News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

icon
2020年前半に延期されたプロジェクトが徐々に再開:

IDC Japanは、国内ITサービス市場の予測を発表した。IDCは、2021年はITサービス市場がV字回復するとみており、2020〜2025年の年間平均成長率は2.4%で、2025年の市場規模は6兆4110億円に達するという。(2021年02月26日)

新着News

news103.png
70以上の主要なMakefileプロジェクトをサポート:

Microsoftは「Visual Studio Code」の新しい拡張機能「Makefile Tools」のプレビュー版を公開した。Makefileプロジェクトのビルドとデバッグを実行する際に役立つ。70以上の主要なMakefileプロジェクトをサポートしていることが特徴だ。(2021年2月25日)

news035.jpg
「コミュニケーションを円滑にする3つの方法」とは:

リクルートマネジメントソリューションズは「上司・部下間コミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表した。すれ違いなどの実態が明らかになり、同社はテレワーク環境下で管理職と一般社員のコミュニケーションを円滑にする3つの方法を提案する。(2021年2月25日)

news104.png
Javaは2位ながら評価が低下:

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年2月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占めた。(2021年2月24日)

news038.png
IoTの大量導入で起こるネットの混雑を防止:

経済産業省は、国内発のネットワーク技術が「ISO/IEC 30161-1」として2020年11月27日に正式に国際規格として発行されたと発表した。IoTの大量導入に備えた情報指向ネットワーク技術を既存のTCP/IPネットワークと共存できる。(2021年2月24日)

news079.jpg
2種類のスキャンが重要:

サイバーセキュリティツールベンダーのPortSwiggerは、最近導入が進んでいる「DevSecOps」について解説したブログ記事を公開した。2種類のスキャンが重要なものの、いったん始めた取り組みを拡大する際に注意が必要なのだという。(2021年2月22日)

news035.jpg
「iOSをバージョン14に更新してほしい」:

Android版にバグが見つかった新型コロナウイルス感染症対策の接触確認アプリ「COCOA」でiOS版にも不具合があった。iOS 13.5で発生する。アプリの修正では対処できず、厚生労働省はOSをiOS 14に更新するよう求めている。(2021年2月22日)

news089.png
Azure Cognitive Servicesの改善:

Microsoftの「Azure Cognitive Services」に含まれる「Computer Vision」のOCR機能が、日本語を含む73言語に対応した。複数ページあるドキュメントから選択ページに限ってテキストを抽出できる。(2021年2月19日)

news029.jpg
「Linuxのスキルを持った技術者の需要は高い」:

The Linux Foundation Japanは、日本語のオンライン講座「Linuxシステム管理入門(LFS201-JP)」の提供を開始した。Linux Foundation Certified System Administrator試験の内容を網羅している。(2021年2月19日)

news050.jpg
意思決定を早くするには:

Gartnerはデジタルビジネスの加速を目指す企業のリーダーの指針となる「9つのハック」を紹介した。組織のアジリティ向上のために取るべき3つの行動に役立つハックだ。(2021年2月18日)

news035.jpg
約8割が「改正個人情報保護法でセキュリティ対策強化を考えた」:

サイバーセキュリティクラウドが企業の経営層を対象に実施した「改正個人情報保護法成立後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」の結果を発表した。それによるとサイバーセキュリティ対策強化の必要性を感じている経営層が多数いることが分かった。(2021年2月18日)

news114.png
ワークベンチなどを強化:

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2021」リリース(バージョン1.53)を公開した。ワークベンチやデバッグ、ノートブック、言語、拡張機能作成、ドキュメントなどの機能が強化されている。(2021年2月17日)

news033.jpg
現在の人事評価プロセスは「適正ではない」:

アッテルは、コロナ禍でのテレワーク導入による人事評価方法の変化と人材の最適配置に関する調査結果を発表した。テレワークによって人事評価の軸が変わり、部署のニーズと個人の能力にミスマッチが発生しているという。(2021年2月17日)

news084.png
「OneDrive」と「SharePoint」から対応開始:

Microsoftは、R言語を使って「Microsoft 365」スイートを操作できるオープンソースパッケージ「Microsoft365R」を発表した。認証やOneDriveの操作、SharePointサイトへのアクセスなどに役立つという。(2021年2月16日)

news032.jpg
人材に関する4つの誤解とは:

ガートナー ジャパンは、日本のCIOが押さえておくべき人材の新常識を発表した。日本のCIOに対して、「日本企業の従業員は1社で長く働くことを好む」など人材に関する認識が誤解だと指摘し、新たな常識を基に時流に即した人材戦略を推進すべきと主張している。(2021年2月16日)

news102.jpg
敵対的サンプルでAIのミスを誘発:

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、AIをだます新しい手法とその実証結果を発表した。実際の映像を改変操作したディープフェイク動画を検出するAIが対象だ。(2021年2月15日)

news038.jpg
「歩くデータ漏えい被害者」とは何か:

エフセキュアのサイバー脅威に関するレポートによると、サイバー攻撃を受けたオンラインサービスの利用者はサイバー犯罪に遭遇する割合が大幅に高くなっていた。さらに子どもを持つ親の方がデータ漏えいやサイバー犯罪に遭いやすかった。(2021年2月15日)

news032.jpg
プロジェクトメンテナーのサポートに注力:

プログラミング言語「Rust」とそのエコシステムを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」の設立が発表された。巨大IT企業の金銭的な支援を受けており、「本番環境に対応できるエンタープライズ技術としてのRustの進化」を表しているという。(2021年2月12日)

news016.jpg
「利用禁止措置」は本質的な解決策にならない:

日本IT団体連盟は、「GitHubなどの外部クラウドサービス利用に関する対応とお願い」を表明した。クラウドサービスの利用が萎縮しないよう、各社の情報セキュリティ対策や人材育成を要請するとしている。(2021年2月12日)

news100.png
満足度や利用率の高いものは:

JavaScriptの利用動向に関する年次調査「State of JavaScript 2020」が発表された。世界137カ国のJavaScriptユーザー2万3765人の回答が集計、分析されている。JavaScript関連技術を7つに分け、それぞれの評価も分析した。「webpack」「Express」「React」「TypeScript」「Jest」といった技術に勢いがあることが分かったという。(2021年2月10日)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。