解説

実例で学ぶASP.NETプログラミング
―― ショッピング・サイト構築で学ぶASP.NET実践講座――

第5回 DB連携ページをASP.NETで構築する(後編)

小田原 貴樹(うりゅう)
2003/04/22

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5 Page6

 
Back Issue
1
ASP.NETの観点からショッピング・サイトを定義する
2 トップ・ページ構築で理解するASP.NETの特長
3 「実プロ流」ASP.NETデータベース操作術
4 DB連携ページをASP.NETで構築する(前編)

季節限定酒表示機能の作成

 前回は、ショッピング・サイトのトップとなるメイン・フレーム・ページを作る4つの構成要素のうち、「新着情報表示機能」、「サイト案内」のデザインをした。ここで、メイン・フレーム・ページをもう1度見ておこう。

ショッピング・サイトのメイン・フレーム・ページ
前回作った、「新着情報表示機能」、「サイト案内」に続き、今回は、「季節限定酒表示機能」と「今月のお買い得酒表示機能」をデザインする。

 メイン・フレームの最下部にあるのが、「季節限定酒表示機能」だ。これはテーブル「酒カテゴリ」の列「季節限定」がTrueになっているカテゴリに含まれる商品の中から、ランダムに1商品を選び出し表示する機能だ。ショッピング・サイトのトップ・ページに配置する機能としては、ユーザーがページを表示するたびに見た目が変化するという面白さがある。また、ショッピング・サイトではユーザーに商品を見せることが売上げに直結する傾向があるので、「ショー・ウィンドウ」だと思って作ってみてほしい。

■季節限定酒表示のデザイン作成

 まず、デザインを作成しよう。商品情報に関しては、商品のコメントに当たる部分の長さが商品によって異なるので、前回使用したようなGrid Layout Panelコントロールのような絶対位置によるデザイン配置を行うコントロールでは思ったようにいかない。ここは相対位置によるデザイン配置ができるTableコントロールを利用して作成しよう。

 ここではVisual Studio .NET(以下VS.NET)の[テーブル]メニューから[挿入]−[テーブル]を実行して、Tableコントロールをフォームにしてみる。テーブルの設定および配置は、以下を参考にしてほしい。

季節限定酒表示機能のデザイン作成:手順1
最初に[テーブル]メニューから[挿入]−[テーブル]により、テーブルの挿入を行う。作成するテーブルの条件は、行が「4」、列は「2」、幅は「350ピクセル」にする。また、境界線のサイズを「0」に、セル内のスペースは「8」にする。

季節限定酒表示機能のデザイン作成:手順2
  追加したテーブルの最初の行は、「セルの結合」を行って、1列にする。
  次にソリューション・エクスプローラから「img6.gif」をそのセルにドラッグ&ドロップする。

季節限定酒表示機能のデザイン作成:手順3
1列目の2〜3行目のセルにLabelコントロールを配置していく。コントロールIDは上から「KPTL」、「KPNL」、「KPCL」と指定する。スタイルは好きに指定してかまわないが、上図に従うなら上から「12px」、「15px(Bold)」、「12px」である。

 2列目の2〜4行目のセルは、HTMLビューに切り替えてTD要素を編集し、セルを縦に結合する(ROWSPAN属性を使用する)。次に、結合してできたセルにカーソルを合わせたまま、新しいテーブルの挿入を行う。新しいテーブルのスタイルは下図の通り。

季節限定酒表示機能のデザイン作成:手順4
セル内に追加するテーブルのスタイル。行、列ともに「1」、幅は「100パーセント」、背景色は「White」を指定。また、境界線のサイズは「0」、セル間のスペースは「0」、セル内のスペースには「5」をそれぞれ指定する。

季節限定酒表示機能のデザイン作成:手順5
挿入したテーブルの中にImageButtonコントロールを配置する。コントロールIDは「KPI」を指定し、センタリングを行うために、挿入したテーブルのalignプロパティをcenterにする。
 

 INDEX
  実例で学ぶASP.NETプログラミング
  第5回 DB連携ページをASP.NETで構築する(後編)
  1.季節限定酒表示機能のデザインを作成する
    2.季節限定酒表示機能の実装
    3.DataSetオブジェクトの主キー作成
    4.今月のお買い得酒表示機能のデザインを作成する
    5.今月のお買い得酒表示機能の実装
    6.全体デザイン修正とデバッグ
 
インデックス・ページヘ  「解説 :実例で学ぶASP.NETプログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH