解説

ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力

第1回 Visual Studio .NETのイロハ

山田 祥寛
2003/04/15

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6

4. セットアップするベースライン・コンポーネントの確認
 続いて、現在の環境に対して必要な追加コンポーネントの一覧が表示される(Fig.1-5)。この内容は環境によって異なるので注意してほしい。

Fig.1-5 [セットアップするコンポーネント]ダイアログ
内容を確認の後、[今すぐインストール]をクリックする。

 必須のベースライン・コンポーネントは以下の通り。

  • Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Installer 2.0
  • Windows Management Instrumentation
  • Microsoft FrontPage 2000 Web Extensions Client
  • Microsoft FrontPage 2000 Server Extensions Service Release 1.2
  • セットアップ・ランタイム・ファイル
  • Microsoft Internet Explorer 6
  • Microsoft Data Access Components 2.7
  • Microsoft Jet 4.0 Service Pack 3
  • Microsoft .NET Framework

 なお、この際、再起動を伴うコンポーネントのインストールが含まれている場合には、Windowsログオン時にユーザー名・パスワードの入力を求められる。セットアップ時にユーザー名・パスワードを入力しておくことで、インストーラが自動的に再起動・再ログオンまでを行ってくれる。もちろん、自動ログオンを無効にすることも可能だ。

5. Visual Studio .NETセットアップの開始
 コンポーネントのインストールが完了したら、[完了]をクリックすると、再び[Visual Studio .NET セットアップ]メニューに戻る(Fig.1-6)。

 次のステップとして、今度は「Visual Studio .NET」を選択する。

Fig.1-6 [Visual Studio .NETセットアップ]ダイアログ
  「Visual Studio .NET」を選択し、VS.NETのインストールを開始する。

6. プロダクト・キー、使用者の入力
 インストールに必要なファイル群が読み込まれた後、VS.NETの使用許諾契約が表示される(Fig.1-7)。

Fig.1-7 [使用許諾、及びプロダクト・キーの確認]ダイアログ
  使用許諾契約書の内容を確認したうえで、[同意する]ラジオ・ボタンをチェック。
  プロダクト・キー、使用者名を入力。
  [続行]をクリック。

7. インストール・オプションの選択
 続いて表示される画面(Fig.1-8)では、インストール・モジュールを選択する。未選択部分はグレーの網掛けになっている。ツリーはエクスプローラなどと同様に、[+]部分をクリックすることで展開し、詳細を参照することができる。

Fig.1-8 [インストール・オプションの選択]ダイアログ
一般的にはデフォルト状態で問題ないが、ディスク容量が不足している場合、また、必要なモジュールが含まれていない場合は、モジュールの追加/削除を行う。必要なモジュールを選択したら、[今すぐインストール]をクリックする。

8. インストールの完了
 選択したモジュールの種類や環境にもよるが、一般的には数十分から2時間ほどでインストールが完了する。なお、途中でCD-ROMの入れ替えを求められるので、随時、指定されたCD-ROMを挿入してほしい。

 インストールが終了すると、Fig.1-9のような画面が表示される。

Fig.1-9 [セットアップの完了]ダイアログ
説明文中のリンクをクリックすることで、インターネット経由で製品の登録を行うこともできる(製品登録はあとからVS.NETを起動する際に行うことも可能)。

9. サービス・リリースのセットアップ
 製品リリース後に公開されたサービス・リリースをインターネット経由で入手することができる。サービス・リリースには、致命的なバグやセキュリティ・ホールに対する重要な修正などが含まれるので、その時々で最新のサービス・リリースを適用しておくことを強くお勧めする。

Fig.1-10 [Visual Studio.NET セットアップ]ダイアログ
[Service Release]をクリックして最新のサービス・リリースを適用しておこう。

 セットアップ終了後、[終了]をクリックすれば、VS.NETの一連のセットアップは完了する。


 INDEX
  ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
  第1回 Visual Studio .NETのイロハ
    1.ASP.NET その魅力
    2.Visual Studio .NETのインストール方法(1)
  3.Visual Studio .NETのインストール方法(2)
    4.Microsoft SQL Server Desktop Engine(MSDE)のインストール方法
    5.VS.NETの画面構成と機能(1)
    6.VS.NETの画面構成と機能(2)
 
インデックス・ページヘ  「解説:ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH