@IT会議室は、ITエンジニアに特化した質問・回答コミュニティ「QA@IT」に生まれ変わりました。ぜひご利用ください。
- PR -

VB.NETのデバッグ環境(操作)について

1
投稿者投稿内容
くろんすき
会議室デビュー日: 2004/04/06
投稿数: 14
投稿日時: 2004-04-30 11:49
こんにちわ。いつも勉強させていただいています。
さてVB.NETのデバッグ環境(操作)について教えてください。

1.Debug.Writeなどを使わずに全プロシージャの実行履歴を
  簡単に取ることはできるのでしょうか?
  単純に実行順にプロシージャ名がでればいいだけです。
  (中断したときのCTRL+Lの様なレベル)

2.VB6の時にあったエラートラップを
  一時的に「エラー発生時に中断」の様な事はできないのでしょうか?

※いずれもデバッガでステップ実行では原因究明ができない場合など
の場合に有効ですが、みなさんはどうされてますか?上記以外の良い方法
があったら教えてください。


一郎
ぬし
会議室デビュー日: 2002/10/11
投稿数: 1081
投稿日時: 2004-04-30 13:21
1.EnvironmentクラスのStackTraceプロパティでどうでしょう。

2.「エラー」というのはどういう状態のことをおっしゃっていますかね。
例外が発生したときという意味合いですか?
一郎
ぬし
会議室デビュー日: 2002/10/11
投稿数: 1081
投稿日時: 2004-04-30 13:57
2番ですが、例外が発生した時ということなら、「デバッガの例外処理方法の変更」でMSDNライブラリを検索してみるとそれっぽいものが見つかります。
それでどうでしょうか。

Webでも見ることができます。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/vsdebug/html/vxgrfchanginghowdebuggerhandlesexceptions.asp
1

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)