オブジェクト指向データベースの復権(前編)

CachéとObjectStore、脱RDBMSの真価を探る Page 4

2004/9/2
山田祥寛

個性的な進化を遂げたOODB

 以上、今回はOODBの代表的な製品であるObjectStoreとCachéの概要などをマクロ的な視点から考察した。こうして比較してみると、同じOODBといっても、ずいぶん異なる趣であることがお分かりになるだろう。

 例えば、データの格納方法を1つとっても、ObjectStoreはその名のとおりオブジェクトそのものをストアするが、Cachéはオブジェクトを分解し、内部的には多次元配列としてデータを格納する。もしもオブジェクトをそのまま格納するのがOODBだと定義するならば、正確にはCachéはOODBとはいえないのかもしれないが、Cachéはオブジェクトという形式にとらわれないことで、柔軟なデータ管理モデルを実現している。

 また、RDBとの相互運用性という意味でも、両者のアプローチは異なる。Cachéは「統一データベース・アクセス」によって、内部的なストア方式をほとんど意識せずに、従来のRDBと同様の開発を行うことができる。一方、ObjectStoreはCFA技術によってRDBとの「垂直/水平ハイブリッド」な運用を可能とする。つまり、CachéにおけるRDB相互運用モデルはインターフェイス型であるのに対して、ObjectStoreはシステム配置型といえるかもしれない。

 このように、OODBの世界はこの2製品を比べてみただけでも、異なる性質を持っている。そうした意味で、まだまだOODBの世界が標準(平準)化の進むRDBに比べると未成熟であることは否定できないだろう。また、増えてきたとはいえ、ユースケースもまだまだ多くはない。OODBが普及するに当たっては、標準的なインターフェイスや開発手法、ノウハウが確立される必要があるだろう。

 しかし、少なくともRDBがすべての局面における最適解ではないということがお分かりいただけたのではないだろうか。これまでRDBを「無理して適用してきた」ような局面で、OODBを適用することには、確実に意味があるはずだ。

 さて、次回の後編では、OODBの代表的な2製品――ObjectStoreとCachéを使って簡単なアプリケーションを構築し、より踏み込んだ情報を提供しよう。(次回に続く)

項目\製品名 Caché ObjectStore
開発元 インターシステムジャパン ソニックソフトウェア
ストアモデル スパース配列 オブジェクト・コレクション
開発環境 Caché Studio ObjectStore Inspector
対応インターフェイス C++、Java、COMなど C++、Java、COM、.NETなど
独自言語 Caché ObjectScript/Basic なし
Web開発技術 CSP 通常のWebフロントエンドからシームレスに利用可能
XML対応 CachéXML Sonic XIS
得意な業種 医療など 通信・金融など
表3 Caché、ObjectStore製品の機能対応(2004年8月時点)

4/4  

 Index
連載:オブジェクト指向データベースの復権(前編)
CachéとObjectStore、脱RDBMSの真価を探る
  Page 1
・オブジェクト指向データベースの置かれた状況
・オブジェクトモデルをそのまま格納できるメリット
  Page 2
・Caché―多次元データモデルが効率的なデータ管理を実現
・Cachéの機能進化の歴史
  Page 3
・ObjectStore―CFAがパフォーマンスと拡張性を支える
・ObjectStoreの機能進化の歴史
Page 4
・個性的な進化を遂げたOODB


オブジェクト指向データベースの復権



Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH