News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

icon
2020年4月に1.0版を予定:

Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.8」を公開した。オープンオースソフトウェアとして利用できる。今回は検索機能を追加し、設定やUIにも改良を施した。(2020年01月16日)

新着News

news030.jpg
「業務ツールって……Excelだけですか?」:

ヌーラボが実施した「業務ツールと働きやすさに関する調査」によると、「勤務先の選択」と「業務ツールの活用」には関連があることが明らかになった。同社は、人材流出を防ぐことや人材を採用する上でも業務ツールは重要と指摘する。(2020年1月16日)

news127.png
2020年2月に正式リリース予定:

Microsoftは「TypeScript 3.8」のβ版を公開した。TypeScript 3.8は、ECMAScript規格の新機能や強化機能に加え、型のみのインポート/エクスポートのための新構文など、多くの新機能を提供する。(2020年1月15日)

news030.jpg
世界との差が開くばかり:

ガートナー ジャパンによると、日本企業がデジタル化の取り組みについて世界の企業に後れを取っており、その差が拡大しているという。特に「国に保護されている業界」でその差が顕著になっている。(2020年1月15日)

news119.png
人と仕事のマッチングをサポート:

メルボルン大学などオーストラリアの研究チームが、さまざまな仕事の人格的な側面を理解することが、自分に合った職業を見つける鍵になることを示唆する研究論文を発表した。デジタル行動には個人の特性や価値が反映されるという作業仮説から始め、「デジタル指紋」を作りあげて、デジタル指紋と職業の関係を調べることでレコメンデーションシステムを作り出した。(2020年1月14日)

news033.jpg
報告例のない効能を予測できる:

Karydo TherapeutiXとATRは共同で、ヒトへの作用が未知の物質の副作用や有害事象、効能を予測するAIを開発した。物質をマウスに投与したときの、全身を網羅した遺伝子情報を指標として、その物質がヒトで起こす副作用や効能を予測する。(2020年1月14日)

news084.jpg
ビジネスと科学の実用的な用途の探求に利用:

IBMは2020年1月8日(米国時間)、特定組織を対象にした「『IBM Qシステム』をクラウドで利用可能にするネットワーク」である「IBM Q Network」への参加組織が100を超えたと発表した。(2020年1月10日)

news037.jpg
「今後3年間でSaaSへの投資を増やす」約8割:

WalkMeと日経BPコンサルティングの調査によると、SaaS導入後の課題はユーザーへの定着化。8割前後の企業が社内マニュアルや講習会などで定着を図っているものの、効果は低い。(2020年1月10日)

news050.png
Intelの予測モデルより高精度:

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、プロセッサ上でのアプリケーションコードの実行速度を予測する機械学習(ML)ツールを開発した。Intelのツールよりも誤差が少なく、Googleの「Tensor Processing Unit」のような新しいプロセッサにも適用できる。(2020年1月9日)

news028.jpg
BuddycomをSlackと連携:

サイエンスアーツは、同社のスマートフォン向けのIP無線アプリ「Buddycom」を「Slack」と連携させた。Buddycomを使った通話の内容を、テキストとして自動的にSlackで共有できる。(2020年1月9日)

news129.png
確率伝播法を採用した機械学習モデル:

MITの研究チームが、企業の四半期業績を予測する数理モデルを開発した。ウォール街のアナリストを超える成績を実証した。特徴は匿名化された週次のクレジットカード取引データと四半期業績レポートのみを使用したことだ。(2020年1月8日)

news032.jpg
「具体的な活用場面提示の手間を惜しまない」:

ノークリサーチは、年商500億円未満の中堅中小企業に向けたIT活用の注目ポイントを発表した。2020年以降は実証実験的なIT導入で補助金を得ることは難しいとしており、具体的なIT活用場面を提示する手間を惜しまないことが成功の秘訣だという。(2020年1月8日)

news136.png
規制当局の承認後、製品が続々登場:

Wi-Fi Allianceは、6GHz周波数帯に対応する「Wi-Fi 6」デバイスを指す新規格「Wi-Fi 6E」を発表した。従来のWi-Fi 6を拡張した形だ。(2020年1月7日)

news031.jpg
大型イベントによって高まるセキュリティ需要:

IDC Japanによると、国内セキュリティ市場は2023年まで堅調推移する見込み。2018〜2023年の年間平均成長率は、セキュリティソフトウェア市場が3.4%、セキュリティサービス市場が4.4%と予測する。(2020年1月7日)

news061.png
メモリ利用効率向上や高速化も実現:

Ruby開発チームは、オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の最新安定版「Ruby 2.7.0」をリリースした。パターンマッチ機能の導入やREPLの改善、ヒープコンパクションの追加など多数の改良を施した。(2020年1月6日)

news018.jpg
「Windows 7のアプリやマクロの99%は動く」:

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了する。日本マイクロソフトは同社の公式ブログで、Windows 10への移行を改めて促した。(2020年1月6日)

news101.png
Webに欠けた技術は何か:

Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。(2019年12月27日)

news035.jpg
「知ったとき」から1年以内:

IPAは「情報システム・モデル取引・契約書」の民法改正を踏まえた見直し整理反映版を公開した。ユーザー企業とITベンダーのどちらかに利益が偏らないよう、中立的な立場での契約書作成を目指したという。(2019年12月27日)

news108.png
10%が危険なパスワードを利用:

パスワードセキュリティベンダーのSplashDataは、毎年公開している「最悪なパスワードリスト」の最新版「Worst Passwords of 2019」を公開した。強いパスワードを作る3原則も紹介している。(2019年12月26日)

news044.jpg
プライバシー保護の善しあしが企業の評価基準に:

レノボのGianfranco Lanci氏は、2020年以降のテクノロジートレンドを予想した。5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。(2019年12月26日)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。