@IT会議室は、ITエンジニアに特化した質問・回答コミュニティ「QA@IT」に生まれ変わりました。ぜひご利用ください。
- PR -

コマンドプロンプト中の"@"記号

1
投稿者投稿内容
もぐ
会議室デビュー日: 2004/01/20
投稿数: 19
投稿日時: 2008-01-15 10:03
コマンドプロンプトで、行の冒頭に"@"を付ける場合と付けない場合では、
何が違うのでしょうか?

どちらも挙動としてはまったく同じに見えます。Googleでも調べてみましたが、
検索の仕方が悪いのか、答えが見つかりません。
rain
ぬし
会議室デビュー日: 2006/10/19
投稿数: 549
投稿日時: 2008-01-15 10:13
コマンドプロンプトから直接実行したときには、
見た目はまったく変わらないみたいですね。

バッチファイルの中で使ったときに、
行頭に"@"を付けると、そのコマンドが表示されなくなります。
コード:
dir


コード:
@dir


この2つをバッチファイルとして実行すると違いがわかると思います。

よく使うのは、バッチファイルの最初に
コード:
@echo off


として使うことで以後のコマンドは表示されず、echo off自体も表示されなくなります。
もぐ
会議室デビュー日: 2004/01/20
投稿数: 19
投稿日時: 2008-01-15 11:09
rainさん、ありがとうございました!
すいません、自分の注意力不足でした。

# そういえば、DOSをはじめて学んだ際に、"@echo off"で、そのコマンド自体も
# 非表示になる、と書いていたのを、突然思い出しました。

わかってみれば単純だったのですが、実はコレでこの1週間、悶々と
していました。ありがとうございました!
1

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)