AIと法律・知財・契約

AIと法律・知財・契約

「人工知能(AI)のモデル生成で、インターネット上に公開されているデータを活用しても問題ないのか?」「AIを『発注するユーザー』と『作るベンダー』はどう契約を結べばよいのか?」こういった、法律・知財・契約についての最新情報を紹介する連載。

第1回 生データ使い放題?! 「日本は機械学習パラダイス」になった ― DEEP LEARNING LAB 勉強会(2019/01/30)

2019年1月1日施行の「著作権法30条の4」により、日本ではAIの学習済みモデルの生成にネット上の情報が(ほぼ)自由に使用できるという。DEEP LEARNING LAB 勉強会で説明された、その内容を紹介する。

  • 「日本は機械学習パラダイス」
    ・解説:著作権データからの学習済みモデルの生成についての課題と現状
    ・まとめ:著作権法30条の4によってできること、できないこと
  • セッションスライド
    ・公開されているセッションスライド

第2回 個人情報を含むデータは、AI&機械学習に使えるのか?〜個人情報保護法〜 ― DLLAB勉強会(2019/12/02)

AI/機械学習のデータには、例えば診察情報/店頭映像/ネットコンテンツ抽出など「個人情報」や「個人の権利」が含まれる場合がある。「日本の個人情報保護法の下では、個人情報を含むデータはどう扱えばよいか?」を説明する。

  • 第1 AIと法律・知財・契約に関する問題領域の概観〜AIの適法な生成、保護、活用、法的責任〜
  • 第2 AI学習用データとしての個人情報と、AI処理対象としての個人情報
  • 1 個人情報とは何か
    ・「個人情報の提供」について
  • 2 個人情報保護法上の規制をざっくりとつかむ
    ・(1)「取得」に対する規制
    ・(2)「処理&利用」に対する規制
    ・(3)「第三者提供」に対する規制
    ・個人情報保護法上の規制についてのまとめ
  • 3 自社がやろうとしているビジネスの、どのプロセスに、どのような規制がかかっているかを具体的に知る
    ・AIに個人情報が絡む具体例(1)
    ・AIに個人情報が絡む具体例(2)
    ・AIに個人情報が絡む具体例(3)
  • まとめ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。