解説

ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力

第2回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(前編)

山田 祥寛
2003/05/13

(3)サーバ・コントロールを配置する
 ベースとなるWebフォームが用意されたところで、以下図のように、サーバ・コントロールを配置してみよう。配置するコントロールと最初に設定しておくべきプロパティの組み合わせは、以下のとおり。

コントロール プロパティ
TextBox (ID) txtNam
Button (ID) btnClick
Text OK
Label (ID) lblDisp
ForeColor Red
Width 200px
Text △(ブランク)
simple.aspx上のコントロール
 
simple.aspxのフォーム・デザイン
[ツール・ボックス]から各コントロールをドラッグ&ドロップして、個々のコントロールのプロパティを設定する。

 IDプロパティは、あとでコードを記述する際に、サーバ・コントロールを特定するためのキーとなるものである。必ずユニーク(一意)となるように設定しなければならない。

 Textプロパティは、Buttonコントロールであればボタン上の文字を、TextBoxコントロールであればボックス内の値を、Labelコントロールであれば表示される文字列を、それぞれ表現する。ForeColorプロパティは文字色を表す。

 プロパティを変更することで、フォーム・デザイン上のコントロールがビジュアルに変化するさまを確認してほしい。また、Labelコントロールのように輪郭のないコントロールでは、Textプロパティが△(ブランク)となった場合にIDプロパティの値が表示される点にも注目のこと。

(4)コードを記述する
 コントロールの配置ができたら、実際にユーザーからのアクションを受け取ったときの処理内容を記述してみよう。ここでは[OK]ボタンをクリックしたら、LabelコントロールにTextBoxコントロールの内容を表示することとする。

 フォーム・デザイナ上からButtonコントロールをダブル・クリックしてみよう。すると、コード・エディタが開き、btnClick_Clickイベント・プロシージャにカーソルがセットされているはずだ。btnClick_Clickイベント・プロシージャは、その名前からも容易に推察できるように、ButtonコントロールbtnClickがクリックされたタイミングで呼び出される。

自動生成されたbtnClick_Clickイベント・プロシージャ
ボタンがクリックされた際に呼び出されるプロシージャが生成されるので、イベントに対応するコードを追加する。
 
注意 実際にコントロールのイベントとプロシージャとを結び付けているのは、同じ行にある「Handles btnClick.Click」の部分である。ただし、VS.NETでコーディングしている限りにおいては、この点を意識する必要はない。

 VS.NETは、このようにフォーム・デザイナ上でコントロールをダブル・クリックすることで自動的にデフォルトのイベント・プロシージャを生成してくれる。もしもデフォルトとは異なるイベント・プロシージャを生成したい場合には、コード・エディタの上部から対象のコントロールと対応するイベントを選択する。

コントロールと対応するイベント

 それではこの自動生成されたコードに、以下のようにコードを追記してみよう。

Private Sub btnClick_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnClick.Click
  lblDisp.Text = "Hello, " & txtNam.Text & "!!" (この行を追加)
End Sub
追加するコード
この例で実際に追加するのは、lblDisp.Textで始まる1行だけでよい。

 TextBoxコントロールtxtNamのTextプロパティは、テキスト・ボックスに入力されたテキストの値を表す。つまり、ここではテキスト・ボックスに入力された文字列から「Hello, XXXXX!!」という文字列を生成し、LabelコントロールlblDispのTextプロパティにセットしているのだ。

 ASP.NETプログラミングでは、このようにコントロールに属するプロパティ(あるいはメソッド)をコード上から動的に操作するのが基本となる。該当するコントロールで使用することのできるプロパティ/メソッドの候補は、VS.NETのIntelliSense機能によって動的に表示させることができるため、入力の煩雑さやミスを極小化することができる。また、選択したプロパティ/メソッドの機能/引数/戻り値をダイナミックに表示するパラメータ・ヒントの機能により、いちいちヘルプを開かなくてもよくなるので、コーディングの手間を軽減することができるだろう。

IntelliSense機能とパラメータ・ヒント
選択候補にカーソルを合わせ、[Tab]キーを押せば残りの記述を補完してくれる。

[参考]VS.NETのコード修正機能

 VS.NETのコード・エディタはすべて小文字で記述しても、そのフォームの元で認識されているコントロール名やメンバ名(メソッドやプロパティ名)を自動的に修正し、大文字小文字を正しい組み合わせに変換してくれる。例えば、「lbldisp.text」と入力しても、行が移ったタイミングで「lblDisp」や「Text」と自動変換されるのだ。この性質を利用することで、記述にスペル・ミスがないことをダイナミックに判断することができる。また、誤ったスペルや構文の個所には下波線が引かれ、エラーの所在を理由とともに示してくれるのも便利な機能だ。

コード・エディタ上のエラー表示
 

 INDEX
  ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
  第2回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(前編)
    1.最初のサンプルはインタラクティブな「Hello, World!!」
  2.サーバ・コントロールの配置とプロパティの設定/コードの追加
    3.サンプル・Webアプリケーションの実行
    4.「検証コントロール」で入力データをチェックする
    5.各種、検証コントロールの使い方
 
インデックス・ページヘ  「解説:ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH