環境構築ステップ・バイ・ステップ

WindowsにRuby1.8.6をインストールする

@IT編集部

2009/3/9

Windows環境にRuby(1.8.6)とライブラリ管理システム「RubyGems」、そしてWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」をインストールしてみよう(編集部)

Rubyを始めるための環境構築

- PR -

 Rubyは、オブジェクト指向プログラミングができるスクリプト言語として注目を集めているプログラミング言語の1つです。また、日本語によるドキュメントが豊富に揃っていることからも、Webアプリケーションを中心にRubyが採用されることが多くなってきています。

 Rubyを生み出したのは、Matzこと、まつもとゆきひろ氏です。まつもと氏は、プログラマがストレスを感じることなく、プログラミングを楽しめるような言語としてRubyを設計しています。

 今回は、Windows環境にRuby(1.8.6)とライブラリ管理システム「RubyGems」、そしてWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」をインストールする方法を紹介します。

 なお、本稿ではWindows XP Professional Version 2002にService Pack 3を適用した環境でインストールしています。Ruby 1.9系統のインストールについては、「WindowsにRuby1.9.1をインストールする」で紹介しています。

関連記事:
リンク プログラミングは人生だ――まつもとゆきひろ
http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/articles/tengoku/01/matz.html
リンク WindowsにRuby1.9.1をインストールする
http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/articles/ruby191/ruby191a.html
リンク @IT Coding Edge Ruby/Rails関連記事インデックス
http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/index/ruby.html

Ruby 1.8.6をインストールする

 Rubyをインストールする場合、ソースコードを入手して自分でコンパイルする方法と、WindowsやLinuxなどのプラットフォーム別に配布されているバイナリ(インストーラ)を利用する方法の2種類があります。

 バイナリの場合、Ruby本体だけでなく関連するライブラリがパッケージされていたり、ウィザード形式でインストールされたりするため、簡単にRubyプログラミング環境の構築ができます。

 今回は、Windows向けに用意されているバイナリを使ってRubyをインストールします。Windows向けのバイナリはいくつか種類がありますが、Ruby 1.8.6をサポートしている「One-Click Ruby Installer for Windows」を使います。ウィザードは英語ですが、その名前のとおりクリックだけでRubyがインストールできるため、つまづくことはないでしょう。

関連リンク:
リンク One-Click Ruby Installer for Windows
http://rubyinstaller.rubyforge.org/wiki/wiki.pl

 One-Click Ruby Installer for WindowsのWebサイトから[Download]ページへのリンクをたどってください。これまで公開されたRubyのバージョンによって、それぞれのバイナリが用意されています。今回は、Release Candidate(リリース候補版)ではなく、本稿執筆時点で最新安定版である「1.8.6-26 Final Release」をインストールします。

ダウンロードページはRubyForgeにあります

 「ruby186-26.exe」をダウンロードします。ファイルを実行すると、インストールウィザードが起動します(Windowsの設定によっては「セキュリティの警告」が表示されるかもしれません)。

 [Next]ボタンを押すと、「License Agreement(使用許諾契約)」が表示されます。[I Agree(同意)]ボタンを押してインストールを継続します。

 「Choose Components」画面では、Ruby本体のほかにインストールする付属コンポーネントを選択できます。デフォルトでは、「SciTE」と「Enable RubyGems」にチェックが付いています。

 SciTEは、オープンソースのソースコードエディタ(英語版)です。Rubyプログラミングは、通常のテキストエディタでも可能なので、不要であればチェックを外してください。

 RubyGemsは、Rubyのライブラリ管理システムです。Ruby on Railsを始めとしたさまざまなプラグインのインストールやアップデートで使うため、このまま一緒にインストールしてしまいましょう。

 「Choose Install Location」画面では、Rubyのインストール先を設定できます。本稿では「c:\ruby」にRubyをインストールします。続く「Choose Start Menu Folder」画面では、Windowsの[スタート]メニューの登録先が設定できます。これもデフォルトのままでインストールします。

 「Install」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。また、PATHの設定も同時に行われています。

 正しくRubyがインストールされたかどうか、コマンドプロンプトからRubyのバージョンを呼び出してみましょう。コマンドプロンプトの起動は、[スタートメニュー]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]とたどるか、「ファイル名を指定して実行」の名前欄に「cmd」と入力します。

 コマンドプロンプトに、

ruby -v

と入力してください。

ruby 1.8.6 (2007-09-24 patchlevel 111) [i386-mswin32]

と、表示されれば、Rubyは無事にインストールされています。

 
1/2

Index
WindowsにRuby1.8.6をインストールする
Page1
Rubyを始めるための環境構築
Ruby 1.8.6をインストールする
  Page2
RubyGemsを最新版にアップデートする
Ruby on Railsをインストールする
SQLite3用のアダプタをインストールする

Coding Edgeフォーラム トップページ

 Ruby/Rails関連記事
プログラミングは人生だ
まつもと ゆきひろのコーディング天国
 ときにプログラミングはスポーツであり、ときにプログラミングは創造である。楽しいプログラミングは人生をより実りあるものにしてくれる
生産性を向上させるRuby向け統合開発環境カタログ
Ruby on Rails 2.0も強力サポート
 生産性が高いと評判のプログラミング言語「Ruby」。統合開発環境を整えることで、さらに効率的なプログラミングが可能になる
かんたんAjax開発をするためのRailsの基礎知識
Ruby on RailsのRJSでかんたんAjax開発(前編)
 実はAjaxアプリケーション開発はあなたが思うよりも簡単です。まずはRuby on Railsの基礎知識から学びましょう
Praggerとnetpbmで作る画像→AA変換ツール
Rubyを使って何か面白いものを作ってみよう!
 一般的な画像をアスキーアートに変換するツールを作ってみる。さらに出力にバリエーションを持たせてみよう
コードリーディングを始めよう
Railsコードリーディング〜scaffoldのその先へ〜(1)
 優れたプログラマはコードを書くのと同じくらい、読みこなす。優れたコードを読むことで自身のスキルも上達するのだ
  Coding Edgeフォーラムフィード  2.01.00.91

 



Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

注目のテーマ

Coding Edge 記事ランキング

本日 月間