを指定可能に:

Microsoftは、正式版の機能を網羅したターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.9」を公開した。コマンドラインで起動オプションを指定できるようになった他、インストール済みの「PowerShell」を自動検出するようになった。

(2020/02/19)

icon
特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(2):

コンテナ、マイクロサービス、サーバレス、そしてアジャイル/DevOpsといった、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に求められる技術や手法を駆使した現在の開発では、どのようなセキュリティバイデザインが求められるのか。

(2020/02/19)

icon
特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(1):

近年の複雑化、多様化するサイバー攻撃を迎え撃つセキュリティ対策は、迅速なサイクルを回す開発が求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)の阻害要因になるのではという意見もある。その中、DXとセキュリティの両立に有効なのが「セキュリティバイデザイン」だ。では、企業がセキュリティバイデザインに取り組む上で、どのような課題があるのか。

(2020/02/17)

icon
変わる「ソフトウェア品質」再考(3):

「ソフトウェア品質」は時代とともに変化している。本連載では、「品質」というものをもっと分かりやすく理解してもらうために、あらためて「品質」について再考していく。今回はJNLA電磁的記録分野の技術的適用文書の概要について説明した後、「利用時品質」を再考する。

(2020/02/14)

icon
Jupyter Notebookや通知を改善:

Microsoftは、「Visual Studio Code」用のPython拡張機能の「February 2020」リリースを公開した。Jupyter Notebookエディタの起動を高速化するなどの改良を施した。

(2020/02/13)

icon
ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良:

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2020」リリース(バージョン1.42)を公開した。ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良した。

(2020/02/12)

icon
「花束問題」をモデル要件に:

ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討している同コミュニティーの会員企業を対象に、「ローコード開発リファレンスモデル」の無料提供を開始する。

(2020/02/11)

icon
Rustで処理速度を改善:

ゲーマー向けチャットアプリケーション「Discord」では、基盤サービスの一つである「Read States」が十分に高速化できない問題が明らかになった。開発チームは既存のコードをさらに改善することで対応しようとした。だが、Rust言語で再実装したところ、最適化を施す以前からパフォーマンスが向上した。なぜだろうか。開発チームがその理由を語る。

(2020/02/10)

icon
Cookieをデフォルトで安全な状態に:

Googleは、2020年2月4日にリリースされた「Google Chrome 80」ブラウザについて注意喚起を行った。新しいCookie分類システムの導入が始まったからだ。Cookieの設定を変更しないと、不具合が発生する可能性がある。

(2020/02/06)

icon
DXを成功させるための組織論(2):

製造業においてもDXの推進は重要な施策だ。しかし、実際には製造業ならではの壁にぶつかることも少なくない。本田技研工業で「製造のデジタル化」に挑むマネジャーが取った解決方法とは何だったのか。

(2020/02/04)

icon
現場から見た「DXの真相」(5):

デジタルトランスフォーメーション(DX)について、長年IT業界で働く著者が現場の目線で解説する本シリーズ。最終回はこれまでの連載を振り返りつつ、改めて「DXとは何か」について考える。

(2020/01/31)

icon
会社側は「無理しないで」と考えているが……:

ビッグローブは「悪天候時の出社に関する意識調査」の結果を発表した。悪天候時に出社したことがある従業員は約6割で、その理由は「当然だと思ったから」が最多。会社側は、「無理に出社をしなくてもいい」との考えが96%を占めた。

(2020/01/30)

icon
嫌われている業務は「幸福度」にも影響?:

オートメーション・エニウェアが発表した、「企業におけるデジタルの反復的な管理業務に費やしている時間と、それに対する従業員の姿勢」についての調査結果によると、単純で反復的なデジタル管理業務は本業の妨げとなると考える従業員が過半数を占めた。

(2020/01/29)

icon
2画面デバイスに対応した開発向け:

Microsoftは、2画面デバイス対応のSDKのプレビュー版や最新の取り組みを発表した。2019年10月に発表した折り畳み型のデュアルスクリーンデバイス向けの開発を支援する。

(2020/01/27)

icon
現場から見た「DXの真相」(4):

プロジェクトが頓挫する。そういった事態はなるべく避けたいが、もしなってしまったらどうリカバリーすればいいのか。プロジェクトが頓挫する原因とその回避方法について解説する。

(2020/01/27)

icon
数百万行のコードを解析可能:

Microsoftは、オープンソースでクロスプラットフォームのソースコード解析ツール「Microsoft Application Inspector」を公開した。多種多様なプログラミング言語で記述されたコンポーネントを使用した数百万行のコードを解析できる。コードの時間的な変化はもちろん、特に「危険な」部分がどこなのかを特定できる。

(2020/01/24)

icon
顧客満足度の高さで195カテゴリーの1038製品を選定:

アイティクラウドは、「ITreview Grid Award 2020 Winter」を受賞した195カテゴリーの1038製品を発表した。10レビュー以上を集めた製品を対象に、カテゴリーごとに「Leader」と「High Performer」を選んだ。

(2020/01/23)

icon
「APIは著作権で保護されない」と主張:

Red HatはIBMと共同で米国連邦最高裁判所に法廷助言書を提出し、OracleがGoogleに対して起こした訴訟で2018年に連邦巡回区控訴裁判所が下した「GoogleはAPIを複製した」という判決を覆すよう求めた。

(2020/01/22)

icon
学習しているのは1割未満:

NECパーソナルコンピュータは、子どものプログラミング学習とPCの使用実態に関する調査の結果を発表した。子どもにプログラミングを学習させたいとする割合は4割以上、実際に学習している割合は1.9%だった。

(2020/01/22)

icon
新規利用登録も可能だが、順番待ちの可能性も:

GitHubはAndroid向け「GitHub for mobile」のβ版を公開した。ウェイトリストに登録しているユーザーには、βテストにアクセスするためのリンクが電子メールで送られる。新規登録も可能。

(2020/01/21)

icon
「プログラミングよりも別のことを……」という声も:

MMD総研が実施した「2020年1月 小中学生のプログラミング教育に関する意識調査」の結果によると、小中学生の半数以上が「学校以外でプログラミングを学びたい」と回答し、学校以外では家族に教えてほしいと考えている人が最も多かった。

(2020/01/20)

icon
2020年4月に1.0版を予定:

Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.8」を公開した。オープンオースソフトウェアとして利用できる。今回は検索機能を追加し、設定やUIにも改良を施した。

(2020/01/16)

icon
2020年2月に正式リリース予定:

Microsoftは「TypeScript 3.8」のβ版を公開した。TypeScript 3.8は、ECMAScript規格の新機能や強化機能に加え、型のみのインポート/エクスポートのための新構文など、多くの新機能を提供する。

(2020/01/15)

icon
世界との差が開くばかり:

ガートナー ジャパンによると、日本企業がデジタル化の取り組みについて世界の企業に後れを取っており、その差が拡大しているという。特に「国に保護されている業界」でその差が顕著になっている。

(2020/01/15)

icon
エンタープライズの特性を踏まえたスクラムのアレンジは正義:

社会のあらゆる領域で「デジタル化」が進む現在、企業には、社会状況や消費者動向の急速な変化に、デジタル技術を武器としてビジネスを迅速に対応させる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)への取り組みが求められている。アイティメディアが、2019年12月11日に開催したセミナー「ITmedia DX Summit 2019年冬・PaaS編」の基調講演では、SOMPOホールディングス デジタル戦略部の西野大介氏が、エンタープライズに「アジャイル」「マイクロサービス」「コンテナ」といった新たな手法や技術を取り入れ、DXを推進していく際のポイントについて、自社での事例を交えつつ紹介した。

(2020/01/15)

icon
メモリ利用効率向上や高速化も実現:

Ruby開発チームは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の最新安定版「Ruby 2.7.0」をリリースした。パターンマッチ機能の導入やREPLの改善、ヒープコンパクションの追加など多数の改良を施した。

(2020/01/06)

icon
Webに欠けた技術は何か:

Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。

(2019/12/27)

icon
「知ったとき」から1年以内:

IPAは「情報システム・モデル取引・契約書」の民法改正を踏まえた見直し整理反映版を公開した。ユーザー企業とITベンダーのどちらかに利益が偏らないよう、中立的な立場での契約書作成を目指したという。

(2019/12/27)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。