@IT会議室は、ITエンジニアに特化した質問・回答コミュニティ「QA@IT」に生まれ変わりました。ぜひご利用ください。
- PR -

低速回線で結ばれたWAN間でのSQLサーバのレプリケーション機能について

1
投稿者投稿内容
tomcat
会議室デビュー日: 2003/07/01
投稿数: 1
投稿日時: 2003-07-01 20:56
SQLサーバのレプリケーション機能を
ISDN回線で結ばれた拠点同士での利用を検討しています。

パブリッシャー側のデータベースで2K程度のレコードが
100件/分更新されると想定し、
トランザクションレプリケーションの頻度を
5分程度としたいのですが現実性はあるでしょうか?

マシンの能力などにもよるのでしょうが
ご経験のある範囲で実績などをご照会いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。
Mr.タナカ
ベテラン
会議室デビュー日: 2003/03/15
投稿数: 64
投稿日時: 2003-07-01 23:53
こんにちは。
スレッド見ました。

レプリケーション処理をISDN回線ってのはレスポンス等大丈夫でしょうか?
レプリケートするテーブル数、データの件数、フィールド数など、いろいろと条件があって、あまりに多い数だとトラフィックが増大すると思います。
あまりアクセス数が多いとTA(ルータ?)などが落ちる場合があるので注意した方がいいと思います。
あとレプリケーションを行うと、データベースの保守作業が大変ですよ。
引き継ぎ、テーブルの変更などを考えると、データベース構造はシンプルに行った方がベターだと思います。
私の場合はOracleですが、レプリケーションでかなり苦労しています。
力不足と言えば、そこまでなのですが、あまり複数のデータベースを作るってのはメンテナンスを含め、あまりお勧めできないと思います。

参考までに、私なら...
◆ADSL回線を使用して、VPNで同じLAN上の一つのデータベースで処理する
◆ターミナルサービスを使用して、一つのデータベースで処理する

こんな感じでしょうか。

[ メッセージ編集済み 編集者: Mr.タナカ 編集日時 2003-07-01 23:58 ]
1

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)