コラム2:Webクエリを使用して、Excelからリソースへアクセスする

すべてのリソースに対し、URIでアクセス可能になると、アプリケーションからの接続が非常に簡単になります。場合によっては、データベースにアクセスするよりも、URIにアクセスした方が簡単にデータが取得できる、というケースも出てくるかもしれません。

 このコラムでは、Webクエリを使用して、Microsoft Excelから、リソースのデータを取得する方法を簡単に紹介します。

■Webクエリとは

 Webクエリは、入力したURLにアクセスし、保存されているデータを取得するExcelの機能です。静的・動的クエリを送信し、結果をExcelで表示できるので、簡易的なRESTfulアプリケーションといってもよいでしょう。

 簡単な例として、「http://localhost:3000/movies」にアクセスし、データの一覧をExcelに取得してみましょう。

1:「Webクエリ」を選択

Excelを起動し、「ツール」-「外部データの取り込み」-「Webクエリ」を選択します。

2: 範囲を指定して取り込みを実行

「新しいWebクエリ」ウィンドウが起動するので、アドレスに「http://localhost:3000/movies」を入力し、取り込みたいエリアを選択します(取り込みたいデータの左脇に表示された[→]マークをクリック)。

 選択後、「取り込み」をクリックします。

3: 「データのインポート」

「データのインポート」ウィンドウはひとまず「OK」をクリックし、次へ進みます。すると、指定したURIからの結果が動的にExcelに反映されます(作成した接続情報は拡張子 iqy のファイルに保存できます)。

  今回紹介した方法はGUIを使用して、簡単にURIへアクセスする方法でしたが、送信するURIは動的にも作成できるので、ExcelからVisual Basicを起動し、スクリプトを記述することで、自由にカスタマイズして使用できます。 詳しくは以下のURLを参照くださ い。


前のページへ   次のページへ

Index
DB2でさくさく実現するRESTfulなDBアプリ(3)
FirebugでRESTfulなDBアプリに挑戦!!
  Page 1
・Firebugを利用したデバッグ
・RESTの話をあらためて
 コラム1:Firebugの導入手順
・Rails環境の準備
モデルの作成とデータベースへの反映|Webサーバの起動
・URIでCRUDを実現する
  コラム2:Webクエリを使用して、Excelからリソースへアクセスする
  Page 3
JavaScript(Jester)でリソースに直接アクセスする
・Jesterの準備
  レイアウトファイルの編集|Webサーバの再起動|modelクラスの宣言
 コラム3:JesterのJSONサポート
  Page 4
 CRUDの実行1(Create)
 CRUDの実行2(Read)
  Page 5
  CRUDの実行3(Update)
   CRUDの実行4(Delete)

バックナンバー DB2でさくさく実現するRESTfulなDBアプリ



Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH