第3回VB研公開ゼミ 【実践】.NETで変わるVB業務アプリ開発


ご要望にお応えして土曜日開催決定!!

前回までのVB研ゼミでは、VB6→.NETに移行すると、どのようなメリットがあり、どのような難関が待ち受けているか? そして、どこから始めればよいかなど、VB6から.NETへ移行する際に役立つ情報をお届けしてきました。

 第3回VB研ゼミでは「もっと実践的な内容にして欲しい」と言うみなさまのご要望にお応えして、より実践的な.NETでの業務アプリケーション開発に役立つ内容をお届けします。

【満員御礼】
お申込を終了させて頂きました。

開催概要

名称 第3回VB研公開ゼミ 【実践】.NETで変わるVB業務アプリ開発
日程 6月30日(土)11:15開始(受付開始11:00)
会場 コンファレンススクエア M+ サクセス(三菱ビル1F) >>地図
定員 50名
参加費 無料
主催 @IT編集部 株式会社デジタルアドバンテージ
お問い合わせ アイティメディアセミナー運営事務局 event@ml.itmedia.co.jp

プログラム

11:15

12:15
基調講演

論より実践!“.NET時代の開発スタイルはこう変わる”
〜高品質な業務アプリを効率的に開発する手法&ツール〜

講師:
小井土 亨 氏(日本XPユーザーグループ)

VB6→VB.NETへの移行メリットは、言語仕様の進化だけに留まりません。テスト/ソース管理などの環境が大きく変わり、VBでも高品質なソフトを効率的に開発できるのです。本セッションでは、プログラマの皆さんなら誰でも気になる開発手法やツールの実際を、デモ実演を中心にご紹介いたします。

内容:
  • VBユーザーのための単体テスト&リファクタリング
  • ソース管理ツールの環境構築と活用
  • ルーチンワークを無くす、自動化の進め方
  • チーム生産性向上のための、情報の“見える化”と共有
12:15

12:30
軽食&ランチビール

ささやかではございますが、軽食とランチビールをご用意。
軽食やビールを飲みながら、この後のパネルディスカッションにご参加頂きます。

12:30

14:15
パネルディスカッション

タイトル:
ソフトウェアの品質、生産性はどう向上できるのか?

モデレータ:
  • 小川 誉久 氏(@IT Windows Server Insiderフォーラム編集長)
パネラー:
  • 小井土亨 氏(日本XPユーザーグループ)
  • 西崎公太 氏(品質管理技術者代表)
  • 荻原裕之 氏(アバナード)
ソフトウェアの品質を上げつつ効率的に開発を進めるために、第一線のプログラマはどのような手法やツールを取り入れているのでしょうか?
パネラーには現役開発者の方にも参加頂き、日ごろの品質向上への取り組みについて、具体的にお話をお聞きします。受講者のみなさまも、ぜひこの機会にいろいろな質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?
14:15
懇親会

ご参加頂いている技術者のみなさまとの交流や、講師・パネラーとの懇親会をご用意。 ぜひ、みなさまで交流を深め、技術者同士の情報交換の場としてご活用ください。

※タイトルや講演内容、登壇者が変更になる場合があります。予めご了承ください。

【満員御礼】
お申込を終了させて頂きました。

【注意事項】

  • ご記入頂いた個人情報は、主催者および、アイティメディア株式会社にて、共有させて頂きます。なお、その他の第三者に無断で提供することはございません。 またアンケートにつきましては、個人が特定できない統計データとして公開させて頂く場合がございます。
    アイティメディア株式会社 プライバシーポリシー

【お問い合わせ先】
アイティメディア株式会社 セミナー運営事務局
Mail:
Tel:03-5293-2623

VB研ゼミとは